ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
外資系リーダーが日本を変える

このままでいいのか!? クールジャパン
――来日観光客2000万人をめざして

加藤英太郎・KVH 法人営業本部 部長

GAISHIKEI LEADERS
【第3回】 2014年7月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2020年東京オリンピックが決まり、来日観光客が1000万人を突破するなど明るい兆しが見え始めた日本の観光ビジネス。だが一方で、言葉、文化、慣習の違いなどから新しい課題が浮上している。これから海外の需要を取り込み、さらには地方経済産業の活性化へつなげるには何が必要なのか。公私含めて50ヵ国以上を訪問してきた加藤英太郎氏に聞いた。

来日観光客1000万人突破でも
世界ランクは27位

加藤英太郎(かとう・えいたろう)
KVH 法人営業本部 部長

1973年神奈川県横浜市生まれ。米国アメリカン大学大学院卒業後、コンサルティング、消費財、ITなどの外資系企業を渡り歩き、2013年より現職。日本と米国のハイブリッド人材として日本社会の活性化に貢献したいという想いからGAISHIKEI LEADERSのオーガナイザーとしても活躍する。2011年4月より今日まで、福島県・宮城県を延べ20回以上訪れ、震災復興支援にかかわる。具体的には東京からのボランティアツアー企画、支援物資手配、現地でのNPO立ち上げ支援から、観光業再興にむけてのエコツーリズム支援(宮城県南三陸)などを行う。

 ボスニア内戦の傷跡、ブータンで想起した日本の原風景、ウズベキスタンで圧倒された世界史の激動…。これらは、過去3年間で訪れた21ヵ国で実際に目にした“絵”の一部です。東京で仕事をしながらのハードな旅でしたが、それが苦にならなかったのはひとえに現地の「一次情報」に触れたかったからです。

 旅を通して、日本の素晴らしさを再認識し、それを海外に伝えるために何ができるかを客観的に見つめ直すのも楽しみの1つです。そこで得た問題意識をベースに、「外国人」の目線で日本各地を見てみようと、国内を旅するようになりました。

 2014年6月に訪れた青森県での体験から見えてきたのは、日本という「観光地」に内在する課題と可能性です。

 2013年の来日観光客は前年比24%増と初めて1000万人の大台を突破しましたが、日本は世界ランク27位、上位15ヵ国は年間2000万人以上です。政府の統計によると来日観光客の6割は東京都(2位は大阪府が25%)を訪問しており、青森県は1%未満です。

 国・地域別で見ると、約8割がアジア地域からで、その8割が東アジア諸国と突出しています。これら近隣諸国からの観光客が大台突破の立役者と言って過言ではありません。

 一方で、こんな疑問が湧いてきます。なぜ来日観光客の裾野が広がらないのか?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック
GAISHIKEI LEADERSは、外資系企業での仕事等を通じて日々グローバル社会とかかわってきたメンバーが、自らの『和魂洋才』を一層磨き上げ、社内外で活用し、グローバル社会と調和した、開かれた元気な日本の未来を実現することを目指し、設立されたコミュニティ・プロジェクトです。『和魂洋才』の梁山泊となり、日本社会・日本企業の多様性の欠如や視野狭窄、長期停滞等の課題に対して、新たな視点での解決策を提案し、政治・経済・教育の各分野から日本社会に変革を起こしていくことをゴールとして活動を展開しています。

HP「GAISHIKEI LEADERS


外資系リーダーが日本を変える

真のグローバル経営を経験してきたビジネス・リーダーが、日本社会・日本企業の多様性の欠如や視野狭窄、長期停滞などの課題に対し新たな視点での解決策を提案し、政治・経済・教育の各分野から日本社会に変革を起こしていくことをゴールとして活動する「GAISHIKEI LEADERS」。そのメンバーが、日本企業にとって最優先課題といえる「経営のグローバル化」について各自の経験と知見に基づき、グローバル規模の仕組みを理解し、日本のユニークな強みをそれと調和させた上で一層輝かせていくための新しい「グローバル経営論」を解説します。

「外資系リーダーが日本を変える」

⇒バックナンバー一覧