ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

「アメとムチ」を使い分けるハイテンション上司は
なぜイマドキ若手社員に嫌われるのか

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]
【第103回】 2013年12月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ときにはめいっぱい叱り、ときにはめいっぱい褒めちぎり……。こうした巧みな方法で、部下のやる気を高める上司がいます。しかし最近、そんなアメとムチを使い分けるタイプの上司に対して、「無視」を決め込む、あるいは「(上司の行動は)間違った接し方である」と対抗してくる部下が増えてきたようです。

 アメとムチは、10年前であればスタンダードなマネジメントスタイルでした。それを否定されたら、「どうしていのかわからない…」と戸惑う管理職がたくさん出てくるのは間違いありません。では、なぜそうしたマネジメントスタイルが通用しなくなってきたのでしょうか。今回は、そんな上司とイマドキ部下の価値観の違いについてお話ししていきましょう。

「アメとムチ」が大好きな体育会系上司

 この嘆きを誰かに聞いてほしい。フェイスブックやツイッターで、いまの気持ちを発信したい……。しかし、そんな思いをグッと堪えて、

 「俺のマネジメントスタイルは古びてしまったのか。でも、いつから古びていたのだろうか?」

 と、1人つぶやいている人がいます。事務機器販売会社で管理職をしているGさん(45歳)です。ある部下との会話から、何やらやり切れない気持ちに駆られている様子。普段とは対照的な雰囲気を周囲も察して、心配しています。

 「Gさんらしくない憂鬱な感じが醸し出されているけど、何があったんだろう」

 ちなみにGさんは、学生時代に体育会アメフト部で活躍。社会人になっても「元気な声で周囲を明るく」をモットーに気合の入った仕事ぶりで、社内でも有名な存在です。それゆえ、ときには厳しく、ときにはやさしく「アメとムチ」をうまく使い分けるマネジメントで巧みに部下を指導してきました。

 Gさんの「アメとムチ」とは、このようなことを指します。

ムチ:やる気がない素振りが見えると徹底的に厳しく注意する
・営業会議でやる気を感じない発言をした部下は「出て行け」と追い出す
・朝礼で「○○くんは成長意欲が低いからミスが増えたのだ」と名指しで注意

アメ:やる気が感じられる態度や言動が目立つとトコトン称える
・「最近はよく頑張っている」と個別に声をかけて褒めまくる
・ポケットマネーで居酒屋に連れて行っておいしい酒を振る舞う

 こうしたマネジメントスタイルに「ハマる=感銘」を受ける部下もたくさんいます。つい最近までGさんの組織は、「G軍団」と呼ばれ、鉄の結束を誇ることで職場内でも話題になったこともあったほどでした。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
高城幸司氏の共著「新しい管理職のルール」

時代が変ればマネジメントの手法も変わります。では、どのように「戦略」「業務管理」「部下育成」「コンプライアンス」をどうマネジメントに取り入れるのか。新しいマネジメントのルールを教える1冊。1500円(税込)

話題の記事

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]

1964年生まれ。同志社大学卒業後、リクルート入社。リクルートで6年間連続トップセールスに輝き、「伝説のトップセールスマン」として社内外から注目される。そのセールス手法をまとめた『営業マンは心理学者』(PHP研究所)は、10万部を超えるベストセラーとなった。 その後、情報誌『アントレ』の立ち上げに関わり、事業部長、編集長、転職事業の事業部長などを歴任。2005年、リクルート退社。人事戦略コンサルティング会社「セレブレイン」を創業。企業の人事評価制度の構築・人材育成・人材紹介などの事業を展開している。そのなかで、数多くの会社の社内政治の動向や、そのなかで働く管理職の本音を取材してきた。 『上司につける薬』(講談社)、『新しい管理職のルール』(ダイヤモンド社)、『仕事の9割は世間話』(日経プレミアシリーズ)など著書多数。職場での“リアルな悩み”に答える、ダイヤモンド・オンラインの連載「イマドキ職場のギャップ解消法」は、常に高PVをはじき出している。
株式会社セレブレインホームページ
高城幸司氏ブログ

 


イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

グローバル化や女性の社会進出、上司や部下とのジェネレーションギャップなど、もはや同じ価値観を持った人とだけ仕事をすることは不可能です。そんなギャップのある人たちとの上手な付き合い方・対処法を紹介します。

「イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司」

⇒バックナンバー一覧