ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

アップル音楽会社買収で沸騰
定額配信が相次ぎ日本上陸へ

週刊ダイヤモンド編集部
2014年6月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「そういや、ティムはえらく早く出社すると聞いたが、俺は何時に会社に行けばいいんだ?」

ビーツのヘッドホンは白と赤のデザインが人気の理由
Photo:REUTERS/アフロ

 6月2日に開かれた米アップルの開発者向けイベント「WWDC」で、アップル幹部に電話で紹介された“新入社員”は、黒人特有の早口の英語でこう述べ、会場に足を運んだ6000人以上の参加者の笑いを誘った。

 その新入社員とは、音楽プロデューサーのドクター・ドレ。1980年代後半から、米国西海岸で「ギャングスタ・ラップ」と呼ばれる音楽スタイルを確立し、今もカリスマ的人気を誇る。今は会社経営者としての顔も持つ。

 ドレらが2008年に創設したヘッドホンメーカー、ビーツ・エレクトロニクスは、5月末にアップルに約3000億円で買収された。ドレが新入社員として紹介されたのはこのためだ。

 では、ビーツとはどんな会社なのか──。

 まず、ビーツを一躍有名にしたのは高級ヘッドホンだ。「Beats by Dr. Dre」と冠した製品は、低音重視の音質に加え、「b」という文字のシンプルなデザインが若者を中心に流行し、米国市場シェアの約4分の1を占めている。

 だが、アップルが欲しかったのは、ヘッドホンという製品ではなく、ビーツが手掛ける定額音楽配信事業だ。音楽配信は、個別に曲をダウンロードするアップルの「iTunes」が長らく市場を引っ張ってきたが、現在は定額聴き放題の「ストリーミング方式」に取って代わられつつある。

 事実、現地報道によると、アップルは、会員数約25万人と今は小規模なビーツの配信事業に、約500億円をつぎ込んでいる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧