ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

アップルとIBMが提携
「BYOD」市場は終焉へ

週刊ダイヤモンド編集部
2014年7月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「アップルにとって巨大市場への参入機会が開かれた」──。米アップルのティム・クックCEO(最高経営責任者)は7月15日、米IBMとの戦略的提携の締結に際し、そう語った。

携を決めたIBMのバージニア・ロメッティCEO(左)とアップルのティム・クックCEO
Photo by Paul Sakuma/IBM

 アップルとIBMは1990年代に、米モトローラも加えた「AIM連合」で、パワーPCというマイクロプロセッサを開発。当時のパソコン市場で栄華を誇った米マイクロソフトと米インテルの「ウィンテル連合」に対抗した歴史がある。

 そのときはウィンテルの牙城を崩すことはできなかったが、今回の提携が当時と違うのは、両社にとっては戦うべき絶対的強者が存在しない点だ。アップル・IBM連合が狙うモバイル端末の企業向けシステムの分野は、未開拓に近い状態なのである。

 もちろんiPhoneやiPadを活用しているビジネスマンは多い。しかし、それはいわゆるBYOD(Bring Your Own Device)と呼ばれる「個人所有の機器の持ち込み」であって、必ずしも“会社公認”というわけではない。しかも、業務に用いられているとはいえ、ほとんどがiPhoneならメールとスケジュール管理くらい、iPadなら1対1の顧客プレゼンテーション程度でしか使われていないのが実態で、多くの大企業が保有する高度な企業内ITシステムとつながっている例は少ない。

 今回の提携を受けて、あるIT企業関係者は「いわばBYOD時代の終わり。iPhoneやiPadが正式な企業システムとして売られるということであり、企業のIT管理部門は大歓迎だろう」と語る。

次のページ>> 唯一残された有望分野
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧