ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
つまずいたところに、あなたの宝物がある
【第2回】 2012年9月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
ロビン・シャーマ

生まれて初めて、答えをもとめて祈る
すべてはあらかじめ決まっていたのか?

1
nextpage

自殺を思いとどまったわたしは、その翌日、会社で人事部長のエヴァンから自己啓発セミナーのチケットを受け取る。そうしたセミナーには懐疑的だったが、なにか新しいことに挑戦してもいいかなという気になったのだ。セミナー終了後の舞台裏で、わたしは師と出会う。『答えはすでにあなたの心の中にある』からの抜粋・要約の第2回。

 雷鳴のようなスタンディング・オベーションを受けたあとで、講師はステージをおりた。黙ってその場にすわっていると、心につぎつぎに疑問が浮かびあがってきた。

「わたしはなぜ人生に大きな虚しさを感じていたのだろう?」

  どんなに金を稼いでも、成功しても、その感じは消えてくれなかった。わたしが選んだキャリアはそうするように決められ(期待され)ていたものだろうか、それとも“ライフワーク”になるように運命づけられているほかのなにかがあったのだろうか、とも思った。おなじように、人生で真の愛を見つけられるのだろうか、心の友は実在するのだろうか、とも自問した。ほんのみじかいあいだ黙ってじっとしているだけで疑問がつぎつぎに浮かびあがるとは、じつに興味ぶかかった。

 もっと深く掘りさげていくと、さらに疑問が浮上してきた。人生がどう展開するかについて、わたしに選択肢はあったのだろうか?それとも、すべては何か大いなるものの計画によってあらかじめ決まっていたのか?選択肢があったのなら、なににはばまれて事態をよりよくする手段を講じられなかったのだろう?ほんとうにもっといい人生が待っていたのだろうか?あるいは、それは希望的観測にすぎないのか? 

 夫婦間の成りゆきはわたしの個人的選択――家族よりビジネス優先、わたしの要求が最優先、思いやりや気遣いを発揮するより自分のやりたいことをやる――を反映したものにほかならなかったのだろうか?とも考えた。眼を閉じて、そういった重要な疑問に思いをめぐらした。やがて、わたしはいままで一度もしたことがないことをした。答えをもとめて祈ったのだ。

次のページ>> 探究者、師と出会う
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



ロビン・シャーマ(Robin S. Sharma)

「シャーマ・リーダーシップ・インターナショナル」(SLI)の創設者でCEO。リーダーシップ、自己実現に関する世界最高権威の一人。肩書きに頼らずに人々を導くことのできるリーダーを育てる研修を様々な組織に提供。クライアントにはフェデックス、IBM、マイクロソフト、ナイキ、イェール大学など。講演者としてビル・クリントン、ディーパック・チョプラ、ウエイン・ダイアーなどと同じ舞台に立つことも多い。『3週間続ければ一生が変わる』『心のカップを空にせよ!』はじめ、国際的ベストセラー著書多数。
ホームページ  http://www.robinsharma.com


つまずいたところに、あなたの宝物がある

もっとも苦しいことが、あなたをもっとも成長させてくれる。自殺を企図するほど絶望の淵にあった男が、それまでの生き方が世間や他人の期待に添おうとしたものだったことに気づき、自らの心の声に従って生きるため、師(メンター)とともに学んでいく物語。

「つまずいたところに、あなたの宝物がある」

⇒バックナンバー一覧