ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
復興を「続ける」人たち
【第2回】 2012年11月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社書籍オンライン編集部

被災地の「記憶」を記録する
―岩手県大船渡市・復興地図センター・瀬尾夏美氏

1
nextpage

2011年3月11日の震災以降、3月30日より東北でのボランティアを開始した二人の美大生がいた。小森はるかさん、瀬尾夏美さんである。小森さんは映画、瀬尾さんは絵画の勉強をしている。幾度となく被災地に足を運び、被災地の人たちの話に耳を傾け、風景を映像や写真やスケッチとして記録。アートイベントやTwitter、ブログ等を利用し、さまざまな形で「被災地」を発信し続けてきた彼女たち。
2012年4月、在学中の東京藝術大学大学院を休学、岩手県気仙郡住田町に移り住み、現在は大船渡市にある仮設商店街「おおふなと夢商店街」の中にある復興地図センターにて、地図を使った活動の支援をする仕事をおこなっている、瀬尾夏美さんにお話を伺った。

瀬尾夏美さんがスケッチした、
岩手県陸前高田市気仙町の風景
拡大画像表示

「記憶」を「記録」する

 2011年の3月の終わり、はじめて被災地を訪れました。そこでその景色の凄まじさに息を飲みました。報道で見る何倍もの力が、想像にもなかった大きさと質量を持ってその場所を襲ったということを、とにかく実感させられました。

  私の出身は東北ではなく東京です。親戚などがいるわけではありませんでしたので、とりあえず内陸のネットカフェや車で寝泊まりをしながら、毎月被災地を訪れることにしました。幾度と東北沿岸を中心とした被災地を訪れ、たくさんの方々から話を伺ったり、あちこちの被災地を歩きました。
  そうする中で、見聞きしたものごとの中に、今起こっていること、過去のこと、少し未来のことなどがたくさん含まれていることに気づきました。それらは情報ではなく「記憶」のようなものです。この「記憶」を残していくことこそ、大切だと思いました。
  そこで文章やスケッチにしたり、映像や写真を撮ったりと、それぞれ方法を模索しながら、「記憶」の記録活動をおこなっていくことにしました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


ダイヤモンド社書籍オンライン編集部

ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。


復興を「続ける」人たち

311から約1年半、復興予算が被災地以外で使われているなど、新たな問題が浮上しているが、被災地はいまだかつての姿を取り戻せてはいない。それでもなお、今日も被災地で奮闘努力を続ける人たちがいる。本連載は、彼らにスポットを当てて、「被災地の今」を伝えていきたい。

「復興を「続ける」人たち」

⇒バックナンバー一覧