ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【サムスン電子】
稼ぎ頭のスマートフォン“ギャラクシー”を支える
アップルの10倍の広告費

週刊ダイヤモンド編集部
【第128回】 2013年8月12日
1
nextpage

世界最大の家電メーカーの座に君臨するサムスン電子。2012年に売上高約16.5兆円、営業利益約2.4兆円を記録した巨大企業の主力商品は、どのような仕組みで伸びているのか。

 6月16日、全米が熱狂するプロバスケットボールリーグのNBAのプレーオフの試合の合間に、あるテレビコマーシャルが放映された。

 人気ラップ歌手のJay-Zが登場すると、最新アルバムの制作シーンの映像が流れて、最後に「サムスン」のロゴが浮かび上がる。

 実はこれ、韓国サムスン電子のど派手なキャンペーンの告知だ。サムスンはこの最新アルバム100万枚分をまとめて買い上げ、看板商品のスマートフォン「ギャラクシーS4」の購入者に向けて、アルバム発売日前に無料配信したのである。

 米「ウォール・ストリート・ジャーナル」などによると、楽曲の購入費用は500万ドル(5億円)、プロモーション費を含め2000万ドルはかかったと推定される。

 これに限らず、サムスンの広告攻勢は凄まじい。日常的にマンハッタン中心部のタイムズスクエアをサムスンの青色のロゴで染め、人気俳優やアスリートも相次いで広告塔に採用している。

 同社の年次報告書によると、2012年の広告宣伝費は10兆9421億ウォン(約9830億円)。これは米アップルの約10倍に相当する。売上高の5.4%という比率は家電IT業界でも極めて高い。

 なぜ、かくも巨費をかけるのか。その背景を読み解くと、同社の収益構造と今後の課題が見えてくる。

 同社の収益構造の推移を振り返ると、大きく変化していることがわかる(図(1))。

 2000年代前半、主な収益源は世界一の規模を誇る半導体や液晶パネルなど、デジタル家電の中核部品だった。薄型テレビで世界シェア1位の王座をソニーから奪った06年も、実は営業利益の6割超を半導体事業が上げていたのだ。

 転機は、部品事業が赤字に陥った08年秋のリーマンショック後の、スマートフォンの本格普及だ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年9月3日号 定価710円(税込)

特集 メガバンク 地銀 証券 金融エリートの没落

本業全滅!銀行員、証券マンの苦悩を徹底描写

【特集2】
全てはボールペン軸から始まった
「加工の匠」積水化学の開発力

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧