ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
部下をもつ人の職場の人間関係
【第6回】 2015年12月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
水島広子 [精神科医]

「機能するリーダー」は、アドバイスではなく教育をする

1
nextpage

最近、対人関係の問題などで心を病む人が増えています。会社は多くの人が集まる場所。そこには、上司や先輩、同僚、部下や取引先など、多くの人間関係が生じます。それらの関係は、いずれもストレス要因になり得ます。職場のストレスをなくし、働きやすい環境をつくるのは、現場を預かるリーダーの仕事のうち。本連載では、『部下をもつ人の職場の人間関係』を上梓した対人関係療法の第一人者で精神科医の水島広子氏が、職場のストレスをなくし、円滑な人間関係をつくるコミュニケーションのコツをアドバイス。第6回は前回に続いて、上手なファシリテーターになるためのポイントを解説します。

(2)アドバイスは避け
教育(専門的助言)をする

Q.先日、部下が仕事のことで相談に来ました。以前に私が担当していたクライアント先のことだったので、懇切丁寧に話をしました。「参考になりました」と言っていたのですが、その後、私がアドバイスしたことを仕事に活かしている節がありません。スルーされたようで、ちょっと腹立たしく思っています。こんなことでイラッとするのは、人間の器が小さいからでしょうか?

 アドバイスをした後に、それが実行されずイラッとするのは、人間としてはむしろ当然の反応だと思います。

 特に、器が小さいということはないでしょう。それは、アドバイスというものが、もともとそういう性質のものだからです。基本的に、アドバイスはおすすめしません。

 なぜなら、アドバイスには「現状ではだめだから、こういうふうにしたら?」という、現状否定のニュアンスが必ず含まれるからです。

 現状否定自体が相手を傷つけますし、アドバイスされた人が往々にして感じるのは、「それができるならとっくにやっているよ」「何も事情を知らないくせに」「そんなことはもうやってみたよ。それでだめだから相談しているのに」というような気持ちが多いでしょう。あまりポジティブな展開にはならないのです。

 熱心におすすめしたのに言う通りにしない、という姿を見てイラッとするとしたら、それは自分がアドバイスをしたという証拠です。

 ちなみに、アドバイス好きは「怖れのリーダー」です。相手には相手の事情がある、という「領域」概念がないからです。

アドバイスとは、ジャッジメントの押しつけ

 だからと言って何も助言しないのでは、進歩も遅れてしまうでしょう。それでは、上司や先輩として、ちょっと物足りない感じがします。

 また、部下本人にとっても、そのときの自分が本当に求める情報が得られれば、とても助かるはずです。

 そうすれば、仕事の効率も高まりますから、リーダーとしても嬉しい結果になります。ですから、何も助言せずに放置しておけばよいのか、と言うとそうではありません。

 おすすめしたいのは、アドバイスではなく教育(専門的助言)です。アドバイスが現状否定に基づいたものであるとすると、ここでいう教育とは、現状を肯定した上で必要な情報を伝える、という意味です。

 ある知識がないために、自責の悪循環に入り込んでしまう人は、決して少なくないからです。

 例えば、うつ病の人に、「自分が怠けていると感じるのは、病気の症状なのですよ。本当は一生懸命頑張っているのです。あなたはむしろ病気の被害者なのです」と伝えてあげることは、その人が引っかかっている悪いサイクルから抜け出すきっかけを与えます。

 これこそが、「機能するリーダー」の仕事です。

自分がしているのがアドバイスなのか、教育なのかを見分ける簡単なコツは、相手がその通りにしないときに、不快を感じるかどうか、です。

 アドバイスは、ジャッジメントの押しつけによるものと言えます。

 ですから、相手がその通りにしないときに、自分(の主観)が否定されたような気持ちになるのです。

 それが、アドバイスが聞き入れられない場合の不快です。もちろん、これは「怖れのリーダー」がたどる道です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


水島広子 [精神科医]

1968年東京生まれ。慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了(医学博士)。
摂食障害、気分障害、トラウマ関連障害、思春期前後の問題や家族の病理、漢方医学などが専門。「対人関係療法」の日本における第一人者。
慶應義塾大学医学部精神科勤務を経て、現在、対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)、国際対人関係療法学会理事、アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン(AHJ)代表、対人関係療法研究会代表世話人。
2000~2005年衆議院議員として児童虐待防止法の抜本的改正をはじめ、数々の法案の修正実現に尽力。
精神科専門医、精神科指導医(日本精神神経学会)、精神保健指定医、日本認知療法学会幹事、日本うつ病学会評議員、日本摂食障害学会評議員、日本ストレス学会評議員。心の健康のための講演や執筆も多くこなしている。
主な著書に『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)、『怒りがスーッと消える本』、『小さなことに左右されない「本当の自信」を手に入れる9つのステップ』、『身近な人の『攻撃』がスーッとなくなる本』、『大人のための『困った感情』のトリセツ』(以上、大和出版)、『十代のうちに知っておきたい 折れない心の作り方』(紀伊國屋書店)、『プレッシャーに負けない方法―「できるだけ完璧主義」のすすめ』(さくら舎)など、多数。


部下をもつ人の職場の人間関係

イライラ、ムカムカ、モヤモヤ、ウツウツ……。
仕事のストレスの多くは、職場の人間関係から生じます。
つまり、人間関係のコツをつかみ、その質を高めることができれば、ストレスの少ない、イキイキとした職場環境に生まれ変わります。
「対人関係療法」の第一人者が、効果的な社内コミュニケーションのコツをアドバイス。部下と上司のストレスをなくし、人間関係の悩みがスッキリ解消する秘訣とは。

「部下をもつ人の職場の人間関係」

⇒バックナンバー一覧