節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術
【第15回】 2016年2月6日公開(2017年9月4日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
風呂内亜矢

電力自由化で電気代はどれだけ節約できるのか?
2016年4月にスタートする電力自由化で得する
新規参入の電力会社の上手な選び方を伝授します!

1

「電力自由化」の最低限の基礎知識を解説!
自由化後、私たちの生活はどう変化する!?

「電力自由化」が大きな話題となっています。テレビCMが増加し、情報番組などでも注目のトピックとして、大きく取り上げられるようになったからでしょう。

 電力自由化自体は、最近になっていきなり検討され始めたわけではありません。すでに発電や、規模の大きな工場などへの供給は自由化されていて、今回、各家庭への供給も自由化されることになりました。2016年4月の開始時期が間近に迫り、報道が増えてきたようです。今回は、そんな電力自由化の問題について、知っておくべきことを解説します。

 まずは、電力自由化の最低限の基礎知識から。

 これまで家庭向け電力の供給は、発電から販売に至るまで、東京電力などの電力会社が全面的に引き受けてきました。そして、個人の消費者は、地元の電力会社以外とは契約できない仕組みになっていました。

 しかし、法改正によって、2016年4月からは電力会社以外の会社でも、個人の消費者向けに電力小売りができるようになります。イメージとしては、下の図のような仕組みに変わります。

電力の自由化で、電力会社の独占供給体制が終了

 今のところ、異業種からは、ガス会社や石油会社や通信会社、鉄道会社、住宅会社、一部の自治体などが新規参入を表明しており、その数は130社を超えています。私たち消費者は、その中から契約する会社を自由に選択できるわけです。

 異業種からの新規参入組に限らず、これまで東京電力と契約していた人が、関西電力などの地方の電力会社と契約することも可能です(※居住する地域によっては、利用できない会社もあります)。

電力会社と国が設定していた「電気代」が
各社の意向で決定できるようになる!

 これまでの電気代は、電力会社が「総括原価方式」という方法で算出し、それを国が審査した上で決まっていました。総括原価方式とは、発電・送電・電力販売などの費用を「総括原価」としてコストに反映させ、さらに電力会社の報酬を上乗せし、電気料金を設定する方法です。国の審査が入るのは、料金の大幅な値上がりを規制するためです。

 しかし、自由化後は、原則的に電力の小売り業者が自由に電気代を決められます。というと、「自由化で電気代が高くなるのでは?」という不安も生じるかもしれませんね。実際、すでに電力小売りの自由化を解禁しているEU諸国では、自由化後に電気代が高くなる状況が見られたそうです。

 こうした前例を受けて、日本では2020年までは、一定の規制の範囲内で、電力小売り各社が料金を設定することになっています。つまり、電気代がこれまでよりも高額にならないように、一応配慮されているわけです。

 従来の電力会社、新規参入業者ともに、今後はこれまでよりも低価格で電力供給することをPRしています。確かに電気の利用状況やプランの選び方によっては、電気代が安くなる可能性もあります。

 ちなみに、2017年4月からは、ガスの小売りの自由化も予定されています。

電力会社以外の会社はどんな方法で発電する?
新規参入の会社を選択したら停電になることは?

 基本を押さえたところで、ここからはよくある疑問を一つずつ解決していきましょう。

疑問①「どうやって電力会社以外の会社が発電するの?」

 電力会社は、原子力発電所や火力発電所を保有していますが、異業種から新規参入する会社は、基本的に発電所を保有していません。

 製鉄会社のように、前々から大規模な自家発電システムを保有している会社もありますが、それはごく一部です。では、どうやって電力を供給するのか?――という疑問を持つ人も多いはずです。

 電力会社以外でも、発電所を作って電力供給することが可能になるとはいえ、一から発電所を作る会社はそうそう出てこないでしょう。ですから、基本的には電力会社が発電所で作った電力を、新規参入の会社が購入し、それを消費者に販売する形態になります。

 こうした仕組みになっているので、従来の電力会社の仕事がなくなるわけではありません。ただ、これまで発電から供給までを独占してきたところに、ライバルがたくさん登場するわけですから、電力会社が減収になることは避けられず、安穏としていられないことはたしかです。

疑問②「電力会社以外の会社と契約すると、送電トラブルは発生する?」

 結論から言うと、ガス会社や通信会社といった異業種の会社と契約したからといって、停電などのトラブルが頻発する恐れはありません。インフラ(送電網)は従来使用しているものを引き続き使用するので、消費者側の電力の“使用感”としては、これまでと変化ないでしょう。

 1990年代に、早々と電力自由化を実行した米国では、自由化の余波で、過去に何度か電力危機や大停電が発生しています。米国でも最大規模の人口を誇るカリフォルニア州で発生した大停電は、あまりにも有名になりました。米国では、それらの影響で電力自由化を前進させることができず、完全に停滞していた時期もあります。

 当時の米国では、電力自由化の制度設計に不備があったとされています。日本ではその教訓を活かし、2015年4月に「電力広域的運営推進機関(広域機関)」を発足。電力を取り扱うすべての会社は、ここに登録をします。広域機関がすべての電力会社に目を配り、電力の安定供給を指示するシステムになっているため、日本では電力自由化をしても、かつての米国のようなトラブルは発生しない、と見込まれているのです。

疑問③「電力会社を乗り換えることで、どれくらい電気代は安くなる?」

 結局、電力自由化で電気代はどれくらい安くなるのか――それが一番の問題です。電力会社の乗り換え先を比較検討し、申し込み手続きをするのは面倒な作業です。そんな面倒な作業を行っても、あまり電気代が安くならないとしたら、乗り換えをする意味がありません。

 では、実際に電気代は安くなるのでしょうか? 次ページで解説していきましょう。

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2017年の最強カードは?
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]
2017年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!アメリカン・エキスプレスカード(アメックス)でおすすめクレジットカードはコレだ!
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ
【2017年12月1日時点・最新情報】

還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! さらに、新規入会した月と翌月はどこで使っても還元率3.0%という高還元! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まる!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.1%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の100倍=0.1%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.001%程度の今、普通預金金利が0.1%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.1%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カードとの呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!(マイル系カード部門)
◆航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【アメックス・スカイ・トラベラー・カード】
高還元+無期限で貯まり、15社のマイルに自由に
交換できる最強マイル系カード⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新理論株価で儲かる株
株主優待ベスト130
ふるさと納税ベスト86

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株主優待ベスト130&新理論株価で買う株】
桐谷さん&優待ブロガー&ザイ読者が厳選!
 初心者も安心!株主優待ベスト130
失敗しない優待株の投資のワザ
●「優待+配当」利回りベスト30
少額で買える優待株ベスト30
権利確定月別の優待株ベスト 130
新理論株価まだ買える株68
年末までに駆け込め!ふるさと納税86
 3大カニマップ&寄附額管理シート付き! 
iDeCoつみたてNISAもこれが大事!
 騙されるな!投資信託選び10の落とし穴
●高配当&高成長の米国株ベスト12
地方上場の10倍株&佐川急便の投資判断
別冊付録!つみたてNISA完全ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング
ZAiオンラインPickUP