ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
リアル経理学 ファイナンス部門の本来の仕事

いかに的確なインサイトを示せるか
それがファイナンスパーソン最大のミッション
――青島伸治 日本マイクロソフト管理本部業務執行役員
ファイナンスディレクター インタビュー

【第2回】 2013年1月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
青島伸治・管理本部業務執行役員ファイナンスディレクター(右)は「インサイトを得ることが、ファイナンスを担う者としてもっとも重要な任務」と話す Photo by Kazutoshi Sumitomo

マイクロソフトでソフトウェアヴォリュームライセンスビジネスのファイナンス部門を統括する青島伸治・管理本部業務執行役員ファイナンスディレクターに、マイクロソフトのファイナンスパーソンとしての仕事ぶりを伺った。社内数字の扱い方や仕事をするうえで必要な情報の取り方、ファイナンス部門と事業部門との関係性、組織を強くする方法など、話題は多岐にわたった。(構成・編集/ダイヤモンド・オンライン編集部 片田江康男)

あおしま・のぶはる
神戸大学大学院 経営学研究科卒。Procter & Gamble日本法人を経て、日本マイクロソフト株式会社
Photo by K.S.

見られる数字は全社統一
グローバル時代の常識

日置氏 日本企業では、業績に関する数字が一元的に管理されておらず、社内でバラバラに存在しているため、本社と事業部、子会社といった組織間、またはその中の役職によっても見ている数字が統一されていないケースが多いと思います。もちろん、トップマネジメントへの報告のために、さまざまに数字の変換作業を行ない、上辺だけの統一フォーマットを仕立て上げるわけですが、いざ会議で業績報告が始まると、「この数字はいったいどうやって算出したんだ」という数字の作られ方の説明が始まってしまって、なかなかこれからどうしていくのかというディスカッションに至りません。

ひおき・けいすけ
トーマツグループCFOプログラム、デロイト トーマツ コンサルティング・シニアマネジャー。日本CFO協会主任研究員。早稲田大学大学院会計研究科非常勤講師 
Photo by K.S.

 経理部門の仕事は、その数字を計算してレポートをまとめる事と、会議で報告し、説明する事が大半になってしまっている印象ですが、マイクロソフトのファイナンス部門は、まったくそういった仕事の仕方をしないと聞いています。青島さんの部隊には、どのようなミッションが課され、実際どのように仕事をされているのでしょうか。

青島氏 まず、マイクロソフトでは世界で統一されたフォーマットがあり、それ以外のレポートは作るなと言われます。ローカル市場特有のまとめ方や独自の指標、分析を提示しても、有効に活用できない事が多いからです。マイクロソフトは世界中で商品は同じです。それぞれの国を横並びに比較して分析するには、皆が同じ土俵に立って、数字を見ていくという意識が徹底されています。必要に応じて作る場合も、後々グローバルで展開できるものかどうかを意識しています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


リアル経理学 ファイナンス部門の本来の仕事

CFOをはじめとしたファイナンス部門の本来の仕事は何か。日本の経理部門の仕事というと、会社の数字を集めて社長にレポートする“裏方さん”というイメージがある。しかし、本来は数字を基にして経営陣や事業部門にリスクや改善点を指摘することなはずだ。これは、グローバル企業ではすでに常識である。グローバル市場へ勝負に出なくてはならない日本企業にとって、経理部門のグローバル化も、待ったなしの課題である。本来のCFOの役割や経理部門はどうあるべきか。日本に拠点を持つグローバル企業のCFOへのインタビューから、そのヒントをさぐる。

「リアル経理学 ファイナンス部門の本来の仕事」

⇒バックナンバー一覧