ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第55回】 2014年11月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
鎌塚正良 [ダイヤモンド社論説委員]

捏造にまみれたユーゴ内戦報道を題材に
メディアの報道姿勢について語る衝撃作
『戦争報道 メディアの大罪』

1
nextpage

今回ご紹介するのは、ユーゴスラビア内戦の偏向報道をテーマにした『戦争報道 メディアの大罪――ユーゴ内戦でジャーナリストは何をしなかったのか』です。セルビア人を一方的に加害者として扱う報道が圧倒的に多いとのことですが、それはなぜなのでしょうか。

古くて新しいテーマ
「偏向報道・捏造報道」

ピーター・ブロック著、田辺希久子訳『戦争報道 メディアの大罪』2009年3月刊。朝日新聞の報道姿勢が問われている今こそ読みたい一冊です。

 いわゆる従軍慰安婦問題における「吉田証言」や福島第一原子力発電所事故に関連した「吉田調書」などをめぐる「不適切な報道」をきっかけにして、朝日新聞への非難や批判が一気に高まりました。批判は朝日社内からも噴出しており、再生に向けた道筋はなかなか見えてきません。

 一連の朝日バッシングを見聞きしながら、筆者の脳裏によみがえってきたのは、本書『戦争報道 メディアの大罪』でした。原題“MEDIA CLEANSING:DIRTY REPORTING―Journalism and Tragedy in Yugoslavia(メディア・クレンジング――汚れた報道――ジャーナリズムとユーゴスラビアの悲劇)”や、副題「ユーゴ内戦でジャーナリストは何をしなかったのか」からおよその察しはつくでしょうが、本書はユーゴ内戦にあってのメディアの偏向報道やジャーナリストの報道姿勢について、彼らの犯した罪を改めて問い直した問題作です。

 著者のピーター・ブロックは、フィラデルフィア・インクワイヤラー紙などで活躍したベテランのジャーナリスト。「欧州の火薬庫」と呼ばれたバルカン半島を1970年代から取材し、90年代のユーゴ内戦に関する報道がいかに偏向していたかを内戦初期の段階から指摘していました。そして徹底した記事の洗い直し、関係者への執拗なまでのインタビュー、現地取材による事実の積み重ねなどによって誤報やでっちあげの事実を15年がかりで立証し、本書を書き上げたのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


鎌塚正良 [ダイヤモンド社論説委員]

1978年ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て、現在は書籍編集局担当の取締役兼論説委員。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧