ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

不動産価格下落が西南端の雲南省まで到達
中国人の不動産買い控えで起きること

山谷剛史 [フリーランスライター]
2012年4月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

中国の最果てにまで忍び寄る
不動産バブル崩壊の足音

数年前のマンション販売会は大変な人気だったが……

 筆者が拠点とする中国雲南省の昆明、その様子は過去記事「雲南省・昆明――とある中国内陸の地方都市、この10年の変化」をご一読いただきたいが、掲載時の2011年末には『「中国住宅バブル崩壊」とは日本のニュースなどでは聞くものの、この内陸の都市にはその波はまだやってきていないため、市民は「買ったところで売るとき高く売れるし」と楽観視し、今も家の購入や土地転がしに積極的』と書いていた。

 それがどうだろう。年初より値下がりがはじまり、1月には1m2あたり7538元だったのが、2月には7517元、3月には7503元と2ヵ月連続で不動産価格が下落した。微減ではあるが、沿岸部で発生した不動産価格の下落が、昆明にまで届いたではないか。これから昆明で初となる、市内と郊外を結ぶ地下鉄が開通し、そうすれば駅チカ物件の値段が上がり、地下鉄沿線ならば郊外まで値段が上がると予想されていたのに。

 昆明ならば、まだしも雲南省の省都ではある。ここではさらに、大理やシーサンバンナなど、雲南省のさらに奥、ラオス・ベトナム・ミャンマー国境に近い街の高層マンション販売センターをちらほら見かける。こうした最果てに近い街でも不動産価格は上がってきたが、やがて値下がりとなるのだろうか。

 中国各地の不動産価格の指標がわかる「中国房地産指数系統調査数据(中国不動産指数システム調査データ)」によれば、調査対象となる100都市平均の不動産価格は、4月に発表されたばかりの数では前期比で下落、しかも7ヵ月連続での下落だ。ただ、どこもかしこも下落しているわけではなく、中国を代表する大都市を中心に3分の2の都市で下落、残りが上昇、平均では下落とのことだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山谷剛史 [フリーランスライター]

日本人の立場から中国のIT事情を紹介する。執筆の他、講演も行う。著書に「新しい中国人 ネットで団結する若者たち」(ソフトバンク新書)


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧