ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
逆境を吹っ飛ばす江上“剛術”―古典に学ぶ処世訓―

其の51「論語」を読む。あなたには
水滸伝英雄・呉用のような参謀がいるか

江上 剛 [作家]
【第52回】 2013年10月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 水滸伝で宋江の参謀として活躍したのは呉用という人物だ。

 この人物の見事な参謀としての振る舞いは、「週刊ダイヤモンド」などを愛読する企業の企画スタッフの参考になるに違いない。もしあなたが経営者なら、呉用のような参謀をどんなことをしても探し出して部下にすべきだろう。

 またあなたが素晴らしい上司に恵まれて参謀として引き立てられているなら、その参謀としての人生を全うすべきだろう。ゆめゆめ、自分がその上司を押しのけてトップに立とうなどと思わぬことだ。

裏切るな、媚びへつらうな

 呉用は、東渓村に住んでいた。優れた軍師だが、召しかかえられることはなかった。

 彼の優れた点は、「謀略は敢えて諸葛亮を欺り、陳平も豈(あ)に才能に敵せんや」と評価されるほどだ。

 彼は、仲間の晁蓋らと強盗を働き、お尋ね者になる。あわや逮捕されるという寸前に、のちに梁山泊のトップになる宋江に助けられる。その頃の宋江は、晁蓋と義兄弟の契りを結んでいたものの、単なる小役人だった。ただし彼らのような世の中から外れた人間たちには及時雨宋公明と呼ばれ、尊敬されていた。

 九死に一生を得た呉用は、後に宋江を梁山泊に迎えいれ、彼の参謀となり、数々の窮地を救う。

 呉用のすごさは、論語でいう次の言葉通りなのだ。

 「子路君に事(つか)へんことを問ふ。子曰はく、『欺くことなかれ、而(しこう)して之を犯せ』。」
(憲問第十四)
(子路が君に仕える道を問うた。孔子「誠意を尽くして君を欺くな。而して君の顔色を犯して諫争せよ。)
(論語新釈・宇野哲人著・講談社学術文庫)

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江上 剛 [作家]

えがみ ごう/1954年1月7日兵庫県生まれ。本名小畠晴喜(こはた はるき)。77年3月早稲田大学政経学部卒業。同年4月旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。高田馬場、築地などの支店長を歴任後、2003年3月同行退行。1997年に起きた第一勧銀総会屋利益供与事件では、広報部次長として混乱収拾に尽力する。『呪縛 金融腐蝕列島』(高杉良作・角川書店)の小説やそれを原作とする映画のモデルとなる。2002年『非情銀行』(新潮社)で作家デビュー。以後、作家に専念するも10年7月日本振興銀行の社長に就任し、本邦初のペイオフを適用される。


逆境を吹っ飛ばす江上“剛術”―古典に学ぶ処世訓―

作家・江上剛氏は、その人生で2回も当局による強制捜査を経験した。その逆境にあって、心を支えくれたのが、「聖書」「論語」「孫子」などの古典の言葉である。ビジネス界に身を置けば、さまざまな逆風にされされることも多い。どんな逆境にあっても、明るく前向きに生きる江上剛氏が、柔術ならぬ“剛術”で古典を読み解き、勇気と元気の“素”を贈る。

「逆境を吹っ飛ばす江上“剛術”―古典に学ぶ処世訓―」

⇒バックナンバー一覧