クレジットカード比較
2013年10月10日公開(2017年3月14日更新)
ザイ・オンライン編集部

ANAマイルを貯めている人は必見!
2枚のクレジットカード+ポイントサイトを使って
ANAマイルを通常の1.35倍も貯める裏ワザ大公開!
徹底比較!ANAマイルが貯まるおすすめクレジットカードは?(中編)

 前回の「人気ナンバー1の『ANAマイル』が一番貯まるおすすめのマイル系クレジットカードは?(前編)」で、「ANA一般カード」と「ANAワイドカード」のどちらを選べばいいのかを比較した結果、普段からよほどANAを利用していない限りは、コスト面で「ANA一般カード」のほうが有利という結論に至った。では、「ANA一般カード」の中で、どのカードがおすすめなのか。今回は具体的に各カードを比較してみよう。

ANA一般カードでもっとも低コストなのは
「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」!

 「ANA一般カード」(もしくはそれに準ずるカード)の中で、もっとも有利なのはどのクレジットカードだろうか。

 主な「ANA一般カード」を細かく比較すると、下記のようになる。

年間維持コスト税抜)
(年会費+マイル移行手数料)
還元率
(※)
ポイントの
有効期限
カードフェイス
 ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード) (国際ブランド:JCB)
7000円
(2000円+5000円)
1.5%+α 2年
(+マイル3年)
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の公式サイトはこちら
 ANA JCB一般カード (国際ブランド:JCB)
7000円
(2000円+5000円)
1.5% 2年
(+マイル3年)
ANA JCB一般カードの公式サイトはこちら
 ANA VISA Suicaカード (国際ブランド:VISA)
8000円
(2000円+6000円)
1.5% 2年
(+マイル3年)
ANA VISA Suicaカード
 ANA VISA一般カード(国際ブランド:VISA)
8000円
(2000円+6000円)
1.5% 2年
(+マイル3年)
ANA VISA一般カードの公式サイトはこちら
 ANAアメリカン・エキスプレス・カード (国際ブランド:AMEX)
1万3000円
(7000円+6000円)
1.5%+α 無期限
ANAアメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら
※ 1マイル=1.5円換算で、「1000円で10マイル」付与される「10マイルコース」の場合


 この中で、維持コストを比較した場合にもっとも有利なのは「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」と「ANA JCB一般カード」だ。「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」の年会費や搭乗時のボーナスマイル、付帯保険などの条件は「ANA VISA一般カード」や「ANA VISA Suicaカード」と同じだが、貯まったポイントを「1ポイント=10マイル」で交換する「10マイルコースの移行手数料(年間)」が「ANA VISA一般カード」や「ANA VISA Suicaカード」よりも1000円安い。

 そして、コスト以外で比較すると「ANA JCB一般カード」よりも「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」のほうが有利な点が多い。

 

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
 還元率  1.5%
(※ 1マイル=1.5円換算。
「10マイルコース」申込時)
クレジットカードおすすめ!マイルが貯まる!ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)フェイス
 発行元   ANAカード
 国際ブランド   JCB
 年会費(税抜)  初年度年会費無料、2年目以降
 2000円(マイル移行手数料は年5000円)
 家族カード  あり(年1000円、税抜)
 おすすめポイント 年会費+マイル移行手数料の年間維持費が
安く
東京メトロの定期券購入、
乗車でもポイント
が貯まる!


「PASMO」搭載の「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」なら、一般的なクレジットカードではカード決済ができない東京メトロの定期券購入代金を支払うことも可能なのでマイルが貯まりやすいほか、東京メトロ、東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄の関東圏の主要な私鉄の定期券をカードに搭載できるので便利だ。

 

 また、定期券を買うほどの利用者でなくても、東京メトロを利用する人であれば「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」の「PASMO」機能を利用して乗車することで、平日なら5メトロポイント(=3マイル)、土休日なら15メトロポイント(=9マイル)が貯まる (ただし、「定期券面区間外」の乗車に限る)。

 つまり、例えば営業マンで都内を地下鉄で移動することが多いサラリーマンなら、東京メトロで移動するたびにコツコツとANAマイルを貯めることができる。この点は「ANA VISA一般カード」や「ANA VISA Suicaカード」にはない、「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」だけの大きなメリットだ。

 また、「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」なら「PASMO」のオートチャージでもマイルが貯まるので、コンビニや駅の売店、自動販売機などの少額決済でもマイルが貯められる。

 さらに、「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」と一緒に「エクストリームカード」を使うことで、通常の1.35倍のマイルを貯める裏ワザもある。ただし、「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」と「エクストリームカード」を併用する方法は「ポイント交換」などの手間がかかるマニアックな方法なので、この記事の最後に紹介しよう。

 まずは、それほど手間をかけずに得をする方法として、「ANA VISA Suicaカード」の年会費を安くして、「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」よりもコストを下げて得する方法を先に紹介しておこう。

JR利用者や地方在住者、「モバイルSuica」利用者なら
「ANA VISA Suicaカード」のほうが得をする!

 「ANA VISA Suicaカード」は、「Suica」機能を搭載した「ANA一般カード」で、2013年3月から全国で相互利用が始まり、首都圏以外でも使えるようになった「モバイルSuica」を利用している人、利用できる環境にある人におすすめだ。

 

ANA VISA Suicaカード
還元率 1.5%
(※ 1マイル=1.5円換算。「10マイルコース」申込時)
マイルが貯まる!ANA VISA Suicaの詳細はこちら
ANA VISA Suicaカード公式サイトはこちら
発行元 ANAカード
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円
(マイル移行手数料は年6000円)
家族カード なし
おすすめポイント マイル移行手数料は割高だが、モバイルSuicaの年会費無料Suicaチャージでのポイント付与はメリット大


 2015年4月、JCBが「マイル移行手数料」を値上げしたことで、「10マイルコースの移行手数料」は「ANA VISA Suicaカード」と「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」で1000円の差に縮まった(2015年4月以前は4000円だった)。

ANA VISA Suicaカード」なら「モバイルSuica」の年会費(1000円)が無料になるので、「モバイルSuica」の利用者であれば1年間の維持コストの差は埋まる。つまり、「モバイルSuica」利用者にとっては、「ANA VISA Suicaカード」と「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」のコストはほぼ同じということになる。

 

 そう考えれば、「東京メトロ」を利用する機会がない首都圏以外に在住している人にとっては、交通系電子マネーで唯一、スマホや携帯電話で利用できる「モバイルSuica」を利用しながら、「ANA VISA Suicaカード」を活用したほうが利便性は高まるだろう。

 しかも、「ANA VISA Suicaカード」には、年会費を「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」よりも安くする方法がある。

 「ANA VISA Suicaカード」は、「カード利用代金明細書」を郵送ではなくウェブ上でチェックする「WEB明細書サービス」に登録すると年会費が500円割引の1500円に、「マイ・ペイすリボ」に登録し、カードを年1回以上利用すると年会費が1250円割引の750円になる「年会費割引特典」があり、上手に利用すれば、年間の維持コストは「マイル移行手数料6000円」+「年会費750円」の合計6750円(税抜)まで下げられる。「ANA VISA Suicaカード」のほうが「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」よりも低コストで保有できる可能性もあるのだ。

 しかも、最初にリボ払いの上限金額をクレジットカードの限度額に設定しておけば、その後は何もしなくても「1回払い」と同じように支払えて金利は発生せず、年会費は750円にすることができる(ただし、「マイ・ペイすリボ」に登録して、実際にリボ払いをすると実質年率15%の金利が発生するので注意が必要)。

 このように、コストや電子マネーとの組み合わせ、マイルが貯まる機会が多いということを考えた場合、首都圏在住で東京メトロを利用している人なら「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」、首都圏でも主にJR東日本を利用している人や首都圏以外に在住の人には「ANA VISA Suicaカード」が、それぞれ「ANA一般カード」の中では有利にマイルが貯められる「最強のANAカード」ということになるだろう。

 

ANA VISA Suicaカード
還元率 1.5%
(※ 1マイル=1.5円換算。「10マイルコース」申込時)
マイルが貯まる!ANA VISA Suicaの詳細はこちら
ANA VISA Suicaカード公式サイトはこちら
発行元 ANAカード
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円
(マイル移行手数料は年6000円)
家族カード なし
おすすめポイント マイル移行手数料は割高だが、モバイルSuicaの年会費無料Suicaチャージでのポイント付与はメリット大

 

 では、次はいよいよ、「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」と「エクストリームカード」を併用することで、通常の1.35倍のANAマイルが貯まる裏ワザを紹介していこう。

「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」と
還元率1.5%の「エクストリームカード」と併用すれば、
他のANAカードの1.35倍もマイルが貯まる裏ワザも!

 「エクストリームカード」とは、ジャックスが発行する還元率1.25~1.5%を誇るクレジットカード。

 

エクストリームカード
 還元率  1.25~1.5%
還元率1.5%でソラチカカードと併用するとマイルがざくざく貯まるエクストリームの詳細はこちら
エクストリームカード公式サイトはこちら
 発行元  ジャックス
 国際ブランド  VISA
 年会費(税抜)  初年度無料、2年目以降2500円
(50万円以上の利用で次年度無料)
 家族カード  あり(年400円、税抜)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica


 この「エクストリームカード」では、「1000円=10エクストリームカードポイント」が貯まり、「2000エクストリームポイント=3000Gポイント(※ポイント交換サービスサイト「Gポイント」のポイント。さまざまなマイル、ポイント、金券に交換できる)」で交換することができる。

「Gポイント」は「100Gポイント=100メトロポイント」で交換できるのだが、その際には「メトロ会員」であることが必須。そこで、「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」で「メトロ会員」となり、「3000Gポイント=3000メトロポイント」に交換。さらに、「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」では、「メトロポイント」を「ANAマイル」に交換できるので、「100円=1.35マイル」になるのだ!

 

 

 

◆「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」と
「エクストリームカード」を併用する最強の裏ワザ!
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」
エクストリームカード」の2枚に新規入会して、
エクストリームカードをメインカードとして利用。
1000円=10ポイントの「エクストリームカードポイント」を貯める。
「エクストリーカードムポイント」は
最低2000ポイント(20万円分)から「Gポイント」に交換可能。
「2000エクストリームカードポイント=3000Gポイント」に!
ANA To Me CARD PASMO JCB保有者(=メトロ会員)なら
「Gポイント」を最低100ポイントから「メトロポイント」に交換可能。
「3000Gポイント=3000メトロポイント」に!
ANA To Me CARD PASMO JCBでは
「メトロポイント」を「ANAマイル」に交換可能。
「3000メトロポイント=2700マイル」に!
つまり、「エクストリームカードで20万円利用するだけで
ANAマイルが「2700マイル」も貯まる!
(1マイル=1円換算で還元率1.35%、1.5円換算で2.025%に!)


 このように、「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」と「エクストリームカード」を併用することで、同じ金額をクレジットカードで使っても、ほかのANAカードの1.35倍のマイルを貯めることができる。手間はかかるが、この方法がもっともANAマイルを低コストで、多く貯めることができるのは間違いない。

 

 

首都圏在住で東京メトロを利用するなら「ソラチカカード」、
それ以外の人は「ANA VISA Suicaカード」がおすすめ!

 とはいえ、ポイント交換の手間をかけたくないのであれば、以下の条件に従ってメインカードを選ぶといいだろう。
1)首都圏在住で、東京メトロに乗る機会がある人
⇒「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」を利用

 

■ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
 還元率  1.5%
(※ 1マイル=1.5円換算。
「10マイルコース」申込時)
クレジットカードおすすめ!マイルが貯まる!ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)フェイス
 発行元   ANAカード
 国際ブランド   JCB
 年会費(税抜)  初年度年会費無料、2年目以降
 2000円(マイル移行手数料は年5000円)
 家族カード  あり(年1000円、税抜)
 おすすめポイント 年会費+マイル移行手数料の年間維持費が
安く
東京メトロの定期券購入、
乗車でもポイント
が貯まる!


2)首都圏在住だが主にJR東日本を利用している人、首都圏以外に在住で「モバイルSuica」を利用している人、利用明細はウェブで確認できれば十分な人
⇒「ANA VISA Suicaカード」を利用

 

 

 

ANA VISA Suicaカード
還元率 1.5%
(※ 1マイル=1.5円換算。「10マイルコース」申込時)
マイルが貯まる!ANA VISA Suicaの詳細はこちら
ANA VISA Suicaカード公式サイトはこちら
発行元 ANAカード
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円
(マイル移行手数料は年6000円)
家族カード なし
おすすめポイント マイル移行手数料は割高だが、モバイルSuicaの年会費無料Suicaチャージでのポイント付与はメリット大

 

 

 しかし、実はもう1枚、ANAマイルを貯める際のデメリットを克服できるクレジットカードがある。それは、本来は有効期限が3年の「ANAマイル」を、実質的には無期限で貯められ、マイルの価値を「1マイル=5円以上」まで高めれる可能性を秘めたカードだ。

次回は、「ANAカード」の中でも異彩を放つ、そのクレジットカードを紹介する

 【2017年3月時点】
 ◆マイルの貯まりやすさで選ぶ!
 高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカードはコレだ!

航空会社 年会費
(+費用、税抜)
国際
ブランド
還元率(※1) カード
フェイス
 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
提携航空会社
14社どこでも
1万円 AMEX 1.5%
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキングアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード詳細はこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
「マイル系最強カード」との呼び名が高いカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金では通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすい。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに無期限で交換が可能
関連記事航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社14社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!!!ランキングアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 ANA VISA Suicaカード
ANA(全日空) 初年度無料
2年目以降
2000円
(+6000円)
VISA 1.5%
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキングANA VISA Suica詳細はこちら
【ANA VISA Suicaカードのおすすめポイント】
ANAマイルが貯まる「Suica」一体型カード。「Suica」チャージでもマイルが貯まり、電車やコンビニなど少額決済でもムダなくマイルが貯められるのが大きなメリット。「モバイルSuica」年会費1000円が無料、「マイ・ペイすリボ」登録などで年会費割引の特典もあり!
関連記事
◆「ANAカード」のコストと獲得マイルを徹底比較!「ANA VISA Suicaカード」と「ソラチカカード」で低コスト&高還元でANAマイルが貯まるのはどっち?
◆ANAマイルを貯めている人は必見!2枚のクレジットカード+ポイントサイトを使ってANAマイルを通常の1.35倍も貯める裏ワザ大公開!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!イANA VISA Suicaカードの公式サイトはこちら
 スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
(SPGアメックス)
30社以上の
提携航空会社
3万1000円 AMEX 1.875%
(※)
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード詳細はこちら
【スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント】
ポイントは無期限で貯められ、30社以上の航空会社のマイルに交換可能。2万ポイント=2万5000マイルの高い交換レートで移行できるので還元率1.875%の高還元カードに!?世界的ホテルグループ「スターウッドホテル&リゾート」との提携カードなので、年会費を支払って更新すると系列ホテルの無料宿泊券が毎年もらえるのもメリット。日本では東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルの「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」や「ウェスティンホテル東京」などに宿泊可能で、その宿泊料金は2万5000円程度なので年会費は実質6000円程度と格安に!
(※1マイル=1.5円換算。SPGポイントを2万ポイント、一度にマイルに移行した場合)
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(マイル系カード部門)
◆SPGアメックスがさらなる進化で“神”カードに!??マリオットホテルのスターウッドホテル買収により、世界No.1ホテルチェーンでも得する最強カードに!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら
 ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANA(全日空) 7000円
(+6000円)
AMEX 1.5%
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキングANAアメリカン・エキスプレス・カード詳細はこちら
【ANAアメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント】
ANAマイルを「無期限」で貯められるため、「ANAマイルを有効期限内に使えない」という悩みを解消できる! 大量にマイルを貯めれば「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券と交換が可能になり、1マイルの価値を高められるのがメリット。海外旅行傷害保険などの付帯サービスも充実
関連記事
◆「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」ならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ!じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
◆「長距離+ビジネスクラス」の航空券への交換で驚異の還元率5~7%も達成可能になる!有効期限3年のANAマイルを無期限で貯める方法!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!ANAアメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら
航空会社 年会費
(+費用、税抜)
国際
ブランド
還元率(※1) カード
フェイス
 MileagePlusセゾンカード
ユナイテッド航空 1500円
(+5000円)
VISA、AMEX、Mater 2.25%
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキングMileagePlusセゾンカード詳細はこちら
【MileagePlusセゾンカードのおすすめポイント】
スターアライアンス系のユナイテッド航空「マイレージプラス」の最強カード。カード+マイルアップメンバーズの年会費合計6500円で「100円=1.5マイル」貯まる驚異的な還元率。「マイレージプラス」は有効期限が「実質無期限」で最低6000マイルから使えて初心者も貯めやすい!
関連記事ユナイテッド航空のマイルを効率よく貯められるおすすめカードは「MileagePlus セゾンカード」!実質無期限で、ANAマイルと比較して得することも!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!MileagePlusセゾンカードの公式サイトはこちら

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2017年の最強カードは?
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]
2017年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
おすすめのヤング&格安ゴールドカードはコレだ!ページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2017年3月18日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
高還元クレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 リクルートカード
1.2~4.2% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
楽天Edy

nanaco
※ICOCA、楽天Edyは
VISA、Masterのみ
リクルートの公式サイトはこちら
【リクルートカードのおすすめポイント】
通常還元率1.2%で、ポンパレモールでは4.2%以上になるほか、リクルートが運営する「じゃらんnet」や「ホットペッパー」でもポイントアップ! また、チャージでポイントがつく電子マネーも豊富なのでポイントが貯まりやすい。貯まった「リクルートポイント」はリクルートが運営するサービスで利用できるだけでなく「Ponta」に等価交換できるので、ローソンやケンタッキー・フライド・チキンなどで1ポイント単位で無駄なく使える!
【関連記事】
◆「リクルートカード」の2枚持ちが攻守最強の理由!nanacoや楽天Edyのチャージでも還元率1.2%で、年会費無料、ETCカードも無料とメリット尽くし!
◆dカードはdポイントを貯める最強カードじゃない!?「dカード+リクルートカード」を併用しつつ、電子マネーを活用して「dポイント」を貯める裏ワザ
リクルートカードの公式サイトはこちら

 

【楽天カード】
年会費無料でどこでも還元率1%、楽天市場なら
還元率4%超の最強カード!⇒関連記事はこちら

楽天カード公式サイトはこちら
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

隠れ割安株ベスト66
人気株500激辛診断
長期優遇の優待株34

5月号3月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【まだ買える!トランプ相場の上昇株ベスト18】
円安メリット株想定ドル円レート一覧
・長期で狙う!連続増収増益株ランキング
・長期で狙う!連続増配株ランキング
・売り・買いをズバリ!人気株500診断
・買いの10万円株高配当株優待株21
失敗しない投資の鉄則7カ条
・元本保証のネット定期&個人向け国債
・不透明な世界に備える金への投資
・積み立てがベスト!増やす株式型投信
・利回りを欲張らない!健全分配型投信
長期優遇あり株主優待株ベスト34
上場全3629銘柄最新理論株価
最高3%退職金専用定期利回り比較
別冊付録・相続&贈与などの節税ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!