ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
復興を「続ける」人たち
【第1回】 2012年11月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社書籍オンライン編集部

復興現場の「今」を伝える
―岩手県大船渡市・おおふなと夢商店街協同組合理事長・伊東修氏

1
nextpage

  岩手県南部の太平洋沿岸地域に位置する、岩手県大船渡市。津波で大きな被害を受けたこの場所で、2011年12月、仮設商店街がオープンした。その名も「おおふなと夢商店街」。
  大船渡駅周辺の商店街の有志が集まり、鮮魚店や青果店、スポーツ用品店、書店などを開いた。夢商店街の協同組合理事長で、商店街の中にある三陸海苔店の店主でもある伊東修さん(59歳)にお話を伺った。

岩手県大船渡市・おおふなと夢商店街協同組合理事長・伊東修氏(撮影H・K)
拡大画像表示

メディアは「政府への不満はないか」と聞く

 先日、新聞記者の人たちが来ました。みな口々にこう聞くんです。
「何か政府への不満はありませんか?」
  何か不満や批判の声を引き出したかったのかもしれませんが、そう言われても、ないんです。

  ここには200軒くらい店舗があったと思いますが、すべて津波でなくなってしまった。
  それでも、こうして商店街を2011年12月にはオープンできたんです。
  もともと農地だったので、宅地に転用する手続きが必要だったのですが、それも非常に早かったと思います。
  復興前は、正直に言ってしまうと、さびれた商店街でしたが、昨年はものすごく人が来て、ここ30年来の活況を見せました。

  そもそも、大船渡は他の被災地に比べて復興のスピードが早いと思います。
  甚大な被害だった明治29年の明治三陸地震、昭和8年の三陸大津波、そして1960年(昭和35年)のチリ津波。もともと大船渡は、何度も津波に遭っている街なんです。
  だから「津波はいずれ来るもの」だと思っている人が多い。
  そういう場所だからか、行政も民間も早く動きました。大船渡市役所の人もよく頑張っていると思う。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



ダイヤモンド社書籍オンライン編集部

ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。


復興を「続ける」人たち

311から約1年半、復興予算が被災地以外で使われているなど、新たな問題が浮上しているが、被災地はいまだかつての姿を取り戻せてはいない。それでもなお、今日も被災地で奮闘努力を続ける人たちがいる。本連載は、彼らにスポットを当てて、「被災地の今」を伝えていきたい。

「復興を「続ける」人たち」

⇒バックナンバー一覧