ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

リーダーといえども他の者の範となるには
自らの得意を知る必要がある

上田惇生
【第309回】 2012年10月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社刊
1680円(税込)

 「何をしたいかではなく、何がなされるべきかから考えなければならない。しかる後に、何が自らの強みに合うかを考えなければならない。強みでないものを行ってはならない。他の者に任せなければならない。リーダーたる者は、自らが成果を上げるべきことを知らなければならない」(『プロフェッショナルの原点』)

 ドラッカーは、リーダーたる者は、なすべきことからではなく、なされるべきことから考えよとさえいう。なすべきことを考えよというと、安易に、なしたいことから考えてしまうからである。

 こうして、なされるべきことを考えたら、次に、それは自らがなすべきことかを考える。

 もちろんそのためには、あらかじめ自らの強みを知っておく必要がある。なされるべきことであっても、それが自分が不得意とするものであれば、他の者に任せなければならない。リーダーたる者は、自ら成果を上げるところをフォロワーに示さなければならない。

 不得意なことであったのでは、いかにその重要性を認識したとしても、他の者の範となる成果は上げられない。

 GEのジャック・ウェルチは、なされるべきことと結論しても、自らが得意とするものでなければ、トップマネジメントのうち、それを得意とする者に任せていた。

 トップマネジメントをワンマンによるものでなく、チームによるものにしておかなければならない理由がここにある。いかなるワンマンといえども、重要なことすべてを背負い込むことは不可能である。なされるべきことについて、成果を上げなければならない。リーダーたる者、先頭に立って成果を上げる必要がある。

 自らも傷痍軍人だったドラッカーの歴史の先生は、オーストリアの敗戦の原因を聞かれて、「十分な数の将軍が死ななかったからだ」と吐き捨てるように言ったという。将軍たちが戦場のはるか後方にいたのでは、戦争には勝てない。

 「50年前、私が最初にリーダーシップの問題を取り上げた。今日では誰もがリーダーシップを取り上げている。しかし、成果を上げることについて、もっと取り上げてほしい。実は、リーダーについて唯一言えることは、フォロワーがいるということだけである」(『プロフェッショナルの原点』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧