ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第36回】 2014年1月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
鎌塚正良 [ダイヤモンド社論説委員]

半世紀以上読み続けられる
「話し方」の古典的名著
『カーネギー 心を動かす話し方 一瞬で人を惹きつける秘訣』

1
nextpage

年を重ねるにつれ人前で話す機会が増えますが、話し方について指導を受けることはなかなかありませんよね。今回ご紹介するのは、50年の長きにわたって読まれ続けているスピーチの古典『カーネギー 心を動かす話し方 一瞬で人を惹きつける秘訣』です。

ビジネスパーソン必須の
スピーチの技術

 昨年9月7日に開催されたIOC(国際オリンピック委員会)総会における高円宮妃久子さまのスピーチは、多方面から絶賛を浴びました。当時、本サイトに「高円宮妃久子さまのIOC総会お言葉に学ぶリーダーのスピーチ」を寄稿したリーダーシップ・コミュニケーション・コンサルタントの佐々木繁範氏は、「最大の特徴は、IOC評価委員一人一人に、直接、語りかけるように話した点」と指摘したうえで、久子さまは以下「三つの技術」を巧みに駆使していたと分析しています。

『カーネギー 心を動かす話し方 一瞬で人を惹きつける秘訣』2006年2月刊。金の箔押しが威厳を感じさせます。

 一つ目は、的確な間合い(ポーズ)を取りながら話をすること。そうすることで、聴衆が話し手の言葉を噛みしめ、情景を頭に思い描きながら聴くことが可能となります。二つ目は、言葉の強調(アクセント)です。大切な言葉を強めに発音することで聴衆に伝えたい思いを強調することができます。三つ目は、聴衆への視線(アイコンタクト)です。聴衆に視線を送ることで「あなたに対して話をしている」ということをしっかり伝えることができます。

 これらスピーチの技術は、とりわけ海外で仕事をする機会が増えているビジネス・パーソンにとっても必須のスキルといえます。本書『カーネギー 心を動かす話し方(D・カーネギー著)』はそれらのスキルを身に着けるための教則本のような役割を担っており、実践で使えるテクニックやノウハウがぎっしりと詰まっています。なお、2006年に出版された本書は1965年に初版が発行された『カーネギー 話し方教室』(ダイヤモンド社)の新装版であり、書名こそ改題されたものの、内容は表記の一部を除いて変更されてはいません。50年近くにわたって読み継がれている本書は、デール・カーネギー・トレーニング(話し方教室)の現場で、一貫して副読本として使用されてもいるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/13~8/19)



    鎌塚正良 [ダイヤモンド社論説委員]

    1978年ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て、現在は書籍編集局担当の取締役兼論説委員。


    いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

    ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

    書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

    本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

     

    「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

    ⇒バックナンバー一覧