ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
DHBRオンライン
RSS
「DHBRオンライン」の全記事一覧
  • マルチタスクをやめる方法と、やめるべき理由 

    [2013年04月24日]
    複数の作業を同時にこなすと、仕事の効率は上がるのか――賛否両論のこの問題を、ブレグマンが複数の研究と自身の経験をふまえて論じる。マルチタスクとは、実は作業を瞬時に切り替えているだけの「スイッチタスク」であるという。

  • タマラ・J・エリクソン 経営思想家トップ50:第33位

    [2013年04月24日]
    「最も影響力のある経営思想家」トップ50人を隔年で選出する、Thinkers50という取り組みがある。このランキングは経営思想界のアカデミー賞とも言われ、過去にはドラッカーやポーターが1位に就いている。2011年のトップ50人を、50回にわたり紹介していく。第33位はタマラ・J・エリクソン。

  • ジョン・コッター 経営思想家トップ50:第34位

    [2013年04月23日]
    「最も影響力のある経営思想家」トップ50人を隔年で選出する、Thinkers50という取り組みがある。このランキングは経営思想界のアカデミー賞とも言われ、過去にはドラッカーやポーターが1位に就いている。2011年のトップ50人を、50回にわたり紹介していく。第34位はジョン・コッター。

  • テクノロジー企業とショウジョウバエの共通点 

    [2013年04月23日]
    テクノロジー産業は不確実性が高く、繁栄がごく短期間で終わることは珍しくない。イノベーションの盛衰に飲まれず生き残っていくためには、何が必要だろうか。不確実な環境下での戦略を専門とするマグレイスは、テクノロジー企業のライフサイクルを4つの段階に分けてそれを説明する。

  • 不況期こそ、グリーン化に取り組む好機である 

    [2013年04月22日]
    サステナビリティ活動の本質は、終わりなき改善である。それを高邁な理想と捉えるよりも、小さなことの積み重ねと捉えるほうが現実的ではないだろうか。どの企業でも今すぐに、無料でできる「グリーン化」の取り組みを紹介する。

  • エイミー・C・エドモンドソン 経営思想家トップ50:第35位

    [2013年04月22日]
    「最も影響力のある経営思想家」トップ50人を隔年で選出する、Thinkers50という取り組みがある。このランキングは経営思想界のアカデミー賞とも言われ、過去にはドラッカーやポーターが1位に就いている。2011年のトップ50人を、50回にわたり紹介していく。第35位はエイミー・C・エドモンドソン。

  • 「環境リーダーシップ」が未来を拓く 

    [2013年04月19日]
    人々が環境負荷について真剣に考え始めたのは、比較的最近であるとゴールマンは言う。サステナビリティの取り組みで他をリードする企業でも、「エコの力」で市場を圧倒するまでには至っていない。つまり今なら、サステナビリティを先行優位にまで高めることができる。そのために必要となるのは、超長期的視野を持つリーダーであるとゴールマンは述べる。

  • イノベーターは悩むものである 

    [2013年04月19日]
    イノベーションのプロセスにおいて悩みはつきない。かつてロザベス・モス・カンター教授は「途中では、何もかもが失敗に思える」という「カンターの法則」を生み出した。これにめげてはいけない。乗り越えるためのヒントを紹介したい。

  • ヨーナス・リッデルストラレ
    シェル・ノードストレム 経営思想家トップ50:第36位

    [2013年04月19日]
    「最も影響力のある経営思想家」トップ50人を隔年で選出する、Thinkers50という取り組みがある。このランキングは経営思想界のアカデミー賞とも言われ、過去にはドラッカーやポーターが1位に就いている。2011年のトップ50人を、50回にわたり紹介していく。第36位はスウェーデンの2人組。

  • CEOに必要な勇気 

    [2013年04月18日]
    例外や異端となることを嫌い、同調圧力に荷担し、屈する――これは日本固有の文化的弊害などでは決してなく、多くの米CEOたちも同様であるという。組織行動論の権威フェッファーは「勇気」というシンプルな言葉を用いて、リーダーに必要な資質を語る。

  • 成功するチームに欠かせないもの 

    [2013年04月18日]
    公衆電話と人間の最大の違いは何か。ナイアの視点から言えば、「金銭が原動力となるか否か」ということになる。お金を入れさえすれば機能する前者とは違い、人の原動力は金銭以外の3つの要素であるという。

  • 企業変革の2つのモード(その5)
    「創造的破壊」と言うけれど 

    [2013年04月18日]
    「創造的破壊」は企業変革でよく出てくる言葉だが、これほど「言うは易く、行うは難し」の仕事はない。そもそも「創造」と「破壊」は逆のベクトルである。とりわけ破壊が困難なのは、なぜだろうか。

  • ハワード・ガードナー 経営思想家トップ50:第37位

    [2013年04月18日]
    「最も影響力のある経営思想家」トップ50人を隔年で選出する、Thinkers50という取り組みがある。このランキングは経営思想界のアカデミー賞とも言われ、過去にはドラッカーやポーターが1位に就いている。2011年のトップ50人を、50回にわたり紹介していく。第37位はハワード・ガードナー。

  • “スーパーテンプ”は日本に根づくか 

    [2013年04月17日]
    DHBRの最新号はキャリア特集。その中で紹介されている「スーパーテンプ」という働き方が興味深い。ハイクラス人材がプロジェクト毎に雇われて企業に変革を起こす。こういう雇用形態が日本に根づいたら、大企業の変革も進むかもしれない。

  • ヘンリー・チェスブロウ 経営思想家トップ50:第38位

    [2013年04月17日]
    「最も影響力のある経営思想家」トップ50人を隔年で選出する、Thinkers50という取り組みがある。このランキングは経営思想界のアカデミー賞とも言われ、過去にはドラッカーやポーターが1位に就いている。2011年のトップ50人を、50回にわたり紹介していく。第38位はヘンリー・チェスブロウ。

  • 無策こそ、最上の策となりえる 

    [2013年04月17日]
    これから何をすべきか、わからない――卒業、転職、引退など人生の転機を迎える時、こんな不安を抱えることは誰しもあるだろう。先が見えないのは自分の計画不足のせいだ、と自責の念にかられる人もいるかもしれない。しかしブレグマンは、4つの要素さえふまえていれば、将来について無計画でもかまわないという。

  • オープンで、自由で、魅力的な組織をつくるには 

    [2013年02月26日]
    ゲイリー・ハメル教授がディレクターを務める「マネジメント・イノベーション・エクスチェンジ」(MIX)は、新時代のマネジメントを再発見するためのオープン参加型プロジェクトだ。2011年12月~2012年2月にかけて、官僚的組織を変革するアイデア・コンテストが開かれた。開催に先立ち、ハメル教授はブログで参加者を募集した。その呼びかけには、いまマネジメント変革で最優先すべき課題が如実に表れている。

  • 新しいCEO像とは? 

    [2013年02月21日]
    企業における価値創造の主役は誰だろうか。昔は組織を指揮し先導する経営陣だったのかもしれないが、いまは違う。価値創造の現場は前線にあるのだ。では、新たな「CEO」の定義と役割は何だろうか。

  • 「制度先行」の落とし穴 

    [2013年01月31日]
    新しい制度を導入しても、「運用がついていかない」という問題が多々拝見させる。この原因はすべての問題を制度で解決しようとする発想にある。問題が発生したら、制度づくりを考える前に優先してやるべきことがあるのだ。

previous page
119
ハーバード・ビジネス・レビュー
オトバンク

コンテンツワークス

知っておきたい価値ある情報 ダイヤモンド・オンラインplus