スマートエイジングライフ
男の食育 笠井奈津子
【第31回】 2016年1月11日
笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]

「炭水化物抜きダイエット」に失敗する人のNG行動

その食事、あまりにも偏っていませんか?

 久しぶりにスーツを着た仕事始めの日。ベルトの穴がいつも通りの位置でホッとしたけど、実はちょっときつい感じがしている…もしくは、明らかにベルトの穴がずれてしまった…という方もいらっしゃるかもしれません。

 新年を迎えたということもあり、「今年こそは痩せよう」と一念発起する方は多いものです。ダイエットに関する記事もよく見かけます。そこで考えるのは、どうやって痩せるか。

 「ダイエットをしよう」と思っても、カロリー制限は、実践することがなかなか難しいですよね。選ぶお店、選ぶ食べ物に必ずしもカロリーが記載されているわけではないですし、そうなると、“朝はヨーグルト、昼はそば”というように食べ物がルーティン化されがちです。

 その点、炭水化物抜きダイエットは実践しやすいダイエット法といえるかもしれません。あれこれ考えたり、調べたりする必要はなく、「ごはん、パン、麺は食べない」ようにすればいいので、ビジネスマンが多くチャレンジされるダイエット法だと感じます。

 でも、実際に行動に移そうとすると、“環境”によってはより難しさを感じることもあります。

フライドチキンだけ、牛皿だけ…
無理矢理な炭水化物ダイエットはダメ

 夜、誰かと一緒に居酒屋に行く分には、メニューを開けば選択肢がたくさんありますよね。でも、ランチタイムやひとりで行く夜の外食となると、職場や住居のエリアにおける飲食店の充実度によって、選択肢がかなり狭まってしまいます。

 炭水化物抜きダイエットをはじめたときに「食べるものがない」「行くお店がない」と思われる方は、日ごろ、食事における炭水化物の割合が非常に高いといえます。その場合、いきなり炭水化物を抜くことよりも、まずバランスの良い食事をする…つまり、“一品ものの食事から定食スタイルの食事に切り替える”“野菜が主体となる副菜を足す”ようにするだけでも、一定の成果は出ます。

 太った理由が「炭水化物の摂りすぎ」だけではなく、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの不足による代謝の低下も考えられる場合、糖質を控える以外にも取り組めることがあるからです。

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。最新の情報などはこちらへ。
著書には『甘い物は脳に悪い』『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』がある。
文化放送「オトナカレッジ・健康学科」に隔週木曜日出演中。詳しくはこちらから→オトナカレッジHP
ポッドキャスト「オトナカレッジ・聴く図書館」でも聴けます。番組紹介動画はこちら

 


男の食育 笠井奈津子

目、肩や腰の痛み、毛、お腹周り、ニオイ……。男も年を重ねれば重ねるほど、若い頃は気が付かなかった悩みに振り回されることになる。そんなとき、対策の1つになるのが「食」だ。しかし、男性が自分で正しいと思った対策するのには、注意が必要だ。実は思い込んでいる知識が勘違いであるばかりか、症状は悪化、さらに若さを一層失うことになりかねないからだ。この連載では、そんな「食」の知識に未だ乏しいミドル男性に対し、若い頃と変わらない身体を保ってもらう「男の食育」を行っていく。

「男の食育 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧