ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ミドルマネジャーのための「不機嫌な職場」改革講座

この閉塞感はどうにもならないのか?
組織の成果を最大化する人事制度とは

高橋克徳 [(株)ジェイフィール代表],重光直之 [(株)ジェイフィール取締役]
【第18回】 2010年3月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 先日、ある会社でミドルマネジャー全員を集めて「職場づくり研修」を実施しました。

 そこでは、組織感情診断を活用して、自分たちの部署がどのような感情サイクルになっているかを分析するセッションを行ないました。

 組織感情診断の結果は、部署ごとの特徴を明確に表していました。全体的には、「イキイキ感情」が弱く、部署によっては「冷え冷え感情」や「ひきこもり感情」が大きくなっており、効力感も全体に低い組織になっていました。

 「自分たちの成果、仕事の仕方、成長に自信が持てない」「今の状況はもう変わらない」と諦めている人たちも、かなりいることがわかりました。

 多くのマネジャーたちは、こうした状況を変えるために、お互いの仕事の状況を理解して支援し合える仕組みを作ること、さらにベースとしての信頼関係を作る取り組みをすることが重要だと考え、さまざまなアイデアを出していました。

 ただその中で、「人事制度が一番の問題だ」と指摘するグループが複数あったことは、特筆に値します。

 「今の制度は人を追い込み、自信を失わせる仕組みだ。この仕組みがある限り、多くの人たちは自分への否定感や上司や会社への不信感を抱えながら、働き続けていくことになる。これでは、人をモチベートすることはできない」

 これが彼らの主張です。

 逆に人事部や部門長からは、「評価が低い人に『何が足りないか』を認識させ、やる気を引き出すのはマネジャーの仕事だ。自分が部下と本気で向き合わずに、制度が悪いといっているのはおかしい」という反論が出ると思います。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高橋克徳 [(株)ジェイフィール代表]

野村総合研究所、ワトソンワイアットを経て、ジェイフィールの設立に参加。組織における感情問題の解決や組織活力向上のコンサルティングに全力を注ぐ。多摩大学講師など、多方面で活躍。共著の『不機嫌な職場』(講談社)はベストセラーとなる。
-----☆★日本中の職場をご機嫌に!★☆-----
ジェイフィールのホームページはこちら


重光直之 [(株)ジェイフィール取締役]

株式会社ニイタカ、社団法人日本能率協会を経て現在に至る。ヘンリー・ミンツバーグ教授との出会いを機に、ミドルマネジャーを元気にする「リフレクション・ラウンドテーブル」を日本に導入し、プログラム開発とファシリテーターを担当。「感じる研修エンジニアリング」の普及にも力を入れ、スキット研修、演出家を招いての役作り研修など、多彩に展開中。

ホームページ:http://www.j-feel.jp(日本語)

 


ミドルマネジャーのための「不機嫌な職場」改革講座

職場のコミュニケーションが崩壊し、社員の対立や生産性の低下に悩むミドルマネジャーが急増しています。ベストセラー『不機嫌な職場』の著者と「ミドル再生」を専門とする同僚が、管理職が不機嫌な職場を改革するための知恵を徹底指南します。

「ミドルマネジャーのための「不機嫌な職場」改革講座」

⇒バックナンバー一覧