ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
元銀行マンの准教授が語る 「腹に落ちる」環境学

若者たちに蔓延する
日本への「あきらめムード」を乗り越えるには?

――戦争も経済も、まずは「語り継ぐ」ことから

見山謙一郎 [立教大学AIIC特任准教授/フィールド・デザイン・ネットワークス代表]
【第23回】 2010年8月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 8月15日、65回目の終戦記念日を迎えました。毎年この時期、テレビ各局では、第二次世界大戦にまつわる特集番組が組まれます。最近はバラエティ番組が多くなり、テレビを見る機会が減った私ですが、「歴史をあらためて知る」という意味で、家族でこうした特集番組を見ました。

 特に今年の夏は、家族で沖縄に旅行し、ひめゆり平和祈念資料館を訪れた直後ということもあり、娘たちも終戦の年に沖縄で起こった悲惨な出来事をより実感できたようでした。私自身も、ひめゆり平和祈念資料館に展示されたパネルや遺品、そして犠牲になった方の遺影などから、同じような年頃の娘を持つ親として、あらためて戦争の残虐さを感じました。

 資料館の中で特に印象に残ったのは、生存者の証言フィルムでした。動員されたひめゆり学徒と同じ年頃の私の娘たちや、見学に訪れていた美ら島沖縄総体に出場する高校生たちが、この証言フィルムにじっと見入っていたのがとても印象的でした。生存者が、自らが体験した悲惨な出来事を振り返り、語ることは、われわれには想像できないほど辛いことだと思います。

 事実、ひめゆり学徒の生存者は、戦場から生き残ったものの、亡き学友への痛恨の思いから戦後長い間戦争体験を語ることはなかったといいます。しかし、亡き学友の生きた証を残そうとする思いや、戦争の悲惨さを語り継ぎ、平和の尊さを後世に伝えようとする思いから、証言フィルムを残すことに応じたそうです。

 そしていま、この証言フィルムは、ここを訪れるひめゆり学徒と同世代の女子学生に強い印象を与えているのです。先人が自らの体験を、次代を担う若者たちに「語り継ぐ」ということの重要性をあらためて感じさせられました。

日本経済の成功体験を持たない
いまどきの若者世代

 私はいま、立教大学大学院での講義を担当するほか、非常勤講師として多摩大学経営情報学部で学部学生向けのゼミナールを担当しています。「21世紀型企業の経営戦略~政策と金融の視点から~」と銘打ったこのゼミでは、ビジネス的思考で物事を考える習慣や能力を身につけてもらうことを目的に、さまざまな社会問題(環境問題、雇用問題、地域格差問題、貧困問題など)の時事ニュースを材料に、ビジネス、政策、金融の視点を交え、学生と対話をしながらゼミを進めています。

 もちろん、大学教育の中で必要とされる一般常識や論理などの解説も行ないますが、ゼミということもあり、私自身の銀行員、社会人としての経験などが強く反映されていると思います。ある意味、私自身の経験を「語り継ぐ」ゼミと言えるかもしれません。一方、私自身も、多くのことを学生から学ばせてもらっています。

 私のゼミには、2年生から4年生まで、10名ほどの学生が所属しています。年齢で言えば19歳から22歳で、東西冷戦が終結し、バブル経済が崩壊、そして今日まで続く失われた20年の起点となる1990年前後に生まれた学生です。つまり、いまの学生が物心ついた時には、もはやソビエト連邦はなく、バブル経済の余韻もなかったのです。それどころか、失われた20年の中で育ったため、かつて日本が経済大国であったという、「日本経済の成功体験」というものを持っていない世代なのです。

 この点において、右肩上がりの経済成長の中で育ってきたわれわれ「バブル世代」とは大きな違いがあります。この「ゆとり世代」とも称されるいまの大学生と、われわれ「バブル世代」との違いですが、私自身が彼らと話をしていて感じることは、「成功体験の有無」と、「世の中の雰囲気の捉え方」に集約されるように思います。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

見山謙一郎 [立教大学AIIC特任准教授/フィールド・デザイン・ネットワークス代表]

1967年生まれ、埼玉県出身。90年立教大学法学部を卒業後、住友銀行(現三井住友銀行)に入行。05年立教大学大学院ビジネスデザイン研究科修了(MBA)。同年10月に三井住友銀行を退職し、Mr.Childrenの桜井和寿等が設立したNPOバンク(ap bank)に理事として参画。09年2月に株式会社フィールド・デザイン・ネットワークスを設立し、代表取締役に就任。企業や金融機関に対する戦略・企画コンサルティングを行う。専門は、循環型(環境)ビジネス、ソーシャルビジネス、BOPビジネス及びファイナンス。立教大学AIIC「立教グラミン・クリエイティブラボ」副所長。多摩大学経営情報学部非常勤講師。
☆ご意見・お問合わせはこちら  ☆Twitterアカウント:ken_miyama


元銀行マンの准教授が語る 「腹に落ちる」環境学

ちまたにあふれる環境ニュースやキーワードの数々。近年のエコブームで「地球にやさしい」というところで思考停止してしまい、その本質を理解できていない人は意外と多い。当連載では、国やメディアに先導されたままの環境キーワードを取り上げ、「論理」と「感性」の両方を満たす、真の環境リテラシーについて考える。

「元銀行マンの准教授が語る 「腹に落ちる」環境学」

⇒バックナンバー一覧