ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
遅読家のための読書術
【第27回】 2016年4月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
印南敦史 [書評家・フリーランスライター]

書店派? 図書館派? 本の「どこで買う」問題

1
nextpage

数年前までは「1ページ5分」かかるほどの超・遅読家だったにもかかわらず、「ライフハッカー[日本版]」などに月60本近くのブックレビュー記事を寄稿する印南敦史氏。年間700冊ペースで読む彼は、どこでどのように本を入手しているのか?

新時代の読書術「フロー・リーディング」をまとめた『遅読家のための読書術』の内容をベースに、「読書スピードの遅さ」や「読書量の減少」に悩む人たちに役立つコンテンツをお届けしていく。

多読できる人だけのちょっと贅沢な悩み

 「ライフハッカー」で書評を書きはじめたのは2012年8月26日のことでしたから、かれこれ3年半も続けていることになります。根が不器用なもので、いまだに「これでいいのかな?」「これじゃだめかな?」みたいに悩みながら書いているものの、ある程度のペースはつくれてきただろうとは思っています。

思い起こせば、書きはじめた当初は困ることだらけでした。ウェブは更新頻度が重要なので、「土日祝日を除いて毎日更新」という条件がついていましたし、遅読にもかかわらず大量に本を読まなければならない。

おもに月刊の紙媒体で仕事をしてきた僕にとっては、ウェブのことはよくわからなかったし、読者像もつかめない。まさに真っ暗闇での手探り状態でした。

ただ、これらのハードルは僕のがんばり次第でなんとかなります。もう1つ、どうにもならない課題がありました。それは「読む本をどうやって手に入れるか?」ということ。

僕がレビュー記事を書くと、本がアマゾンでよく売れたりすると認知されてからは、いろいろな出版社の人が本を送ってくださるようになりましたが、当時まったく無名の駆け出し書評家だった僕に献本してくれる人など誰もいませんでした。だから自分で本を手に入れなければならなかったのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード  読書法
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



印南敦史(いんなみ・あつし) [書評家・フリーランスライター]

株式会社アンビエンス代表取締役。
1962年東京生まれ。広告代理店勤務時代に音楽ライターとなり、音楽雑誌の編集長を経て独立。
「1ページ5分」の超・遅読家だったにもかかわらず、ビジネスパーソンに人気のウェブ媒体「ライフハッカー[日本版]」で書評欄を担当することになって以来、大量の本をすばやく読む方法を発見。
その後、ほかのウェブ媒体「NewsWeek日本版」「Suzie」「WANI BOOKOUT」などでも書評欄を担当することになり、年間700冊以上という驚異的な読書量を誇る。
著書に『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)のほか、音楽関連の著書が多数。


遅読家のための読書術

「なんでこんなに読むのが遅いんだろう…」「以前はもっと本を読めていたのに…」というすべての人へ。積ん読、解消!! 月20冊があたり前になる。なぜ「1ページ5分」の遅読家が年700本以上の人気書評家になれたのか? 音楽を聴くように本を読む――さあ、「フロー・リーディング」の習慣をはじめよう。

「遅読家のための読書術」

⇒バックナンバー一覧