節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術
【第15回】 2016年2月6日公開(2016年2月6日更新)
バックナンバー

「節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術」

著者・コラム紹介

風呂内亜矢・ふろうちあや

1978年生まれ。岡山出身。1級ファイナンシャルプランナー技能士・宅地建物取引士。
大手電機メーカー系の情報システム会社に勤めていた26歳のとき、貯金80万円で自宅用としてマンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、あわててお金の勉強と貯金を始める。マンション購入をきっかけにマンション販売会社に転し、年間売上1位の実績を上げていたが、 2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。自らの体験をもとに、テレビや雑誌、新聞などでマネー情報を発信中。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。

 

節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

節約・貯金のプロであるファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんが、ラクラクお金が貯まる節約術を大公開! 出費を抑える節約術はもちろん、お金の管理の仕方や家計の見直し方、節約には欠かせないネット銀行の選び方などを伝授します!

風呂内亜矢

電力自由化で電気代はどれだけ節約できるのか?
2016年4月にスタートする電力自由化で得する
新規参入の電力会社の上手な選び方を伝授します!

1

「電力自由化」の最低限の基礎知識を解説!
自由化後、私たちの生活はどう変化する!?

「電力自由化」が大きな話題となっています。テレビCMが増加し、情報番組などでも注目のトピックとして、大きく取り上げられるようになったからでしょう。

 電力自由化自体は、最近になっていきなり検討され始めたわけではありません。すでに発電や、規模の大きな工場などへの供給は自由化されていて、今回、各家庭への供給も自由化されることになりました。2016年4月の開始時期が間近に迫り、報道が増えてきたようです。今回は、そんな電力自由化の問題について、知っておくべきことを解説します。

 まずは、電力自由化の最低限の基礎知識から。

 これまで家庭向け電力の供給は、発電から販売に至るまで、東京電力などの電力会社が全面的に引き受けてきました。そして、個人の消費者は、地元の電力会社以外とは契約できない仕組みになっていました。

 しかし、法改正によって、2016年4月からは電力会社以外の会社でも、個人の消費者向けに電力小売りができるようになります。イメージとしては、下の図のような仕組みに変わります。

 今のところ、異業種からは、ガス会社や石油会社や通信会社、鉄道会社、住宅会社、一部の自治体などが新規参入を表明しており、その数は130社を超えています。私たち消費者は、その中から契約する会社を自由に選択できるわけです。

 異業種からの新規参入組に限らず、これまで東京電力と契約していた人が、関西電力などの地方の電力会社と契約することも可能です(※居住する地域によっては、利用できない会社もあります)。

電力会社と国が設定していた「電気代」が
各社の意向で決定できるようになる!

 これまでの電気代は、電力会社が「総括原価方式」という方法で算出し、それを国が審査した上で決まっていました。総括原価方式とは、発電・送電・電力販売などの費用を「総括原価」としてコストに反映させ、さらに電力会社の報酬を上乗せし、電気料金を設定する方法です。国の審査が入るのは、料金の大幅な値上がりを規制するためです。

 しかし、自由化後は、原則的に電力の小売り業者が自由に電気代を決められます。というと、「自由化で電気代が高くなるのでは?」という不安も生じるかもしれませんね。実際、すでに電力小売りの自由化を解禁しているEU諸国では、自由化後に電気代が高くなる状況が見られたそうです。

 こうした前例を受けて、日本では2020年までは、一定の規制の範囲内で、電力小売り各社が料金を設定することになっています。つまり、電気代がこれまでよりも高額にならないように、一応配慮されているわけです。

 従来の電力会社、新規参入業者ともに、今後はこれまでよりも低価格で電力供給することをPRしています。確かに電気の利用状況やプランの選び方によっては、電気代が安くなる可能性もあります。

 ちなみに、2017年4月からは、ガスの小売りの自由化も予定されています。

電力会社以外の会社はどんな方法で発電する?
新規参入の会社を選択したら停電になることは?

 基本を押さえたところで、ここからはよくある疑問を一つずつ解決していきましょう。

疑問①「どうやって電力会社以外の会社が発電するの?」


 電力会社は、原子力発電所や火力発電所を保有していますが、異業種から新規参入する会社は、基本的に発電所を保有していません。

 製鉄会社のように、前々から大規模な自家発電システムを保有している会社もありますが、それはごく一部です。では、どうやって電力を供給するのか?――という疑問を持つ人も多いはずです。

 電力会社以外でも、発電所を作って電力供給することが可能になるとはいえ、一から発電所を作る会社はそうそう出てこないでしょう。ですから、基本的には電力会社が発電所で作った電力を、新規参入の会社が購入し、それを消費者に販売する形態になります。

 こうした仕組みになっているので、従来の電力会社の仕事がなくなるわけではありません。ただ、これまで発電から供給までを独占してきたところに、ライバルがたくさん登場するわけですから、電力会社が減収になることは避けられず、安穏としていられないことはたしかです。

疑問②「電力会社以外の会社と契約すると、送電トラブルは発生する?」

 結論から言うと、ガス会社や通信会社といった異業種の会社と契約したからといって、停電などのトラブルが頻発する恐れはありません。インフラ(送電網)は従来使用しているものを引き続き使用するので、消費者側の電力の“使用感”としては、これまでと変化ないでしょう。

 1990年代に、早々と電力自由化を実行した米国では、自由化の余波で、過去に何度か電力危機や大停電が発生しています。米国でも最大規模の人口を誇るカリフォルニア州で発生した大停電は、あまりにも有名になりました。米国では、それらの影響で電力自由化を前進させることができず、完全に停滞していた時期もあります。

 当時の米国では、電力自由化の制度設計に不備があったとされています。日本ではその教訓を活かし、2015年4月に「電力広域的運営推進機関(広域機関)」を発足。電力を取り扱うすべての会社は、ここに登録をします。広域機関がすべての電力会社に目を配り、電力の安定供給を指示するシステムになっているため、日本では電力自由化をしても、かつての米国のようなトラブルは発生しない、と見込まれているのです。

疑問③「電力会社を乗り換えることで、どれくらい電気代は安くなる?」

 結局、電力自由化で電気代はどれくらい安くなるのか――それが一番の問題です。電力会社の乗り換え先を比較検討し、申し込み手続きをするのは面倒な作業です。そんな面倒な作業を行っても、あまり電気代が安くならないとしたら、乗り換えをする意味がありません。

 では、実際に電気代は安くなるのでしょうか? 次ページで解説していきましょう。

▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
 【2016年7月15日時点】
 ■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前) 口座開設は
コチラ!
1年 3年 5年
 イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.12%
0.10% 0.10% 0.10%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!イオン銀行の公式サイトはこちら!
【イオン銀行おすすめポイント】
年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」の保有者なら、普通預金がメガバンクの定期預金を超える0.12%に ATM手数料が24時間いつでも何回でも無料となるイオン銀行ATMは、全国のイオン、ミニストップ、まいばすけっとなど、着実に台数が増加中!

【関連記事】普通預金の金利がメガバンクのなんと120倍で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
 じぶん銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.15%
(auユーザーの場合。
それ以外は0.05%)
0.03% 0.03%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!じぶん銀行の公式サイトはこちら!
【じぶん銀行おすすめポイント】
「au」の携帯電話やインターネット回線のユーザーなら、
定期預金金利が0.05%⇒0.15%へ大幅にアップし、コンビニATM手数料がいつでも何回でも無料、他行あての振込手数料が月5回まで無料に! さらに「au」ユーザーが新規口座開設すると、3カ月もの円定期預金がなんと年0.24%!
【関連記事】「au」ユーザーなら 1年もの定期預金金利が2.5倍! ATM&振込手数料無料と特典満載!
 新生銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.01% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!新生銀行の公式サイトはこちら!
【新生銀行のおすすめポイント】
提携コンビニATMの出金手数料が、24時間365日、いつでも何回でも無料なのが大きな魅力。普通預金金利は低めだが、すぐに使う予定のない資金なら年利0.05%の「2週間満期預金」でかしこく運用。
【関連記事】「新生銀行」のメリットは金利と手数料だけじゃない!「Tポイントプログラム」を使えば、少ない預金でも年間1400円以上の“利息”をもらうことが可能に!
 ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.20%
0.01%
0.01%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!ソニー銀行の公式サイトはこちら!
【ソニー銀行おすすめポイント】
全国約9万台のATMが利用可能! 中でも、セブン-イレブン、ミニストップ(イオン銀行)のATMなら、24時間いつでも何回でも手数料無料で出金可能。毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!?
 住信SBIネット銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(SBI証券口座保有者の
「ハイブリッド預金」適用時)
0.15% 0.04% 0.05%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら!
【住信SBIネット銀行おすすめポイント】
「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ! ATM出金手数料と振込手数料がそれぞれ最大月15回まで無料! (「スマートプログラム」のランクによって無料回数は異なる)。
【関連記事】住信SBIネット銀行はコンビニATM&振込手数料が無料!SBI証券利用者なら金利アップ
※ 100万円を預けた場合の2016年7月15日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。

 

クレジットカードのおすすめ

【じぶん銀行】
auユーザーならコンビニATM&振込手数料が無料に
なる特典+預金金利もアップ⇒関連記事はこちら

じぶん銀行公式サイトはこちら!
  • 「イオン銀行」+「イオンカードセレクト」で
    普通預金金利が6倍に!⇒関連記事はこちら

    「イオン銀行」+「イオンカードセレクト」公式サイトはこちら
  • 「新生銀行」は、ATMの出金手数料が無条件で
    いつでも何回でも無料!⇒関連記事はこちら

    新生銀行公式サイトはこちら!
  • 「ソニー銀行」は多くのコンビニATMが無料、
    顧客満足度も高い!⇒関連記事はこちら

    ソニー銀行公式サイトはこちら!
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新しい「株」の必勝法
10万円のラップ誕生
ふるさと納税で温泉

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【8~12月権利確定の株主優待ベスト80】
日本株に見るアベノミクス5つの失敗
ひふみ藤野英人さん株選び&売買術
急騰開始テーマ株と売り急ぎの防ぎ方
・長期向け高配当株儲ける2つの売買法
下げすぎ反発株とその目標利益の決め方
・長期上昇株自動の損切り&利確の仕方
10万円からできる低コストラップとは?
・ロボアドバイザーのお任せ投資ガイド
ザイ読者15人「株デビュー」成功術
ふるさと納税旅行クーポンで温泉
・新連載の株入門マンガ恋する株式相場
サラリーマンの年金&退職金が危ない!
・企業版・確定拠出年金の正しい使い方
AKB英国離脱下落投信を買った
・Jリート&米国リートで高利回りを獲得

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

お得な株主優待情報!最新情報、株主優待ランキング!他お得な情報を更新中! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!