経営 × オフィス

努力の姿を見せないと昇進できない!?
リモートワークのメリットと課題

待兼 音二郎
【第306回】 2014年10月23日
1
nextpage

 真夏の朝の満員電車。猛暑日の予報にもかかわらず、通勤客の男性はことごとくネクタイを締め、首筋に汗をにじませている――。最近でこそ、クールビズが浸透してきているが、10年ほど前までは、それが毎日の光景だった。

 みんながネクタイを締めているから、我慢して自分も締める。そんな日本人の国民性ゆえに、気温・湿度ともに熱帯地方と大差ない真夏の大阪や名古屋でも、ネクタイを着用することが当然の身だしなみとされてきたのだ。

 仕事でいちばん大切なのは、誰がどう考えても成果物の質だ。しかし長らく日本では、「頑張って働いている」ことを態度で示すことが同じくらいに重視されてきた。それが、真夏のネクタイのような“やせ我慢”を生み出してきたのだ。

社内SNSやWEBテレビ電話システムの活用で、どこにいても働ける環境を整えたgamba

 しかし日本も変わりつつある。オフィスを離れて仕事をするリモートワークの利用者が就業人口の17.3%(2013年、国土交通省調べ)にもなり、仕事の一部をカフェや自宅に持ち出すライフスタイルが珍しくなくなってきたのだ。

 リモートワークの導入にはどんなメリットや課題があるのか? 2014年9月にスタートさせた株式会社gambaに話を聞いた。

1
nextpage

「経営×オフィス」を知る ワークスタイルで変わるオフィスとは?

  • ワークスタイルの変革とオフィスの変化
  • 創造性を育む「クリエイティブ・オフィス」の作り方
  • 快適性×オフィス=社員が変わる
  • 快適性×オフィス=社員が変わる
  • 快適性×オフィス=社員が変わる
  • 働き方の多様化が進むほどオフィスの役割は重要になる 新しいワークスタイルとオフィスの進化

OFFICE TOPICS 働く場所・働き方・働く人

「経営×オフィス」を見る 理想のオフィスのつくり方

 

消費インサイド

今の世の中、いったいどんな商品やサービスが流行っているのか? それを日々ウォッチすることは、ビジネスでヒントを得るためにも重要なこと。世間でにわかに盛り上がっているトレンド、これから盛り上がりそうなトレンドを、様々な分野から選りすぐってご紹介します。

「消費インサイド」

⇒バックナンバー一覧