貯金のプロが教えるネット銀行活用術
【第6回】 2015年11月2日公開(2016年12月5日更新)
バックナンバー

「貯金のプロが教えるネット銀行活用術」

著者・コラム紹介

八ツ井慶子・ヤツイケイコ

ファイナンシャル・プランナー、CFP®認定者、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、宅地建物取引主任者、(社)日本証券アナリスト協会検定会員。大手信用金庫を経て、2001年に「家計の見直し相談センター」の相談員として、FP活動を始める。2013年7月、「生活マネー相談室」を立ち上げる。近著に『レシート○×チェックでズボラなあなたのお金が貯まり出す』(プレジデント社)がある。

貯金のプロが教えるネット銀行活用術

銀行業界出身で、銀行の口座開設マニアでもあるファイナンシャルプランナーの八ツ井慶子さんが、ネット銀行の金利やサービスを比較して、おすすめのネット銀行を徹底解説! 定期預金や普通預金の金利はもちろん、ATM手数料や振込手数料、さまざまな銀行のキャンペーン情報まで、ネット銀行をあらゆる角度から紹介し、おすすめのネット銀行活用法を紹介します!

八ツ井慶子

「住宅ローン」で得するネット銀行を紹介!
新生銀行なら普通の銀行より低金利&ローコストで
「家事代行サービス」などユニークなサービスも

1

 今回は、「住宅ローンに強い」ネット銀行を紹介していきたいと思います。ネット銀行にはそれぞれに特長がありますが、その中には「住宅ローン」に力を入れているネット銀行もいくつかあります。

 それらの「住宅ローンに強い」ネット銀行は、住宅ローン金利を低水準にしたり、手数料を安くしたり、さまざまなキャンペーンを頻繁に実施していたりするので、これから住宅ローンを組む人や借り換えを検討している人は必見です。

 ネット専業の銀行の場合には、通常の銀行とは違って、そもそも住宅ローンを取り扱っていないところもあるので、どのネット銀行でどんな住宅ローンを取り扱っているかも紹介していきましょう。

ネット銀行で住宅ローンを組むのは不安…?
一般の銀行とは異なるメリット・デメリットとは

 最初に、基本的なことですが「ネット銀行で住宅ローンを組む」ことの是非について触れておきます。

 ネット銀行の口座開設者が増えてきた今でも、「住宅ローンは普通の銀行で組んだ」という人が多いですよね。都銀などが不動産業者と提携している例もよく見かけるので、「選ぶ時間の余裕があまりなく、自然と住宅ローンを組む銀行が決まってしまった」という話もよく聞きます。また、「ネット銀行で住宅ローンを組むのは何となく不安」という意見も依然として根強いようです。

 しかし、住宅ローンは借入額が多いため、金利差が小さくても最終的な住宅ローンの返済金額は大きく変わります。そのため、住宅ローンを組む際は毛嫌いせずに、ネット銀行も選択肢の一つに含めて、きちんと比較検討した上で、お金を借りる先を決めていただきたいと思います。

 それでは、住宅ローンを組むにあたって、ネット銀行と店舗のある一般的な銀行はどう違うのでしょう?

 まず、ネット銀行の住宅ローンの特長は以下のとおりです。

【ネット銀行の住宅ローンの特長】
◆店舗や通帳などがなく、固定費が抑えられていることから、
 住宅ローン金利を低く設定できる。
◆繰り上げ返済の手数料が無料の場合が多い。

◆銀行の店舗に出向くことなく、自宅で手続きできる。

 これらを見ていただければわかるように、住宅ローン金利を低水準で提供できるネット銀行を見逃すのはもったいないので、選択肢の一つとして検討したいところです。少しでも金利が低ければ、百万円単位で得する可能性があります。

 それに、銀行の店舗に足を運ばなくても手続きできるのは便利です。一般的な銀行だと手続きは基本平日になってしまうため、不便かもしれません。しかも、揃えなければいけない書類が多いため、一度の来店では住まず、二度三度と出向かねばならなくなれば、多忙な人には大きな負担になるでしょう。

 これに対し、ネット銀行で住宅ローンを組む場合は、基本的に来店の必要がありません。不明点などは電話で問い合わせできる場合もありますが、原則として対面でのやり取りは不要。ネット銀行は一般的な銀行と違って店舗がなく、行員も少ないので、すべての案件に対応する人手はそもそもないのです(ただし、ネット専業ではなく、少ないながらも店舗を構える“半ネット銀行”だと、対面で相談することもできます)。

 逆に言うと、“相手の顔が見える”という安心感を重視する人は、一般的な銀行を選択するといいでしょう。例えば土地の権利関係が複雑な場合など、条件がやや難しい不動産を購入する場合にも、対面でじっくり相談ができる一般的な銀行のほうが、細やかな対応をしてくれるはずです。

 また、ネット銀行はやや審査が厳しいこともあるようです。さらに、人気の物件を買おうとしていて、一刻も早く住宅ローンの審査を通したい人の場合、どうしても書類の郵送などに時間がかかるネット銀行よりも、一般的な銀行のほうが融通がきく可能性もあります。

金利の低さだけで判断しない! コスト面や
繰り上げ返済のしやすさも含め、総合的に判断しよう

 以上を踏まえて「ネット銀行も選択肢の一つとしてしっかり検討したい」という方におすすめしたいのが、「住宅ローンに強い」ネット銀行です。

 住宅ローンの良し悪しは、次の4つの条件で見極めることができます。

①低金利
②低コスト
③金利優遇の条件
④繰り上げ返済しやすい(繰り上げ返済の手数料が無料)


 このうち、低金利が重要であることは言うまでもありません。

 また、住宅ローンを組むときにはさまざまなコストがかかり、コストの合計金額は、買う物件の価格の3~10%ほどにもなります(中古住宅のほうがコストは高くなりがちです)。ただし、コストと一口に言っても、銀行によってコストの設定は一律ではありませんつまり、金利水準のみならず、コストもあわせて結局支払う金額がどう変わるかまで見て、銀行を選ぶ必要があるわけです。

 続いて③の「金利優遇の条件」ですが、銀行によっては、一定の条件をクリアしないと、低金利を適用してくれないところがあります。条件はさまざまですが、ハードルが高い例は「その銀行に給与振込口座を作る」というもの。勤めている会社によっては、給与振込口座を変えづらい場合もあるでしょう。

 また、住宅ローンは早く返せば返すほど支払う利息が少なくなるので、通常は繰り上げ返済をすることが望ましいです。が、銀行や条件によって、繰り上げ返済に手数料がかかるケースと手数料がかからないケースがあります。手数料無料なら、気軽に少額でも繰り上げ返済ができるので、手数料はかからないように意識しましょう。

 そこで、ここからは、低金利・低コストで、金利優遇の条件がクリアしやすく、繰り上げ返済もしやすいネット銀行をピックアップし、詳しくご紹介していきたいと思います。

おすすめ銀行①「新生銀行」
対面相談も可能! 総コストの安さが最大の売り

 まずは「新生銀行」です。「新生銀行」はネット銀行ではありません。ただ、メガバンクほどではないとはいえ、全国に店舗がありながらネットでの業務に力を入れており、ネットバンキングのサービスが非常に充実しているのが特徴。今回は、ネット銀行ではないものの取り上げてみました。

 ですが、ネット専業の銀行と違って店舗がある分、専門スタッフに対面で相談できるというメリットもあります。ネット銀行と一般的な銀行の特性を併せ持つ、ハイブリッド型のような存在なのです。

 新生銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
24時間365日、何回でも無料  同行あて:無料
 他行あて:
月1~10回無料
 以降97~285円
(※)
【新生銀行のメリット】提携コンビニATMの出金手数料が、24時間365日、いつでも何回でも無料! 他行への振込手数料も最大で月10回まで無料(「新生プラチナ」の場合)と割安。短期間で利息がつく「2週間満期預金」で、すぐに使う予定のない普通預金のお金をかしこく運用できる。
 ※「新生ステップアッププログラム」のステージによって、無料振り込みの回数および振込手数料は異なります。
新生銀行の公式サイトはこちら

「新生銀行」の住宅ローンの最新の金利は以下のページでご確認ください。

※本当に得する住宅ローンは? 手数料や保険料などのコストも含めた「実質金利」で、住宅ローンを徹底比較!⇒【住宅ローンおすすめ比較】

 ネット銀行の中には、金利が「新生銀行」よりももっと低水準のところもあります。ネット銀行と比較すると、やや高めと言ってもいいかもしれません。

 続いて、主なコストは以下のとおりです。

◆住宅ローン保証料:0円
◆団体信用生命保険の保険料:0円
◆事務手数料(「安心パック」を含む):10万8000円(税込)
(※「安心パック」を利用しない場合は5万4000円)
◆繰り上げ返済手数料:0円


新生銀行」の住宅ローンにかかるコストは、全体的に非常に安く抑えられています。そのため、住宅ローン金利がやや高めとしても、諸経費を含めたコストでは競争力があります。新規で住宅ローンを組むときも、他行の住宅ローンから借り換えするにも、このコストの安さは魅力的です。さらに、金利優遇を受けるための条件が特にないところもメリットです。

 ところで、コストのところにある「安心パック」とは、住宅ローンにくっつけられる2つのオプションサービスのことです。

 1つ目のサービスは、住宅ローンを返済している人が所定の要介護状態と認められると、介護保険金が出てローン返済に充当できる「安心保障付団信」です。2つ目のサービスは、家計に余裕があるときに繰り上げ返済をし、そこで短くなった返済期間の範囲内で、余裕がないときには元金据置返済として月々の返済額を減らせる「コントロール返済」です。

 誰しも、失業や病気に見舞われるリスクはあります。そんなとき、月々の返済額を抑えられる「コントロール返済」があれば、いざというときに役立つかもしれません。

「安心保障付団信」の特徴は、“金利に上乗せして保険料を支払うタイプではない”という点です。借入当初の5万4000円の負担だけで済みます。これで返済期間中、要介護状態になるリスクに備えられます。もちろん、若くして要介護状態になる確率は低いですから、“安心料”と思える方のみ備えておくといいでしょう。

住宅ローンを組んで、病児保育や家事代行サービスが受けられるサービスはかなり珍しい。多忙な共働き夫婦などにおすすめ。

 また、「安心パック」のほかに「安心Wパック」もあります。こちらは「安心保障付団信」と「コントロール返済」に加えて、いざというときの「病児保育サービス」と、「家事代行サービス」のクーポンが付いています(サービス提供会社が出張できる地域限定)。

「病児保育サービス」と「家事代行サービス」クーポンの枚数は住宅ローンの借入金額によって変わりますが、20~50枚もらえます。全部を「病児保育」に使うこともできますし、逆に全部を「家事代行」に使うこともできます。1回あたりの使用クーポン数は1~3枚なので、何度もサービスの恩恵を受けることが可能です。

住宅ローンの借入金額と、もらえるクーポンの枚数。
拡大画像表示

「安心Wパック」は、小さな子どもがいる共働き家庭には魅力的です。手数料は16万2000円(税込)と、通常の「安心パック」より高くなりますが、それでも普通に「病児保育サービス」や「家事代行サービス」を利用するより安上がりになる可能性が高ければ、大いに活用したいところです。

 新生銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
24時間365日、何回でも無料  同行あて:無料
 他行あて:
月1~10回無料
 以降97~285円
(※)
【新生銀行のメリット】提携コンビニATMの出金手数料が、24時間365日、いつでも何回でも無料! 他行への振込手数料も最大で月10回まで無料(「新生プラチナ」の場合)と割安。短期間で利息がつく「2週間満期預金」で、すぐに使う予定のない普通預金のお金をかしこく運用できる。
 ※「新生ステップアッププログラム」のステージによって、無料振り込みの回数および振込手数料は異なります。
新生銀行の公式サイトはこちら

 このように、ユニークなサービスを展開している「新生銀行」の住宅ローンですが、デメリットも確認しておきましょう。

新生銀行の住宅ローンのデメリット①
審査が厳しく、希望した満額が借りられないこともある

 よく言われがちなのは、「審査が厳しい」という点。「新生銀行」に限らず、保証会社の保証がついていない住宅ローンの場合、コストは安い反面、比較的審査が厳しくなる傾向にあるようです。

 では、「新生銀行」の借入条件はどうでしょうか?

 ◆住宅ローン金利ランキング[借り換え]
住宅ローン「実質金利」ランキング(35年固定)一覧!
住宅ローン実質金利ランキング(リフォーム一括)一覧!
住宅ローン「実質金利」ランキング(10年固定)一覧!
住宅ローンと家計の悩みを解決する「お金がたまる住宅ローン相談室」はこちら!
住宅ローン「実質金利」ランキング(5年固定)!
新規借入れ住宅ローン「実質金利」ランキング(35年固定)一覧!
住宅ローン「実質金利」ランキング(変動金利)
住宅ローンおすすめ比較トップページはこちら!
【2016年12月最新版】競争が激しく、過去最低水準の低金利!
◆「変動金利」住宅ローン金利ランキング(借り換え)
※借入金額3000万円、借り入れ期間35年、団信加入で計算(詳細な条件は表組の下に記載)
順位 実質金利
(費用等含む)
表面金利
(費用等除く)
保証料
(税込)
事務手数料
(税込)
1位 ◆楽天銀行 <変動金利(固定特約付き)変動金利>
0.571% 0.507% 0円 32.4万円
【楽天銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
金利、諸経費が安いだけでなく、固定金利期間終了後に適用される金利も安めで、実質金利で見て競争力が高い。事務手数料は一律32万4000円であり、他のネット銀行の多くが採用する2.16%に比べて安い。また、事前審査の結果は最短で翌日、本審査は3~4日で回答する。店舗に行かず契約が可能
2位 ◆ARUHI <MR.住宅ローンREAL 変動金利 頭金20%以上>
0.626% 0.497% 0円 借入額×2.16%
【ARUHIの住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
SBIモーゲージから社名変更した住宅ローン専門の金融機関。フラット35の実行件数ナンバー1で、全国の店舗で相談可能。金利設定は低いが、諸経費は2.16~3.24%と比較的高め。8疾病保障特約(保険料別)も付帯できる。事前審査は最短で当日、本審査は最短3営業日のスピード審査が特徴
ARUHIの住宅ローンの公式サイトはこちら
【関連記事】[ARUHIの住宅ローンの金利・手数料は?]「フラット35」の取り扱いシェアは6年連続1位!最高10割まで融資可能、付帯する保険も充実
2位 ◆じぶん銀行 <全期間引下げプラン 変動金利>
0.626% 0.497% 0円 借入額×2.16%
【じぶん銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同で立ち上げたネット銀行。変動金利の競争力が高く、業界トップクラスの低金利となっている。がんと診断されると住宅ローン残高が半分になる「がん50%保障団信」が無料付帯。ネットだけで契約を完了でき、仮審査は最短即日回答、契約は最短10日とい短期間での契約が可能だ
じぶん銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら
【関連記事】[じぶん銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 変動金利は業界トップクラスの低金利!がんになると住宅ローンが半減する団信が無料
2位 住信SBIネット銀行 <当初引下げプラン 変動金利>
0.626% 0.497% 0円 借入額×2.16%
【住信SBIネット銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
住友信託銀行とSBIホールディングスが設立したネット銀行で、表面金利の低さではトップクラス。通常の団信に加えて、「8疾病保障」を無料で付帯しており、魅力的だ。女性には、がんと診断されると30万円が支給される保障も無料で付けている
5位 ソニー銀行 <変動セレクト 変動金利>
0.678% 0.549% 0円 借入額×2.16%
【ソニー銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
「変動セレクトローン」は変動金利向けの商品で、手数料は借入額の2.16%かかるものの、表面金利が低いので、実質金利でも競争力がある。もう一つの商品である「通常の住宅ローン」は全期間固定と一定期間固定の商品に強みがあり、借り入れ時の金利が低いだけでなく、固定期間終了後の金利も低めに設定されている。全期間固定(20年超)なら、こちらを選ぼう。
ソニー銀行のお申し込みはこちら
【関連記事】[ソニー銀行の住宅ローンの金利・手数料は?]業界トップクラスの低金利や安い諸経費が人気!来店不要で迅速な対応が売りで、対面相談も可能!
6位 イオン銀行 <金利プラン(定率型) 変動金利>
0.699% 0.570% 0円 借入額×2.16%
【イオン銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
イオンでの買い物が5年間、5%オフになる(買い物額で年間90万円まで)ので、合計で最大22.5万円分のメリットがある。固定期間終了後の金利優遇幅が大きく、実質金利では上位に顔を出す。売買契約金額・工事請負契約金額の105%まで借りられるので、諸経費やリフォーム費用も住宅ローンと一緒に、低い金利で借りられる
イオン銀行の住宅ローンのの公式サイトはこちら
【関連記事】[イオン銀行の住宅ローンの金利・手数料は?]契約後5年間はイオングループでの買い物5%OFF!8大疾病に2つのガンを追加できる充実の保障特約も

※「Apple Pay」対応おすすめクレジットカードを紹介!
Apple Payに登録して得する、高還元率クレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
おすすめのヤング&格安ゴールドカードはコレだ!ページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2016年12月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0%
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
2015年4月1日に新登場!
 Yahoo! JAPANが新発行したカードで、年会費無料ながら、通常還元率は1%Yahoo!ショッピングでは還元率2%(+Yahoo!ショッピング付与分の1%と合計ではなんと還元率3%!)で「Tポイント」が貯まる。国際ブランドに「JCB」を選べば「nanaco」チャージでも還元率1%! 「Tカード」機能搭載なので、街中でも「Tポイント」が貯まる&使える!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA

WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
高還元クレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【楽天カード】
年会費無料でどこでも還元率1%、楽天市場なら
還元率4%超の最強カード!⇒関連記事はこちら

楽天カード公式サイトはこちら
Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!