ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

上地雄輔のブログが発端
「携帯のない生活」は本当に豊かなのか?

小川 たまか
【第125回】 2013年5月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「便利さ」と「豊かさ」はイコールではない。このことに同意する人は少なくないようだ。ヤフーの意識調査によると、「携帯電話がない方が豊かな生活を送れると思う?」という質問に、「思う」と答えた人は5月20日19時30分の時点で52.6%と半数を越えた。現代人にとっての「豊かさ」とは一体何なのか。

 意識調査の実施期間は2013年5月17日~27日(現在も実施中)。5月20日19時30分の時点での男女比は、男性79.5%、女性20.5%。

携帯電話がない方が豊かな生活を送れると思いますか?(ヤフー意識調査より)

過半数が「携帯がない方が豊か」
その理由は?

 意識調査のきっかけとなったのは、俳優の上地雄輔さんが5月13日に書いたブログのエントリ「ごっほーこくーん」。上地さんはこの中で、生まれ育った横須賀に帰ったことに触れている。その体験から携帯電話を持っていなかった頃を思い返したようだ。

 文末では、「せっかくなので超便利な携帯をちょいとだけ封印して」「いろんな物、人、動物、海川山風空木々、月星太陽、全てを香ったり、聞いたり、見たり、触ったり、口にしたり五感で感じてみます♪」と綴っている。このエントリが、一部で「上地雄輔 『脱携帯電話生活』を宣言」と報じられ、意識調査につながった。

 携帯電話が一般に普及してはや10年以上。携帯と「豊かな生活」の関係は、これまでも多くの人が口にしてきたところだ。先日もお昼のテレビ番組で、「iPhoneにしょっちゅう触る癖を直したら、五感が敏感になった気がする」と話すゲストの歌手に対し、司会者が「電車でもみんなiPhoneや携帯の画面を覗いていて、『情報が得られるから見る』って言っているけれど、そんなに情報が必要なのだろうか。(iPhoneを見ることで見落としている)窓の外の景色にも『情報』はある」という内容の受け答えをしていた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ザ・世論~日本人の気持ち~

価値観が多様化し、隣の人の考えでさえ分かりづらい現代。注目のテーマについて、みんながどう考えているか気になるところだろう。この連載では様々な統計、調査結果等を取り上げ、その背景にあるトレンドや人々の意識を分析。現代の「日本人の気持ち」=「世論」を探っていく。

「ザ・世論~日本人の気持ち~」

⇒バックナンバー一覧