ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

「ちょっとだけ」から始める
ネット依存症脱却の処方箋

知らない間に「つながらない自由」が贅沢になった

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]
【第47回】 2013年12月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ネットで豊かになったけど
今はあえてデトックス

 昨年あたりから「デジタルデトックス」という言葉がよく聞かれるようになりました。

 スマートフォンやタブレット端末の普及で、私たちは外出中でさえもデジタル信号のやり取りに多くの時間を占拠されています。そこで、過度なデジタル依存を防ぐために、スマートフォンやパソコンなどのデジタル機器から一定期間離れようというわけです。

 私自身も、朝はスマートフォンのアラームで起き、会社への道すがらネットニュースをチェック。SNSのメッセージやイベントにコメントを送信し、会社ではパソコンで仕事。仕事が終わればスマートフォンを触りながら帰路に着く…、という生活パターンです。

 Wifiでネットに常時接続することが当たり前になっている今日、仕事でもプライベートでも、SNSでは、リクエストやメッセージに対してほぼリアルタイムでのリアクションが求められます。

 まるで、何かに強要されるかのようにリアクションを返す作業は、誰かから常に監視され、束縛されている感も否定できません。例えそれが自分1人で行うものであったとしても、一人の時間を持ったという充足感に至らないのは私だけでしょうか。

 たしかに、デジタルテクノロジーの登場は、われわれの生活を豊かにしてくれました。

 例えば、インターネットのない時代には、今のように一瞬にしてかつ簡単に膨大な情報にアクセスすることはできませんでした。今では、時間と空間を超えて、世界中の誰とでもすぐにつながることができるようになりました。

 獲れたての海の幸や山の幸が全国各地の産地から直送され、自宅に居ながらいつでも食べられるようなったのもネットのおかげです。

 思い起こせば、1994年に初めて携帯電話を手に入れた時、「これからはどこにいても、仕事でもプライベートでも誰とでも24時間つながっていられる」という思いから、時間と空間という物理的制約から完全に解放されたと大喜びした記憶があります。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

インターネットなど双方向メディアの普及に伴い、従来の広告メッセージが届きにくい時代になったと言われます。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー」

⇒バックナンバー一覧