ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

やがて来る年金基金における資本形成の不足

上田惇生
【第208回】 2010年8月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社刊
【絶版】

 「個人にとって、年金基金へ拠出した金は貯蓄である。しかしそれは、社会にとっての資本形成ではない。移転支出にすぎない。就業者の購買力を退職者に移転させたにすぎない」(『見えざる革命』)

 年金基金は、これまで資本形成を行なってきたし、これからもしばらくは資本形成を行なっていく。年金として払う額よりも、入ってくる額のほうが多いからである。この差額は、そのまま投資資金として使われる。

 しかし、いかなる年金基金といえども、やがて収入と支出が均衡する。基金設立時には最若年だった加入者も退職年齢に達し、年金を引き出す側に回る。

 ドラッカーは、やがて年金基金が、資本形成に対してマイナスの影響を与えるようになるという。

 こうして加入者が歳をとり、年金を受給するようになると、年金基金は将来のキャピタルゲインよりも、今日の現金収入を必要とするようになる。かくして年金基金は、企業に対して資本形成よりも配当を要求するようになる。

 ということは、資本形成を罰することは、膨大な退職者を扶養しなければならない年金社会では許されないぜいたくと化す、ということである。

 「就業者の疑似貯蓄によってその消費をまかなわれる退職者は、増加の一途をたどる。その結果、年金給付の総額が増加し、いわば逆貯蓄というべき現象が始まる。だが今日、この逆貯蓄を埋めるための資本形成の方法について、真剣に検討されることはほとんどない」(『見えざる革命』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧