ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

ちきりんさんと、ゲーム業界開発者の働き方を考える

石島照代 [ジャーナリスト]
【第43回】 2013年10月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
nextpage

ちきりん ダビスタは馬を何十頭も育てて、調教してレースで稼ぐゲームです。最初はわざわざ競馬新聞を買ってきて、新馬に本物の競争馬っぽい名前をつけてたんです。ところが大半の馬は全然勝てないまま消えていく。だから途中で「真面目に命名しても意味がない」と気づき、適当な名前をつけていたら、あるとき「ちきりん」という馬が勝ちまくって、G1レースを全制覇したんです。

 だから「ちきりん」は私にとってすごくゲンのいい名前で、それ以来、ゲームやネット上でキャラクター名をつけるときはいつも、それを使っているんです。

ゲーム業界開発者のキャリア形成を
「5つのシナリオメソッド」で考えてみる

――ところで、ちきりんさんが楽しんでくださっているゲームを含め、コンテンツ系業界が他業界と異なる大きなポイントは、特に開発職の場合に言えるのですが、この仕事をやりたくて業界入りした人、つまり内発的動機ベースの労働者がとても多いということです。たとえば、高賃金ありきの外発的動機ベースの労働者は圧倒的に少ないので、それだけに好きなことができなくなると精神的に参って、退職に追い込まれる人もたくさん見てきました。

でもそれはなんか違うじゃないか、開発職じゃなくても幸せに生きていける方法はあるんじゃないかと思っていた時に、「未来の働き方を考えよう」(文藝春秋社刊)を拝読して、ぜひ「ゲーム業界の働き方」について一緒に考えてもらいたい、と考えて今回お越しいただきました。

「未来の働き方を考えよう」には、エンジニアのキャリア形成についての「5つのシナリオメソッド」が出てきますが、これをゲーム業界に当てはめてみるとこんな感じになるでしょうか。

previous page
4
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧