渡邉静代の「休みの日のごはん」
【第9回】 2013年8月27日 渡邊静代 [クッキングアドバイザー]

第9回
本格インドカレーと夏野菜の風干しソテー

第9回「本格インドカレーと夏野菜の風干しソテー」

 そろそろ身体が高温多湿な日々に疲れてきた頃ではないでしょうか。前回の麻婆豆腐に引き続き、今回もスパイシーな料理をご紹介します。スパイシー料理の代表といえば「カレー」ですが、カレーにも欧風カレーやインドカレー、タイカレーなど、さまざまなバリエーションがあります。

 今回ご紹介するのは、野菜のとろみだけで仕上げる「本格インドカレー」です。玉ねぎとニンニク、そして生姜をたっぷりと使うのが味の決め手。欧風カレーより煮込み時間は短く、仕上がりもサラッとしています。バターやラードをたっぷりと使う濃厚な味わいの欧風カレーとは異なり、低カロリーでヘルシーなのも嬉しいですね。

 インドは北と南で料理の特徴が異なります。北インド料理は、ナンやチャパティー、パンが主食で、牛乳やヨーグルト、チーズ、バター、ギーなどの乳製品や油脂をたくさん使うのが特徴です。一方南インド料理は、油脂は少なく、あっさりヘルシーなのが特徴。主食は米で、野菜や豆料理が豊富豊富で、ココナツミルク・マスタード・マスタードオイル・ゴマ油などがよく使われます。

 日本でもおなじみのカレー粉は、イギリス人によって発明されたものです。メーカーやお店によりブレンドは様々ですが、基本的にはガラム・マサラとミックス・スパイス、ターメリックなど、味・辛み・色・香のスパイスがバランスよくミックスされていて、様々な薬効が期待できます。

「ガラム・マサラ」とは、ガラム(辛い)+マサラ(混ぜ物)を意味する香のスパイスで、クローブ、シナモン、コリアンダー、クミン、ナツメグなどをブレンドしたものです。一方「ミックス・スパイス」は辛さのスパイスで、コリアンダー、レッドペッパー、ブラックペッパーなど、メーカーによりさまざまなスパイスがブレンドされています。3つめの「ターメリック」は「秋うこん」のことで、色と風味のスパイスです。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

渡邊静代 [クッキングアドバイザー]

女子栄養大学・短期学部卒。懐石料理教室の助手を経て、自宅で渡邊静代クッキングサロンを開設、今年で10年目を迎える。料理本のスタイリストや、広告の料理・コーディネートも手がける。

 


渡邉静代の「休みの日のごはん」

働き盛りの方々にとって、休日の食卓は身体を芯から休める癒しの時間そのもの。クッキングアドバイザーの渡邉静代先生に、夫婦で作っても、皆で作っても楽しく美味しい、「休日のお手軽レシピ」を教わります。普段の食事にも、おもてなしにも活用できる華やかなメニューは、忙しいあなたの強い味方です!

「渡邉静代の「休みの日のごはん」」

⇒バックナンバー一覧