ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イノベーション的発想を磨く

販売台数を飛躍的に伸ばしたメルセデス・ベンツの「新しい売り方」

~『なぜ、メルセデス・ベンツは選ばれるのか?』(上野 金太郎著)を読む

情報工場
【第5回】 2015年11月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「最善を尽くさなければやる意味がない」がメルセデスの哲学

 「メルセデス・ベンツ」は、言わずと知れたドイツの高級車ブランドだ。10年以上前に、一度だけその乗り心地の良さを堪能したことがある。当時私が関わっていたインターネットサービスプロバイダの技術担当役員として、資金調達のための海外投資家巡りに参加した時のことだ。

『なぜ、メルセデス・ベンツは選ばれるのか?』 上野金太郎著
サンマーク出版
245p 1500円(税別)

 ドイツのフランクフルトで投資家向けにプレゼンをした後、翌日はオランダのアムステルダムにいる別の投資家を訪問する予定になっていた。その時に移動に使った車がメルセデス・ベンツだった。

 生まれて初めてドイツのアウトバーンを時速200キロを超えるスピードで走ったのだが、それほどの高速走行をしているようにはとても思えない、安定した乗り心地に感心した。

 資金調達のための投資家巡りという、経営上きわめて重要な仕事で使うのであれば、絶対に安全な車でなければならない。メルセデス・ベンツとはそんな時にこそ選ばれる車なのだと思う。

 本書の「なぜ、メルセデス・ベンツは選ばれるのか?」というタイトルを初めて見た時、私は、いかにしてベンツが高性能かつ頑丈で、安定した走りを実現しているのかが書いてあると思った。技術的な観点も含めて解説されているのではないかと想像したのだ。しかし、内容は少し違っていた。

 表紙に書かれた「The best or nothing」という英文のほうが本書の内容をよく表していると思う。この一文はメルセデスの創業者、ゴットリープ・ダイムラーの言葉だ。「最善を尽くさなければ意味がない」という意味であり、代々受け継がれてきた「メルセデスの哲学」でもある。その哲学を実践することこそが、メルセデス・ベンツがトップブランドとして、かつ日本という欧米とは少々様子が異なる市場でも選ばれる理由なのだろう。

 本書の著者のメルセデス・ベンツ日本代表取締役社長の上野金太郎氏は、1987年に創業間もないメルセデス・ベンツ日本に新卒採用一期生として入社した。その後、営業、広報、ドイツ本社勤務を経験し、社長室室長、商用車部門取締役、常務取締役、副社長と、多岐に渡る業務や役職を経験し、2012年に日本人初の代表取締役社長兼CEOに就任した人物だ。

 世界のトップブランドは、一般庶民には手の届かない遠い存在とイメージされてしまうことが多い。どうすればメルセデスが日本市場に、より親しみをもって受け入れられるのか。その答えを探すためにベストを尽くそう。答えが見つからなければ負ける。本書では、そんな危機感をもって仕事に臨んできた同氏が、これまでに遭遇したさまざまな困難をいかなる工夫で乗り越えてきたのか、具体的な経験談を交えて語っている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

情報工場

2005年創業。厳選した書籍のハイライトを3000字にまとめて配信する書籍ダイジェストサービス「SERENDIP(セレンディップ)」を提供。国内の書籍だけではなく、まだ日本で出版されていない、欧米・アジアなどの海外で話題の書籍もいち早く日本語のダイジェストにして配信。上場企業の経営層・管理職を中心に約6万人のビジネスパーソンが利用中。

浅羽登志也

情報工場シニアエディター。1989年、京都大学大学院修士課程修了後、リクルート入社。同社スーパーコンピュータ研究所にてインターネットに関する研究に従事。1992年、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)に創業メンバーとして入社。インターネット黎明期からサービス開発・技術開発に携わる。IIJは、日本で最初にインターネット接続の商用サービスを開始したインターネットサービスプロバイダで2006年12月東証一部上場。1999年、IIJ取締役、2004年より2009年までIIJ取締役副社長。2008年より2015年までIIJイノベーションインスティテュート代表取締役社長。2015年7月よりIIJフェロー。情報編集にも興味を持ち、2007年より松岡正剛氏主催のイシス編集学校で松岡流編集術を学ぶ。現在イシス編集学校の師範を務める。2010年に軽井沢へ転居。自然農法で、自家用の蕎麦や大豆を栽培中。

 


イノベーション的発想を磨く

経営戦略を描くヒントになる、イノベーションのヒントになる、マネジメント層のための知恵袋になる…。経営層・管理職に本当に役立つ書籍を厳選して紹介。

「イノベーション的発想を磨く」

⇒バックナンバー一覧