ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

アップルが自動車産業を乗っとる!?
車載用システム「CarPlay」登場で
トヨタも参加せざるを得ない状況へ

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第175回】 2014年3月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

世界のメディア大注目!!
「iOS in the car」改め「CarPlay」ついに登場!!

アップル「CarPlay」の初期画面。ボルボのディスプレイ展示より Photo by Kenji Momota

 米アップルは2014年3月2日、iPhoneと、カーナビやAV等の車載機器を音声認識技術「Siri(シリ)」で連携させる新しいシステム「CarPlay」を発表。翌3日には、アップルの日本法人から日本語のプレスリリースも出た。

 「CarPlay」は、同社が2013年のWWDC(The Apple World Wide Developers Conference/6月10~14日サンフランシスコ)でiOS7と同時に発表した、「iOS in the car」の量産版だ。「iOS in the Car」が及ぼしたシリコンバレーへの影響は本連載第154回『アップル「iOS 7 in the car」登場で急加速!激変する米テレマティクス業界の最新現地事情』を参照してほしい。

 昨年時点で参加を表明していたのは、12ブランド8社。今回「CarPlay」での参加はトヨタ、フォード、BMW、三菱自工、富士重工、プジョーシトロエン等が加わり、15社(韓国ヒュンダイとキアを同グループとした場合)に拡大した。

 そして2014年3月4日、アップルのプレスリリースの記載通り、第84回ジュネーブ国際モーターショー(於スイス・ジュネーブPALEXPO)で、メルセデス・ベンツ、フェラーリ、そしてボルボが実車を使って「CarPlay」のデモンストレーションをした。

 本稿では、現地速報として、これら3社の実車内で筆者がアップル技術者から受けた説明を基に「CarPlay」の利用方法を紹介する。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧