仮想通貨へデラ(HBAR)とは?特徴や価格動向、将来性を徹底解説!

ヘデラ(HBAR)は、公開分散型台帳(public distributed ledger)として機能し、高速かつ安全な取引を実現している。

ヘデラの合意形成と高速性、安全性、低コストという特徴は、次世代の分散型台帳として注目を集めている。

仮想通貨(暗号資産)ヘデラ(HBAR)は、ヘデラネットワーク内のネイティブトークンとして機能し、手数料の支払いやガバナンスなどに使用される。

この記事では、ヘデラの特徴、最新の価格動向、将来性などについて詳しく解説する。

この記事の要点
  • 仮想通貨(暗号資産)ヘデラ(HBAR)は、ヘデラネットワークのネイティブトークンとして機能する
  • ヘデラはハッシュグラフの発明者であるLeemon Baird氏によって設立された
  • ヘデラはスマートコントラクト、ネイティブトークン発行と管理、DApps開発のためのサービスを提供する
  • 仮想通貨取引を始めるなら、国内大手取引所のSBI VCトレードが利用できる

「仮想通貨のステーキングに興味がある」という人もいるだろう。国内仮想通貨取引所のSBI VCトレードは、ステーキング対象銘柄が国内最多の12銘柄を誇り、豊富な選択肢を提供している。

SBI VCトレード
出典 SBI VCトレード

「これからステーキングを始めたい」という人はSBI VCトレード公式サイトをチェックしてみてほしい。

目次

仮想通貨ヘデラ(HBAR)とは?

名称 Hedera
ティッカーシンボル・通貨単位 HBAR
発行上限* 500億HBAR
価格* ¥17.75
時価総額* ¥634,196,353,644
時価総額ランキング* 27位
取扱のある主な仮想通貨取引所 SBI VCトレード
Binance
OKX
公式サイト Hedera公式サイト
*2024年5月23日時点、CoinMarketCap調べ

ヘデラ(HBAR)は、公開分散型台帳(public distributed ledger)として機能し、高速かつ安全な取引を実現している。

ヘデラはハッシュグラフの発明者で、DLT(Distributed Ledger Technology)分野における研究者としても知られるLeemon Baird氏によって設立され、2019年にメインネットがローンチされている。

ヘデラネットワークは、Solidityベースのスマートコントラクト、ネイティブトークン発行と管理、分散型アプリケーション (DApps) 開発のためのサービスを提供する。

仮想通貨ヘデラ(HBAR)は、ヘデラネットワーク内のネイティブトークンとして機能し、手数料の支払いやガバナンスなどに使用される。

HBARの最大供給量の上限は500億HBARである。HBARの価格は、2024年5月23日現在、約17.75円であり、時価総額は約6,341億円である。時価総額ランキングでは27位に位置している。

仮想通貨ヘデラ(HBAR)の特徴

ヘデラ(HBAR)は、Solidityベースのスマートコントラクト、ネイティブトークン発行と管理、分散型アプリケーション (DApps) 開発のためのサービスを提供する。

ここからは、そんなHBARの特徴について詳しく見ていこう。

ヘデラには、主に次のような特徴がある。

仮想通貨ヘデラ(HBAR)の特徴
  • ハッシュグラフを採用
  • 安全性、効率性に優れた分散型アプリケーション (DApps)の構築・運用が可能

ハッシュグラフを採用

ヘデラは、その創設者であるLeemon Baird氏によって開発されたハッシュグラフという独自のコンセンサスアルゴリズムを採用している。

このハッシュグラフは、高い処理速度とエネルギー効率を実現する。一つのシャード(ネットワーク内のノード間で完全に接続されたピアツーピアのメッシュ)で、1秒あたり数十万のトランザクションを処理することが可能で、従来のブロックチェーンと比べて大幅な高速化を実現している。

ハッシュグラフは、伝統的なプルーフ・オブ・ワーク(proof-of-work)ブロックチェーンとは異なり、次のブロックを選択する単一のマイナー(ノード)を選択するのではなく、ハッシュグラフを実行するノードのコミュニティが台帳に追加するトランザクションについて合意を形成する。

これにより、プルーフ・オブ・ワークに比べて高い処理速度とエネルギー効率の向上を実現している。


安全性、効率性に優れた分散型アプリケーション (DApps)の構築・運用が可能

ヘデラネットワークは、上述したハッシュグラフを含む、以下の3つのサービスを提供することにより、安全性、効率性に優れた分散型アプリケーション (DApps)の構築・運用が可能である。

ヘデラネットワークの提供するサービス
  • Solidityベースのスマートコントラクト
  • ネイティブなトークン化
  • ハッシュグラフ

Solidityベースのスマートコントラクト

スマートコントラクトとは、取引や契約を自動化するためのプログラムのことを指す。ヘデラはプログラミング言語にSolidityをサポートしている。

Solidityは、スマートコントラクトを作成するためのプログラミング言語で、Ethereumブロックチェーンで広く使用されているため、開発者は既存の知識とツールを活用して容易にヘデラネットワーク上でスマートコントラクトを作成できる

ネイティブなトークン化

ヘデラネットワークが提供するネイティブなトークン化とは、物理的な、あるいはデジタルな資産をブロックチェーン上のトークンに変換することを指す。

ヘデラネットワークでは、ユーザーが自身のトークンを作成し、それをネットワーク上で交換することができる。これにより、ユーザーは目的に合わせてカスタマイズされたトークンを使用することが可能だ。

ハッシュグラフ

ヘデラネットワークは、ハッシュグラフによる合意形成を採用している。これにより分散型アプリケーションがネットワーク全体で一貫性を維持することができる

ヘデラネットワークは、これら3つの仕組みにより分散型アプリケーションの構築と運用を安全かつ効率的に行うことができる。

仮想通貨ヘデラ(HBAR)の価格動向

ここからは仮想通貨ヘデラ(HBAR)の価格動向を見ていこう。以下に示すのは、2022年10月13日から2024年5月23日までのHBAR/USDチャートだ。

出典 TradingView

仮想通貨ヘデラ(HBAR)の価格は、2024年5月23日現在、0.11ドル付近で推移している。ヘデラの価格は、2022年から2024年の1月までは、0.03ドルから0.09ドルの間で推移していた。

2024年4月に入り、仮想通貨市場全体が上昇傾向を示す中、ヘデラの価格も上昇し一時0.18ドルを超える高値を記録した。高値を記録して以降は、売り買いが交錯した状況が続いていた。

2024年5月現在、ヘデラの価格は上昇傾向を見せているが、今後は仮想通貨市場全体の価格動向により、ヘデラの価格も影響を受ける可能性がある

「仮想通貨をこれから本格的に取引してみたい」という人もいるだろう。取扱銘柄が多い取引所として知られるSBI VCトレードなら、23種類(2024年5月時点)の仮想通貨の中から自由に取引できる。

SBI VCトレード
出典 SBI VCトレード公式サイト

まだ口座を持っていないという人は、この機会にSBI VCトレード公式サイトをチェックしてみてほしい。

仮想通貨ヘデラ(HBAR)の将来性

ヘデラ(HBAR)は、その創設者であるLeemon Baird氏によって開発されたハッシュグラフという独自のコンセンサスアルゴリズムを採用している。ここからは、そんなヘデラの将来性を考察してみよう。

仮想通貨ヘデラ(HBAR)の将来性
  • 多くの導入事例がある
  • ネットワークの安全性と信頼性を確保している

多くの導入事例がある

ヘデラ(HBAR)は、高速処理や低コスト、高いエネルギー効率といった特徴を持っており、多くの投資家や企業から注目を集めている。

また、GoogleやIBMといったテクノロジー企業をはじめ、金融機関、エネルギ企業など、幅広い分野でヘデラネットワークの導入事例が存在する

さらに、スタートアップ企業や政府機関の導入も進んでいる。このことは、ヘデラネットワークの技術的な特性と将来性が評価されていることを示している

ネットワークの安全性と信頼性を確保している

ヘデラ(HBAR)は、ネットワークの安全性と信頼性を確保するために、ガバニングカウンシル(Governing Council)という組織を採用している。

ガバニングカウンシルのメンバーは多様な組織で構成され、ヘデラネットワークの完全性を確保し、ユーザーを保護する役割を果たす

メンバーは、ヘデラネットワークのガバナンスに参加し、ヘデラネットワークのノードをホスト(コンピュータをネットワークに接続し運用)し、維持するという役割を担っている

ネットワークのノードをホストし維持することは、ネットワークの分散性、安全性、信頼性を高めることにつながる

このような役割を持つメンバーが存在するガバナンスモデルが機能することは、ネットワークの健全な発展につながる。

仮想通貨ヘデラ(HBAR)の注意点/リスク

ヘデラ(HBAR)は、高速処理や低コスト、高いエネルギー効率といったメリットを持っているが、その一方で注意点やリスクも存在する

ここからは、そんなヘデラの注意点やリスクについて詳しく解説する。

証券化リスクがある

ヘデラのガバニングカウンシルのメンバーは多様な組織で構成され、ヘデラネットワークの完全性を確保し、ユーザーを保護する役割を果たす。

このようなガバナンスモデルは、安全性と信頼性を高めるというメリットがある一方で、規制当局から中央集権的であると解釈される可能性がある

規制当局から分散型でなく中央集権的と見なされた場合、各国が定める証券法に抵触する恐れがある。そのため、仮想通貨ヘデラ(HBAR)が証券として分類され、証券法の下で規制される可能性があるので注意が必要だ。

予見できない問題の表面化

ヘデラネットワークは、2019年にメインネットがローンチされた比較的新しいネットワークである。そのため、将来的に予見できない脆弱性や技術的な問題が表面化する可能性がある

投資を検討する際は、ヘデラに関する最新動向や技術的なリスクなどを評価することが重要である。また、悪意のある者にセキュリティの脆弱性が発見されると、大事な資産を失う可能性が高まるため、ヘデラのセキュリティ対策には特に注意が必要だ。

仮想通貨ヘデラ(HBAR)のまとめ

仮想通貨ヘデラ(HBAR)は、ヘデラネットワーク内のネイティブトークンとして機能し、手数料の支払いやガバナンスなどに使用される。

ヘデラは、高速処理や低コスト、高いエネルギー効率といった特徴を持ち、多くの投資家や企業から注目を集めている。

ヘデラネットワークは、Solidityベースのスマートコントラクト、ネイティブトークン発行と管理、分散型アプリケーション (DApps) 開発のためのサービスを提供する。

ハッシュグラフは、ハッシュグラフを実行するノードのコミュニティが台帳に追加するトランザクションについて合意を形成することにより、従来のプルーフ・オブ・ワークに比べて高い処理速度とエネルギー効率の向上を実現している。

この記事のまとめ
  • ヘデラはハッシュグラフという独自のコンセンサスアルゴリズムを採用している
  • ヘデラネットワークは、2019年にメインネットがローンチされている
  • ヘデラは高速処理や低コスト、高いエネルギー効率といった特徴を持っている
  • 仮想通貨を購入するならSBI VCトレードを利用できる

「仮想通貨に興味があるけど、どこで始めればいいかわからない」という人もいるだろう。大手仮想通貨取引所のSBI VCトレードの積立暗号資産なら、初めてでも安心のワンコイン500円から仮想通貨を購入できる

SBI VCトレード
出典 SBI VCトレード公式サイト

まだ口座を持っていない人は、SBI VCトレード公式サイトをチェックしてほしい。

  • URLをコピーしました!
目次