ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
実録 さぬき“町おこし”プロジェクト
【第8回】 2011年6月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木繁範 [リーダーシップ・コミュニケーション・コンサルタント]

まさかのドンブリ勘定が発覚。
発売目前、コスト見直しの大号令!

1
nextpage

もめにもめた初会合惨敗の試食会を経て、ついに創作和菓子「大結願」が完成した。ネーミング、パッケージなども決まり、アドバイザーとしての私の仕事は一段落。あとは7月12日の発売日を待つばかり……のはずだった。

 5月の連休明けのこと、さぬき市のクライアントを訪れた後、菓子事業者と商工会のミーティングがあると聞き、「せっかくならば」とふらっと顔を出した。すると、十河会長の怒鳴り声が聞こえた。

 「こんなに原価が高かったら、利益が出るはずないじゃないか! いったい何をやってるんだ!」

 商工会の永峰指導員は私の姿を見て、渡りに船とばかり意見を求めてきた。正直、当事者同士で解決すべき問題だと思ったが、どうもそれでは済まなそうだった。

 包装紙、箱、説明書きの小冊子など、それぞれのパーツは立派なものに仕上がっていたのだが、コストを積み上げると、どう見ても利益が出ない状態になっていた。ここにきて、あまりにも初歩的な「ドンブリ勘定」が露呈したのだった。

 よくよく聞いてみると、全体を見て原価計算をしている人がいなかったのである。

誰が責任を持って仕切るのか

 商工会主導の町おこしなのだから、本来は商工会が全体を見て采配すべきだろう。しかし、今回は国の補助金事業ということで、3月末に中小企業庁に事業報告書を提出して終わり、という意識があったと思われる。

 また、昔のお役所にありがちだが、相見積もりを取り、質と価格を吟味するといった、競争原理を働かせながらコストを下げる努力をした形跡がなかった。

 一方、菓子事業者たちは自分の店で商売が完結しており、土産物屋などに卸した経験がなかった。そのため、販売マージンや営業・配送費用などの運営経費を計算に入れずにパッケージ類の製作を進めていたのである。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    佐々木繁範 [リーダーシップ・コミュニケーション・コンサルタント]

    リーダーシップ・コミュニケーション・コンサルタント。ロジック・アンド・エモーション代表。
    1963年福岡県北九州市生まれ。1987年に同志社大学経済学部を卒業後、日本興業銀行に入行。1990年にソニー株式会社に入社。盛田昭夫会長の直属スタッフとして企業外交を補佐、その間にスピーチ・ライティングを学ぶ。1995年から97年までハーバード・ケネディ・スクールに留学、公共経営学修士号を取得。帰国後、2001年まで出井伸之社長の戦略スタッフ兼スピーチ・ライターを務める。ソニーでは計100本以上のスピーチ・サポートを手がけると ともに、IT戦略会議の議長補佐として、IT国家戦略の策定にも携わる。その後、数社にて経営改革に携わり、2009年に経営コンサルタントとして独立。リーダーシップとコミュニケーションを専門とし、経営者やリーダーの組織求心力と影響力の向上を実現するためのメッセージ発信を支援している。ホームページ:http://www.sasakinet.jp
    著書に『思いが伝わる、心が動くスピーチの教科書』(ダイヤモンド社)がある。


    実録 さぬき“町おこし”プロジェクト

    これといった名産品もなく、過疎化の進むさぬき市で町おこしプロジェクトが始まった。カネも知恵も他人任せの依存体質から脱却し、全国に誇れる土産物の開発へ。町おこしに携わった経営コンサルタントが、紆余曲折、地方都市の自立の軌跡を赤裸々に紹介する。

    「実録 さぬき“町おこし”プロジェクト」

    ⇒バックナンバー一覧