ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
連載経済小説 東京崩壊
【第4回】 2012年3月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
高嶋哲夫 [作家]

総理官邸

1
nextpage

第一章

3

 森嶋とロバートは、アメリカ大使館からの迎えの車で総理官邸に向かった。

 車寄せに入ると、待っていた黒いスーツの男たちに連れられて執務室に通された。

 窓際の大きな机には、テレビや新聞で見慣れている男が座っている。能田雄介内閣総理大臣だ。横には官房長官の山本良夫が立っていた。

 森嶋の通訳で、ロバートが大統領からのメッセージ付きのレポートを手渡した。

 「アンダーソン大統領はお元気ですか」

 「大統領は内外の多くの問題を抱えておられます。その一つひとつに精力的に取り組んでおられます」

 「ぜひ、大統領に訪日の機会を持つよう、お伝えください」

 「現在、世界は多くの問題を抱えております。その解決には一国の努力では困難な場合もあります。我が国と貴国は、長期にわたり有効な関係を維持してまいりました。今後も、世界平和の安定とさらなる発展に貢献できることを願っております」

 森嶋はロバートの言葉を正確に訳すことに集中した。

 「先の震災では、我が国は世界から多くの援助と温かい励ましの言葉と心をいただきました。特にアメリカ軍の支援は、大きなものでした。感謝の念にたえません」

 「このレポートは大統領直属のシンクタンクが書きあげたものです。我が国を代表する英知の集団です。どうか参考に願いたい」

 ロバートは慇懃な口調で続けた。森嶋の知る多少軽薄とすら思える男の姿はなかった。アメリカ大統領の言葉を伝える特使としての役割を果たしている。

 「総理、閣議の時間です」

 入ってきた秘書の言葉で話は中断された。

 その間の時間はおよそ10分。だがロバートがアメリカからやってきたに値する10分だった。それは森嶋にも分かった。森嶋には1時間にも感じられる時間だった。

 しかし、お互いの言葉は完全にすれ違っている。森嶋は訳しながら、何度も違和感を覚えた。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    高嶋哲夫 [作家]

    1949年、岡山県玉野市生まれ。1969年、慶應義塾大学工学部に入学。1973年、同大学院修士課程へ。在学中、通産省(当時)の電子技術総合研究所で核融合研究を行う。1975年、同大学院修了。日本原子力研究所(現・日本原子力研究開発機構)研究員。1977年、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)へ留学。1981年、帰国。
    1990年、『帰国』で第24回北日本文学賞、1994年、『メルトダウン』で第1回小説現代推理新人賞、1999年、『イントゥルーダー』で第16回サントリーミステリー大賞で大賞・読者賞など受賞多数。
    日本推理作家協会、日本文芸家協会、日本文芸家クラブ会員。全国学習塾協同組合理事。原子力研究開発機構では外部広報委員長を務める。


    連載経済小説 東京崩壊

    この国に住み続ける限り、巨大地震は必ずくる。もし巨大地震が東京を襲ったら、首都機能は完全に麻痺し、政治と経済がストップ。その損失額は110兆円にもおよび、日本発の世界恐慌にまで至るかもしれない――。今後、日本が取るべき道は何か。その答えを探る連載経済小説。

    「連載経済小説 東京崩壊」

    ⇒バックナンバー一覧