ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岩崎剛幸「新店、ウォッチ!!」

「東急プラザ銀座」は新たなランドマークになれるか

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]
【第23回】 2016年4月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

銀座が変わる

 銀座の数寄屋橋交差点に3月31日にオープンした新施設が東急プラザ銀座です。銀座エリアでも大型の施設の一つとなる同店は、世界でも有数のショッピング街に誕生しました。

 銀座にはもうすでにたくさんの施設があり、今さら店舗はいらないのでは?と感じる方もいることでしょう。

 しかし、銀座には今や世界中からたくさんの観光客がやってきます。商圏は日本だけでなく世界に広がっています。銀座がGINZAとして変化し始めているのです。

 東急はこの店舗を東急プラザの旗艦店舗と位置づけて、「オール東急」で施設開発を進めてきました。GINZAで東急プラザはどんなコンセプトを打ち出しているのか。東急プラザ銀座のコンセプトに注目するとこれからの消費トレンドが見えてきます。

銀座からGINZAへ

 数寄屋橋交差点に立つと東急プラザ銀座の建物の存在感を強く感じます。これまでの銀座にはなかったような、きらびやかにライトアップされた建物。外から見える、1Fから3Fまで直接続くエスカレーターは宇宙空間にでも行くかのような印象です。

施設外観 Photo by Takeyuki Iwasaki

 毎日25時までライトアップされるという店の外観はこれまでの銀座らしくない、どちらかと言うと新宿や六本木のようなイメージです。

 昔ながらの老舗が集まっている街というイメージを銀座と漢字で表現するとしたら、これからの銀座はまさに世界に向けて開かれたGINZA。ローマ字で表現したほうが適している街になり始めています。

 インバウンド客は相変わらず街を回遊し、夜も外国人旅行者が街を歩く姿をよく見かけるようになりました。すでにGINZAは買物をする場所だけではなく、遊ぶ場所、体験する場所、楽しむ場所へと変化しているのです。

 東急プラザ銀座のどのような点が、これからのGINZAを意識した施設だと言えるのでしょうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]

平成3年、株式会社船井総合研究所入社。現在、同社、上席コンサルタント。「戦略は思いに従う」を信条にファッションを専門分野として、現在では百貨店、アパレルメーカー、SPA専門店を中心としたアパレル、流通小売業のコンサルティングに従事している。現場支援と通算2,000回を超える講演活動により、情熱に満ち溢れた企業づくりにまい進している。テレビ出演、雑誌、新聞などへの執筆も数多く、コメンテーターとしての活動にも注目が集まっている。この数年のコンサルティングテーマは「永続するための企業ブランド戦略づくり」。社員が誇れる会社を作るためのコンサルティングに全力を注いでいる。
最新著の『超繁盛店のツボとコツがゼッタイにわかる本』や『コンサルタントの「お仕事」と「正体」がよーくわかる本ー本当のところどうなの? 本音がわかる! 仕事がわかる!』(共に秀和システム)などがある。

【関連サイト】「丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ」


岩崎剛幸「新店、ウォッチ!!」

リニューアル店舗、新店、新業態などの新しい商業施設に、街歩き・店歩き歴21年の岩崎剛幸・船井総合研究所上席コンサルタントが取材して、レポートする。岩崎氏はファッション業界や百貨店業界を専門分野にしており、鋭い視点が持ち味。商圏に与える影響や店としてのオモシロさ、新しさ、消費市場の流行のタネなどを探していく。

「岩崎剛幸「新店、ウォッチ!!」」

⇒バックナンバー一覧