ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書
【第14回】 2015年2月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
援川聡

1匹のコバエで全面的な製造中止!
追い詰められないための「リスク予測」と「クライシス対策」

1
nextpage

クレームを取り巻く環境がますます厳しくなる中、対応する側はどうすればいいのか? まず「予防」、そして「リスク予測」を行い、「クライシス対策」を立てておくことが、特効薬のないクレーム対応において、パニックに陥らず、窮地に追い込まれないために必要だ。

クレームに対する「特効薬」は見つからない

 私がクレームで困っている人の相談に乗るようになって、今年で20年。警察を退職後、大手流通業の警備指導を皮切りに、企業や店舗、病医院、学校、あるいは公的機関などでクレーム対応や危機管理に従事してきた。

 その間、ショッキングな出来事も目の当たりにしてきたが、いま改めて振り返ると「クレームの“本質”はなにも変わっていない」というのが実感である。

 たとえば、雪印乳業(当時)の乳製品による集団食中毒事件(2000年)は、食品業界を震撼させたが、それはさまざまな食品への「異物混入」が相次いで報じられたからでもある。なかには、1匹のコバエの混入が明るみに出たことで、全面的な製造中止に追い込まれたケースもある。これは、今回の異物混入騒動に酷似した「過剰反応」ではないだろうか?

 クレームを取り巻く環境は、改善されるどころか、ますます厳しくなっていると感じる。先行き不透明な日本では、漠然とした「不安」が「不満」として充満し、そのはけ口を求めてクレームになる。そして、それはインターネットを介して拡散する。しかし、クレームに対する「特効薬」は見つからない――。

 では、どうすればいいのだろうか? まず考えてほしいのが、クレームを「予防」することである。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
最新の科学でわかった! 最強の24時間

最新の科学でわかった! 最強の24時間

長沼敬憲 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
生物学、脳科学、医学で次々と解明されてきている、人間の心身を支配する生体リズムの仕組み。健康管理から勉強、ビジネスに至るまで、人間のあらゆる行動に存在している、それをするのに最適な時間を理解すれば、何事にも効率的かつ確実に目的を達成することが可能になる。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



援川聡 

 

(株)エンゴシステム代表取締役。 1956年広島県生まれ。79年大阪府警察官に。95年に大手流通業に転職、元刑事の経験を生かしてトラブルや悪質なクレームの対応にあたる。その適切で確実な「解決術」は高い評価を受け、業界団体の講師を務めるほどに。2002年に独立し、(株)エンゴシステムを設立。豊富な現場経験と独自のノウハウをもとに、リアルタイムで企業はじめ医療機関、役所等をサポート。講演・セミナーは年間100回以上、新聞・雑誌への寄稿、テレビ出演も多数。たたき上げの警察官・刑事経験と、販売現場での実務経験の両方をもつ、クレーム対応の第一人者。 著書に『クレーム処理のプロが教える 断る技術』(幻冬舎)、『クレーマーの急所はここだ! 超プロがついに明かす どんな問題もすべて解決』(大和出版)、『理不尽な人に克つ方法』(小学館)など。

 


現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書

「ふつうのお客様」が簡単にモンスター化する! インターネットの広がりなどによりクレームが悪質化する中、対応はマニュアル頼みだったり、その場しのぎだったりするのが現状で、まじめに対応しようとすればするほど墓穴を掘って心が折れてしまう人もいる。大阪府警に十数年、その経験を生かし民間企業に転職後、クレーム対応に20年近い実績をもつ第一人者が、最新刊の第1章から、どんな現場でも使える基本の行動原則を示す。

「現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書」

⇒バックナンバー一覧