渡邉静代の「休みの日のごはん」
【第12回】 2013年11月26日 渡邊静代 [クッキングアドバイザー]

第12回
手軽に本格派!ビーフストロガノフとチーズケーキ

第12回 「手軽に本格派!ビーフストロガノフとチーズケーキ」

 毎日忙しいビジネスパーソンだからこそ、休みの日は手軽に栄養豊富なごはんを楽しみたいもの。季節の食材やイベントを活用したお手軽料理を紹介してきたこの連載も、早いもので今回が最終回となりました。

 最終回は、年末年始のちょっと特別なおもてなしメニューにもなる、ビーフストロガノフとチーズケーキを紹介します。

 ビーフストロガノフといえば、日本でもお馴染みのロシアの煮込み料理ですが、実はフライパン1つで、短時間で簡単に作れてしまいます。生クリームの風味を生かすため、煮込む時間は意外なほど短いのです。本場ロシアではサワークリームで仕上げますが、今回は手近にあるヨーグルトを使って作りました。

 最終ページでは、このヨーグルトを使ったフルーツサラダのアレンジも紹介しています。最後までぜひお楽しみください。

 今回のメニューはビーフストロガノフにチーズケーキと、濃厚な味わいのものが多いため、付け合せはさっぱりとした胚芽ライスにしましたが、オリーブ油の代わりにバターを入れたバターライスにするのもお勧めです。そのほか、平麺パスタやマッシュポテト、バタートーストを付け合せても美味しくいただけます。

 ビーフストロガノフは時間のあるときにたくさん作っておいて、あまったものはカレー粉を加えて「欧風カレー」にしたり、トマトペーストの量を増やしてブランデーを赤ワインに替え「ハヤシライス」にアレンジするのもお勧めです。ハヤシライスにするときは、生クリームとヨーグルトは加えません。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

渡邊静代 [クッキングアドバイザー]

女子栄養大学・短期学部卒。懐石料理教室の助手を経て、自宅で渡邊静代クッキングサロンを開設、今年で10年目を迎える。料理本のスタイリストや、広告の料理・コーディネートも手がける。

 


渡邉静代の「休みの日のごはん」

働き盛りの方々にとって、休日の食卓は身体を芯から休める癒しの時間そのもの。クッキングアドバイザーの渡邉静代先生に、夫婦で作っても、皆で作っても楽しく美味しい、「休日のお手軽レシピ」を教わります。普段の食事にも、おもてなしにも活用できる華やかなメニューは、忙しいあなたの強い味方です!

「渡邉静代の「休みの日のごはん」」

⇒バックナンバー一覧