ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
加藤嘉一「中国民主化研究」揺れる巨人は何処へ

致命的に欠落している中国政治の「法の支配」
それなくして持続可能な「正当性」は得られない

加藤嘉一
【第4回】 2013年5月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ポスト冷戦時代に
中国はどう認識されたか

 本連載第二回第三回に渡って、アメリカの政治学者フランシス・フクヤマ氏の学説に言及してきた。

 冷戦崩壊、ソ連解体前後において「歴史終焉論」を展開したフクヤマ氏が、それから約20年が経ったいま、この期間崩壊しなかった「共産中国」の政治体制をポジティブに検証し、そこに何らかの歴史的依拠・正当性を見出そうとする学術努力を払っている点を、かつて崩壊するとささやかれた中国共産党は見逃すことなく、中国の言論市場に「逆輸入」することによって、自らの政権に西側発の正当性を与えるべく利用しようとしている。

 両者の歩み寄りは突然変異などでは決してなく、私の見解を言わせてもらえば、過去約20年という年月をかけて漸進的になされたものに他ならない。ポスト冷戦時代に相当するこの20年という時間に、中国と米国が主導する国際社会では何が起きて、西側が牽引する国際世論は台頭する中国をどのように認識してきたのであろうか。このポイントをレビューすることなくして、「歩み寄り」を解き明かすことはできない。

 トウ小平(トウの字は「登」におおざと)が「社会主義を堅持しつつも改革開放を進める」という「世紀のプラグマティズム」を本格的に提唱して同じく約20年が経つ。1991年当時、トウ小平氏は世界を震撼させた天安門事件(1989年6月)という歴史のトラウマをどう克服し、中華人民共和国が国際社会の一員として、特に西側諸国からの信任を獲得していくかという世紀の難題に向き合っていた。

 当時西側社会で騒がれていたのは「中国崩壊論」であり、そこには「国民の民主化要求を武力で鎮圧するような国家とはまともに付き合えない」という疎遠感までもが内包されていた。

 天安門事件という暗黒の衝撃に見舞わされた中国は、ソ連が解体された後、社会主義を掲げる唯一の大国と化した。二重の圧力にもがく中国を「中国崩壊論」という国際世論が襲った。それでも中国は崩壊しなかった。それどころか、急速な経済発展を武器に、国際プレゼンスを拡大していった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

加藤嘉一 

1984年生まれ。静岡県函南町出身。山梨学院大学附属高等学校卒業後、2003年、北京大学へ留学。同大学国際関係学院大学院修士課程修了。北京大学研究員、復旦大学新聞学院講座学者、慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)を経て、2012年8月に渡米。ハーバード大学フェロー(2012~2014年)、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院客員研究員(2014〜2015年)を務めたのち、現在は北京を拠点に研究・発信を続ける。米『ニューヨーク・タイムズ』中国語版コラムニスト。日本語での単著に、『中国民主化研究』『われ日本海の橋とならん』(以上、ダイヤモンド社)、『たった独りの外交録』(晶文社)、『脱・中国論』(日経BP社)などがある。

 


加藤嘉一「中国民主化研究」揺れる巨人は何処へ

21世紀最大の“謎”ともいえる中国の台頭。そして、そこに内包される民主化とは――。本連載では、私たちが陥りがちな中国の民主化に対して抱く“希望的観測”や“制度的優越感”を可能な限り排除し、「そもそも中国が民主化するとはどういうことなのか?」という根本的難題、或いは定義の部分に向き合うために、不可欠だと思われるパズルのピースを提示していく。また、中国・中国人が“いま”から“これから”へと自らを運営していくうえで向き合わざるを得ないであろうリスク、克服しなければならないであろう課題、乗り越えなければならないであろう歴史観などを検証していく。さらに、最近本格的に発足した習近平・李克強政権の行方や、中国共産党の在り方そのものにも光を当てていく。なお、本連載は中国が民主化することを前提に進められるものでもなければ、民主化へ向けたロードマップを具体的に提示するものではない。

「加藤嘉一「中国民主化研究」揺れる巨人は何処へ」

⇒バックナンバー一覧