橘玲の日々刻々 2020年8月13日

コスト削減で確実に利益を出し続けるため
「人間倉庫」と化したアメリカ民営刑務所の実態
【橘玲の日々刻々】

『13th -憲法修正第13条』は2016年のドキュメンタリー映画で、「アメリカの人口は世界全体の5%にすぎないにもかかわらず、アメリカ人受刑者は世界全体の受刑者数の25%を占めている」というバラク・オバマ前大統領の発言から始まる。

 現在、アメリカの収監人口は200万人(仮釈放や出廷待機を含めると700万人)に達しており、黒人は全人口の15%を下回るが囚人の40%を占める。2001年には35歳から44歳の黒人男性の22%が収監経験を持ち(ヒスパニック男性は10%、白人男性は4%)、投獄率が変化しないとするといずれ黒人男性の3人に1人が刑務所に収監されると予想されている(ヒスパニック男性は6人に1人、白人男性は17人に1人)。「合衆国憲法修正第13条」は奴隷制廃止条項で、公民権運動で人種差別はなくなったはずなのに、いまも黒人は「事実上の奴隷」のままだと映画は告発する。

 アメリカにおける「大量収監」はどんな事態になっているのか。そんな興味で手に取ったのがシェーン・バウアーの『アメリカン・プリズン 潜入記者の見た知られざる刑務所ビジネス』(東京創元社)だ。

アメリカでは訴訟リスクなどにより調査報道が困難になっている

 中東でフリーのジャーナリストとして働いていたバウアーが民営刑務所に興味をもったきっかけは、自らがイランの刑務所に収監されたことだった。友人とシリアのダマスカスからイラクのクルド人自治区に行き、観光地周辺をハイキングしているときにイランとの国境に近づきすぎて国境警備隊に逮捕され、独房に入れられ数カ月にわたって尋問されたのだ。4カ月後に友人と同じ房に移されたが、釈放されるまで2年2カ月かかった。

 解放後、バウアーは心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しみ、「突然、混みあった場所にいられなくなることもあれば、部屋にひとりでいるのが苦しくて耐えられなくなることもあった。毎晩のように刑務所に連れもどされる夢を見た」という。

 そんなとき、アメリカの刑務所でハンガー・ストライキが起きていることを知る。「カリフォルニアのペリカン・ベイ刑務所だけで500人以上が、10年以上にわたって穴倉で過ごしている。そのうち89人は20年以上の独房暮らしであり、ひとりなどはその期間が実に42年にわたっていた」という状況に衝撃を受けたバウアーは、自らの収監体験に整理をつけようと囚人たちと手紙のやりとりをするようなった。

 こうしてバウアーは、民営刑務所の潜入取材を思いつく。アメリカではおよそ13万人が民営刑務所に収監されている。問題は、こうした調査報道がいまではきわめて困難になったことだった。

 かつては、「狂気をよそおって女性専用精神病院に強制入院させられるように仕向け、その10日間の経験を発表した」ジャーナリストや、「サンフランシスコのバーを買って記者を店員として置き、隠しカメラを設置して、どんな不正も20ドルの賄賂で見逃す腐敗した検査官の所業を暴いた」新聞社があった。1990年代後半には、ニューヨークのシンシン刑務所で刑務官として働いた記録が本になっている(バウアーが民営刑務所を取材対象にしたのは、州刑務所の調査報道の先例があったからだ)。

 だが1992年、スーパーマーケット・チェーンが傷んだ肉をパックしなおして売っている事実をテレビ局が暴いたとき、スーパー側は採用応募書類の虚偽記載と、割り当てられた業務(傷んだ肉をパックしなおすこと)の遂行を怠った不法行為で記者を訴え、550万ドルの損害賠償を請求した。この裁判で陪審員がスーパー側の主張を一部認めた(賠償金は2ドルに減額された)ことで、内情暴露系の報道はしばらく下火になった。現在ではあらゆる仕事で秘密保持契約を結ばなくてはならなくなり、それに“悪口禁止”条項や雇用主保護規定などが加わって、訴訟リスクはさらに高くなった。

 バウアーが潜入したのはコレクション・コーポレーション・オブ・アメリカ(CCA)という民営刑務所大手のルイジアナの刑務所で、本名を使用し、「自分のことを何もかも明かす必要はないが、決して嘘はつかない。誰かにジャーナリストなのかと訊かれたらそうだと認める」と決めて応募したところ、かんたんな面接だけであっさり採用が決まった。面接官は時給が9ドルだと告げたあと、「狩猟や釣りは好き?」とバウアーに訊いた。刑務所は国立森林公園のなかにあり、好きなだけアウトドアのレジャーが楽しめるのだという。その後、オクラホマ州の刑務所とアリゾナ州の移民収容センターからも採用したいとの連絡が届いた。

刑務官は平均で約3分の1がPTSDになり、自殺率は一般市民の2.5倍

 ルイジアナ州のバトンルージュから車で北に3時間のところに、人口4600人のウィンフィールドの町がある。「朽ちかけた木造家屋が並び、つながれた一匹の犬と洗濯かごをかかえたやつれた顔の白人女性ひとり以外誰もいない通り、仕事帰りのドライバーに発泡スチロールのコップに入ったダイキリを出すかつてのメキシコ料理店、南北戦争の将軍の名前が見出しに踊る地元紙の束、ガソリンスタンドの外の歩道で1セント硬貨を拾っている黒人女性……」と描写されているうらぶれた町だ。ウィンフィールドは世帯の38%が貧困ライン以下で、世帯収入の中央値は2万5000ドルしかない(2018年のアメリカの平均世帯収入は6万3179ドル)。

 バウアーが働くことになる「ウィン矯正センター」は町の中心部から21キロ離れたキサッチナー国立森林公園の中にある。入口を入ると研修室と管理棟があり、食堂、体育館、医務室、面会室などのある区画の奥に5つの刑務所棟が通路に沿って並んでいる。一般囚棟は最大352人が収容でき、中央に“キイ”と呼ばれる八角形のコントロール室があって、そこから4方向に細長い建物が伸びている。

 それぞれの建物には最大44人を収容する大部屋の雑居房が2区画あり、各区画の前方部分に樋型の小便器と腰かける便器がふたつ、洗面台がふたつある。その隣には高さ90センチの壁で仕切られたシャワーが2基。向かいには電子レンジ、電話、Jペイと呼ばれる機械が置かれている。Jペイというのは、「携帯音楽プレイヤーに曲をダウンロードしたり、1通30セントほどで短い電子メールを(検閲のうえで)送ったりすることができる」有料の通信端末のようだ。各区画にはテレビ室もあり、平日の昼12時半には人気番組を見るために受刑者が詰めかける。それぞれの受刑者に与えられているのは、薄いマットレスの敷かれたベッドと金属製のロッカーだけだ。

 研修初日にバウアーといっしょだったのはレイノルズという19歳の黒人で、すでに赤ん坊もいるという。「不安なのか?」と訊かれ、「ちょっとね。君は?」とバウアーが訊き返すと、「全然。慣れてるから。殺しも見てきたしな。俺のおじさんは3人殺した。兄貴といとこも刑務所に入ってる。だから不安じゃない」とのこたえが戻ってきた。それ以外の4人の研修生は元ウォルマートの店長、看護師、マクドナルドで11年働き、数年軍務についたあと復職したシングルマザー、元郵便局員だった。

 研修では教官から、受刑者が反抗したときの制圧の仕方のほかに、「受刑者とセックスしないこと(破った場合は罰金1万ドルか“重労働10年”の刑)」をきびしく指導され、「自殺したくなったり、家族と喧嘩ばかりするようになったら電話すべきホットラインの番号が書かれた冷蔵庫用のマグネット」が配られた。3回までなら無料でカウンセリングが受けられるという。

 教官によると、刑務所では男でも女でも、セックスの落とし穴にはまる者が驚くほど多い。結婚していたり、恋人がいたりしても、受刑者から手紙を渡されたり、見た目をほめられたりといったアプローチを受けて、いいくるめられてしまうのだ。 

 「ある女性刑務官が厨房でひとりの受刑者と関係を持つようになった」と教官はいった。「すると、厨房で作業をしているべつの受刑者が“あいつがやっているんだから俺もやりたい”と言い出した。女性刑務官は告げ口されるのを恐れ、そのふたり目の受刑者ともセックスするようになった。すると3人目の受刑者が“あいつともあいつともやってるんだから、俺にもやらせろ”と言いはじめた」

 しばらくすると、10人前後の受刑者が彼女とセックスするようになっていた。その10人が喧嘩になったことで情事が発覚したのだという。

 自殺予防のための電話相談が必要なのは、平均で約3分の1の刑務官がPTSDになるからだ。これはイラクやアフガニスタン帰りの兵士よりも多い。刑務官の自殺率は平均すると一般市民の2.5倍で、自殺しなかった者も平均寿命より約10年も早く死んでいるとの調査結果もある。


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。