ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

水素ステーション設置予定が当面ない世田谷区が
「燃料電池車セミナー」を主導するワケ

――燃料電池車普及に向けた第二幕の現実を探る旅(1)

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第192回】 2014年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

なぜ、世田谷で開催?
なぜ、川崎市と連携を模索?

 このセミナーが開催されることを筆者が知ったのは、今年9月末。筆者も参加した二子玉川で行われた“市民参加型のミーティング”に、保坂展人・世田谷区長がサプライズで登場。そこでチラシを配って「近隣の川崎市の福田市長、経済産業省、そしてトヨタの講演もある。是非皆さんも参加して、燃料電池車について一緒に考えてほしい」と、区長自らPRした。その際、筆者は保坂区長に直接「このセミナー、是非取材させていただきたい」と申し出た。

 そして迎えた2014年10月28日(火)、東急田園都市線・三軒茶屋駅から徒歩2分。下町っぽい雰囲気の商店街の一角、世田谷産業プラザ3階の大会議室。題目は「世田谷新電研究会 第3回エネルギーセミナー/エネルギー革命最前線 ~「水素・燃料電池新時代」と「電力自由化~」。後援は、世田谷区、公益財団法人・世田谷産業振興公社、そして東京商工会議所世田谷支部。協力は、みんな電力株式会社である。

セミナー開始直前。世田谷産業プラザ(東急・三軒茶屋駅近く)の大会議室は、平日夜にもかかわらず大入り満員となった Photo by Kenji Momota

 午後6時、大会議室といっても主催者側を含めた約100人の参加者が入ると、場内は満席となり立ち見も出た。

 「先日も多摩川で、福田(川崎)市長と(渡し)船に乗ったが、5分でついた。世田谷と川崎、合わせて人口は230万人。エネルギーの大きな転換を自治体からという思いは(両首長として)一緒だ」(保坂展人・世田谷区長)

 「(保坂区長との付き合いは)数ヵ月前、川崎の臨海部での水素に関する取り組み(の視察)で、来ていただいたことがキッカケだ」(福田紀彦・川崎市長)

 今回登壇したのは両首長の他、経済産業省資源エネルギー庁 燃料電池推進室長の戸邉千広氏が「水素社会の実現に向けた取組の加速」で講演。トヨタ自動車 東京技術部部長の樫根喜久氏が「燃料電池車(FCV)の市場投入に向けた現状と課題」、さらに富士通総研経済研究所主任研究員の高橋洋氏が「電力小売り全面自由化:2016年に向けた展望」との題目で発表した。

 セミナー後半では、保坂区長がコーディネーターとなり、登壇者全員によるパネルディスカッションも行われた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧