ただ、自分のことを振り返ってみても、このような、いわば“枯れた人間関係構築”が自然にできるようになったのは、ある程度年が行ってからだったように思う。若いうちは自分より優秀な人には引け目や嫉妬を覚えて、自然にふるまえなかったり、ついつい“お偉いさん”に媚を売ってしまったりしたものだ。

 それが、40代になって、ある程度自分というものが見えてくると、余裕ができる。そこから先が大切だ。落ち着いてはいるが、同時に若さを忘れず、好奇心を絶やさず、おもしろいものを素直におもしろいと思って追いかける。そんな行動力が必要だ。もちろん、ここでいう行動力発揮は、異業種交流会に精を出したりすることではないのは言うまでもない。

 ちなみに異業種交流会に精を出している人の多くは、企業で一線を外れて、仕方なく新規事業開発室に来たような人だ。異業種交流会という名の同業種会になってしまう。お互いに名刺を差し出して、「何かいい話はないですか?」などと言い合う。情報交換ではなく、愚痴の言い合いにすらなりかねない。そんな場所に居てはいけない。