ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

節約がカッコいい!
中国都市部の若者「80后(パーリンホウ)」の
間に広がる新しい波

山谷剛史 [フリーランスライター]
2010年9月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

中国の消費を牽引してきた20代に、節約はカッコいいという新しいムーブメント生れつつある。節約上手の若者は「コウコウ族」「酷コウ族」と呼ばれている。こうした行動変化は若者の消費行動に、どういう影響をもたらすのだろうか。

緑色中国と有名人が創り出した
節約はカッコいい

 まさに今の中国の消費を牽引する世代として、中国国内はもとより日本でも1980年代生まれ、つまり20代の「80后(パーリンホウ)」という世代が注目されている。

 大都市に住む彼らは、両親や親族の財力をバックに消費を満喫している世代ではあるが、一方で、節約上手、買い物上手の若者がカッコいいと思い始めている。給料を使い切るほど消費を楽しむ若者は、インターネット上で「月光族」と呼ばれており、後者の節約上手の若者は「コウコウ族」「酷コウ族(※)」と呼ばれ(両者の意味・使われ方に違いはない)、その単語の出現頻度は日に日に増えている。(※コウは手偏に区)

 もともと中国都市部の20代は、誰もが節約しないわけではない。日本のようにブックオフのような中古市場や100円ショップといった激安商品が市民権を得ているわけではなく、そういった節約術はないものの、以前から値引きクーポンが人気(第199回参照)である。とはいえそうしたライフスタイルをよしとしない空気があった。

 ところが、「クール」「格好いい」という意味の「酷」の字が入った「酷コウ族」という言葉が登場するあたりからも察することができるように、節約家に対する風あたりがぐっと変わりつつあるのが現状である。

 最近になって一部の節約の常識が、中国都市部の20代の常識にまでなったのはいくつか要因がある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山谷剛史 [フリーランスライター]

日本人の立場から中国のIT事情を紹介する。執筆の他、講演も行う。著書に「新しい中国人 ネットで団結する若者たち」(ソフトバンク新書)


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧