ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新人編集者ムラタの××日記
【第6回】 2011年7月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

伝える、内から湧き出るメッセージ。
6月27日(月)~ 7月2日(日)

1
nextpage

何かを変えるには、勇気が必要です。
髪型やファッションのような些細なものでも、そこには勇気が要ります。職業や恋人のような人生の針路にかかわるものであれば、勇気はもちろん、それを支える「覚悟」が問われます。過去を振り返らない覚悟、自分を最後まで信じきる覚悟――。どうやら覚悟はできたようです。
女性の髪型の変化にまったく気づかない、そんな彼の日記、新展開です。
 

漫然と生きるのが罪ではない
漫然と生きていることに気づかないのが罪なのだ

 この日記を毎週ご覧いただいているみなさまの中にはお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。今週から日記の形式が変わったのです。

 そう、あの会議をきっかけに……。

 先週金曜日、日記編集担当C鉢、そしてオブザーバーとして参加していたのにいつのまにか議長を務めていたT盤とともに、「最近つまらなくなっているムラタ日記をテコ入れする会議」が開催。

 ここまでストレートなタイトルの会議も珍しいですが、ダイヤモンド社の仕分け人T盤の力がいかんなく発揮され、日記のスタイルに大幅な変更が加えられることになりました。

 「ムラタ君はさぁ~、別に漫然と生きているわけじゃないでしょ?」

 冒頭で「2位じゃダメなんですか?」の蓮舫議員に勝るとも劣らない名言が飛び出した会議では、辛辣な言葉の中にどこか辛辣なメッセージが含まれている、そんなアドバイスを多々いただきました。そして、「なるほど」と勉強になることがありました。

 ミーティングでは、メッセージの伝え方を勉強するための参考資料として、ある動画を見ていたのですが、わずか1分30秒の作品に心奪われてしまい、3人で言葉を失ってしまいました。

 Love Distance CF(Love Distance Team)

 2009年カンヌ国際広告祭フィルム部門で、日本では13年ぶりの金賞を受賞したというこちらのCM。まだご覧になったことのない方のために詳細は秘密にさせていただきます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

1985年東京都生まれ。2009年、ダイヤモンド社入社。以後2年間は営業部に所属。営業マンとして主に神奈川県、新潟県を担当。2011年春の人事異動にともない、書籍編集局第二編集部に配属。


新人編集者ムラタの××日記

2011年4月、ダイヤモンド社書籍編集局に大型新人が配属された。
彼の名はムラタ。2009年入社から営業部で書店営業を担当してきた彼が、全く異なる職種である書籍編集の部署で、何をどう感じ、どんなふうに自分らしい仕事のしかたを見つけていくのか。
本連載は、一人の若手編集者が様々な壁にぶちあたりながら成長していく過程を自ら日記形式でしたためていくものです(予定)。あたたかい目で見守っていただけましたら幸いです。

「新人編集者ムラタの××日記」

⇒バックナンバー一覧