経営 X 人事

人事部員に一体感がなく
協力し合いません

人事部門のメンバーに一体感がない。これはなにも人事部門に限ったことではなく、企業の大小を問わず、また職種を問わず、よく聞かれる悩みです。会社は学校ではありませんので、変に仲良くすることはありませんが、同じ目標に向かって利害を共有するチームに一体感がないというのは、目標達成のためにはうまくありません。曽山さんの回答は、自らの実践をふまえた、効果的な手法の紹介です。

【質問】
曽山さん、こんにちは。このたび人事に異動となりました。私も曽山さんと同じように営業部門から人事に部長として異動したのですが、人事メンバーのお互いの協力姿勢が低く、仲がよくありません。現在人事メンバーは5名で、労務総務で2名、採用で3名いますがそれぞれが忙しく、情報交換や協力姿勢を持つ余裕がありません。なんとか協力して強いチームをつくりたいのですが、どのようにすると良いでしょうか。
(東京都 W.A)

多忙な部員たちが協力関係を築くために

 ご質問ありがとうございます。まさに私も同じような経験をしました。

 本当に大変ですよね。私が人事に異動してきたときも、個々に仕事はとても頑張ってくれていましたが、本当に忙しそうでした。

 相談にのってあげたくても、そもそも時間がないので面談の時間すらとるのが難しそうという雰囲気だったのです。

 また、それぞれはとても良い人なのに、業務中は協力する姿勢も出てこず、それぞれがとても必死に働いているような状況でした。

 それをふまえて、試行錯誤しながら効果があったことをご紹介します。

・困っていることを全員で吐き出す
・定期的にお互いの業務を共有する
・全員で同じ本を読む

 この3つが効果がありました。

 順に説明しましょう。


・困っていることを全員で吐き出す

 まずやったことは人事メンバーとの個別面談です。

 どんな仕事をしていて、どんなやりがいや苦労があるのか。

 形式はカジュアルに座席で聞いたり、個室に入って話をしたり。ひとり20分から長いときには1時間くらい、話をまずは聞く、というスタンスをとりました。

 そこでもたくさんの課題や「こうしたい」という意欲が伝わってきたのですが、痛感したのは「どこに向かおうとしているのかが理解できていない」ということでした。

 作業をやることにとにかく集中していて、ひとつひとつのタスクを処理することに頭が集中していたのです。

 しかもいろいろ聞いていて一番困ったのは、メンバー同士が意図せずに他の人に責任をなすりつつける「他責」になっていたことです。

 「事業部門の人たちが忙しいのに協力してくれない」「何かお願いしても断られる」など、自分の問題ではないという思考パターンに入っていました。

 いろいろ悩んだ結果、私は「問題を人事全員で共有するしかない」と考えました。

経営 X 人事 特集TOPに戻る

 

 

曽山哲人

1974年神奈川県横浜市生まれ。上智大学文学部英文学科卒業。1998年伊勢丹に入社、紳士服配属とともに通販サイト立ち上げに参加。1999年、20名程度だったサイバーエージェントに入社。インターネット広告の営業担当として入社し、後に営業部門統括に就任。2005年に人事本部設立とともに人事本部長に就任し2008年に取締役就任。現在は「採用・育成・活性化・適材適所」など人事全般を手がける。社外にもブログやソーシャルメディア、著書による情報発信や人材マネジメントや組織活性化等、幅広いテーマで講演・教育活動も積極的に行っている。近著に「クリエイティブ人事 個人を伸ばす、チームを活かす」(金井壽宏・神戸大学大学院教授と共著。光文社新書)がある。


曽山が答える人事の疑問

会社が急拡大する中で、さまざまな人事施策をリードし、挑戦的な企業風土をつくり上げてきたサイバーエージェント取締役の曽山哲人氏が、人事部門で働く方の疑問や悩みに答える。
 

「曽山が答える人事の疑問」

⇒バックナンバー一覧