ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

株主総会で改善策も出せない
マクドナルドのふがいなさ

週刊ダイヤモンド編集部
2015年3月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 3月25日、東京都内で日本マクドナルドホールディングスの株主総会が開催された。この日、出席した40代男性の株主は、「長年、マクドナルドの株を持っているが出席するのは初めて。今年は気になって来てみた」という。

3月25日に東京都内で開催された日本マクドナルドホールディングスの株主総会には、昨年より154人多い1237人が出席した
Photo by Ayako Suga

 それもそのはず。マクドナルドは昨年7月に中国産鶏肉の使用期限切れ問題が発覚、今年1月には異物混入事件と、消費者の信頼を次々と失い売上高が大きく低迷、2014年度は11年ぶりの赤字に転落した。

 経営陣の説明に注目が集まるのは必然で、出席者数は1237人と昨年より154人多かった。

 ところが、株主の期待は見事に裏切られることになる。

 まず、サラ・カサノバ社長による「ビジネス・リカバリープラン」が披露され、価格、メニュー、店舗の三つを重視する大枠が示されたが、「漠然としていてぴんとこなかった」(40代男性)という声が聞かれた。

身内からもノーの声

 さらに多くの株主をがっかりさせたのが、財政改善プランの策定が間に合わず、4月中旬に公表するとしたことだ。

 50代の男性は怒りをあらわにする。「株主総会は会社の最高意思決定機関のはず。あと3週間後に公表するとはどういうことなのか」。他の株主も「株主総会までに改善策を策定するのが経営陣の仕事だろう」と話した。

 60代の男性は、「今日の説明を聞いて駄目だと思った。カサノバ社長は、株主からの質問にも終始総論でしか答えない。各論は何もなかった。マクドナルドの株は売ることにしたよ」と言い残して、会場を後にした。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月28日号 定価710円(税込)

特集 劇変世界を解く 新地政学

世界史の大転換が始まる

【特集2】
銀行界も戦々恐々
コンビニATM戦争

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧