ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

「1万部でベストセラー入り」の中国で
稲盛和夫の著作が異例の27万部の大ヒット

週刊ダイヤモンド編集部
2010年8月26日
著者・コラム紹介バックナンバー

 「1万部売れればビジネス書としてはベストセラー」と言われる中国で、日本人経営者による書籍が27万部の大ヒットを記録している。稲盛和夫氏(京セラ名誉会長)の『生き方』(サンマーク出版)がそれだ。

 中国人の平均所得は月収3万円程度。そうしたなかで「生き方」は26元(約400円)で販売されていていかにも高いだけに、まさに「異例の大ヒット」といえる。

 「生き方」といえば、日本では04年8月に発売されて以降、現在までに発行部数75万部を達成しているロングセラー本。海外では、韓国、台湾、米国、メキシコ、ブラジルなど世界9カ国で翻訳され、中国では08年に発売された。

 なぜ中国で売れているのか。稲盛氏が塾長を務める勉強会「盛和塾」事務局の池田成男氏によれば、稲盛氏が中国で注目され始めたきっかけは2007年、米フォーチュン誌の「世界の大企業ランキング500社」において、稲盛氏が設立した京セラ、KDDIの2社が同時にランクインしていたことだった。

 また、中国を代表する実業家・アリババCEOのジャック・マーが、「師と仰いでいることが有名になった」(中国の出版社関係者)ことも人気に拍車を掛けた理由の一つだ。

 北京3大書店の1つ、中関村図書大廈をのぞいてみると、エスカレーターを上がってすぐ、2階のベストセラーコーナーには、他の著作を含めた“稲盛本”がズラリと並び、棚の大半を占めているほどだ。

 人気は著作だけにとどまらない。今年6月には盛和塾が中国・北京に進出。11日から12日にかけて北京の国際会議センターで行われた勉強会には、日本の企業家250名が参加したのに対し、中国企業家の参加者は950名に達した。勉強会終了後には稲盛氏との写真撮影やサインを求める人が殺到し、「まるでアイドルが囲まれているような騒ぎになった」(池田氏)というから驚きだ。

 「生き方」の中国版タイトルは「活法」。稲盛氏の別の著作も、シリーズとして販売。たとえば、『成功への情熱』(PHP研究所)は『活法2』、『人生の王道 西郷南洲の教えに学ぶ』(日経BP社)は『活法3』と題して、それぞれ8万部、10万部と部数を重ねている。稲盛ブームはとどまるところを知らないといえそうだ。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 池田光史)

週刊ダイヤモンド

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧