ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

約55%の男性が恋人と週2以上会いたい!?
男性が女性より「会いたがり」になったワケ

小川 たまか
【第143回】 2013年9月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「女性よりも男性の方が恋人に会いたい頻度が高い」。こう聞くと、少し意外に感じる人が多いのではないだろうか。マッチアラーム(東京都港区)が行った「20・30代独身男女の意識調査」によれば、恋人と会う頻度について、男性は「週2~3回」、女性は「週1回」と答えた人が最も多かったという。現代の20~30代は、女性より男性の方が「会いたがり」なのだろうか。

 マッチアラームが行った調査の集計期間は9月3日~5日。調査方法はインターネット。調査対象は婚活アプリ「マッチアラーム」の会員である独身男女2479人。

「会いたくて震える」とは
女性ではなく男性のことだった!?

 「会いたくて震える」とはある女性人気歌手が恋人と会いたくて仕方ない気持ちを歌った歌詞だが、現代の20~30代女性はそれほど震えていないのかもしれない。「恋人とはどれくらいの頻度で会いたいですか」という問いに対し、女性の41.8%が「週1回」と回答、「週2~3回」(35.1%)、「月2~3回」(15.6%)と続く。男性は「週2~3回」が最も多く39.4%、「週1回」が33.5%、次に多かったのが「毎日」(14.8%)と回答した人だった。

 婚活アプリの会員である男女に行った調査であるため、通常よりも「会いたい」度が高いかもしれないが、最近では女性より男性の方が恋人に「会いたがり」なのだろうか。

 女性の恋愛悩み相談を受ける活動を続けるユニット「桃山商事」の代表、清田隆之さんに話を聞いたところ、「受ける相談の内容は、彼が会ってくれないという女性から彼が会いたがる頻度が多くて重たいという女性までさまざま。なので、男性の方が会いたがる傾向があるという実感はない。ただ、デートに挑む際の意識に差を感じる」という。一体どういうことなのだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ザ・世論~日本人の気持ち~

価値観が多様化し、隣の人の考えでさえ分かりづらい現代。注目のテーマについて、みんながどう考えているか気になるところだろう。この連載では様々な統計、調査結果等を取り上げ、その背景にあるトレンドや人々の意識を分析。現代の「日本人の気持ち」=「世論」を探っていく。

「ザ・世論~日本人の気持ち~」

⇒バックナンバー一覧