節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術
【第19回】 2016年4月1日公開(2016年4月1日更新)
バックナンバー

「節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術」

著者・コラム紹介

風呂内亜矢・ふろうちあや

1978年生まれ。岡山出身。1級ファイナンシャルプランナー技能士・宅地建物取引士。
大手電機メーカー系の情報システム会社に勤めていた26歳のとき、貯金80万円で自宅用としてマンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、あわててお金の勉強と貯金を始める。マンション購入をきっかけにマンション販売会社に転し、年間売上1位の実績を上げていたが、 2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。自らの体験をもとに、テレビや雑誌、新聞などでマネー情報を発信中。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。

 

節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

節約・貯金のプロであるファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんが、ラクラクお金が貯まる節約術を大公開! 出費を抑える節約術はもちろん、お金の管理の仕方や家計の見直し方、節約には欠かせないネット銀行の選び方などを伝授します!

風呂内亜矢

フィンテックを活用した節約&資産運用術を紹介!
今さら聞けない「フィンテック」の基礎知識と
「フィンテック」関連サービスで得する方法を伝授!

1

 最近よく使われる言葉に「Fintech(フィンテック)」というものがあります。みなさんも、テレビや新聞・雑誌・ネットなどで、見聞きしたことがあるかもしれません。

 しかし、ジャストシステムが発表した「フィンテックに関する意識調査」(スマホを所有する20代~50代の男女800名を対象に、2016年3月18日~22日に実施されたもの)によると、「フィンテック」について「知っており、ほかの人に詳しく説明できる」人はわずか2.0%に過ぎませんでした。

 さらに、「知っているが、説明はできない」人は4.5%、「聞いたことはあるが詳しくは知らない」人も14.1%にとどまり、「フィンテック」について認知している人は、合計でも20.6%に過ぎないことが明らかになっています。つまり、「フィンテック」はまだまだ浸透していない言葉と言えます。

 では、「フィンテック」とはいったい何なのでしょうか?

 正解は「Finance」と「Technology」を融合させた造語、です。日本でしきりに使われるようになったのは、ここ1~2年のことですが、「フィンテック」という言葉自体はかなり前から存在していました。

 今回は、そんな「フィンテック」について、わかりやすく解説していきます。今は「IT系のことはよくわからない」といった姿勢だと、世の中から取り残されてしまいますし、お金の面でも損をしかねない時代です。実際、情報量が多い人ほど、得をすることも多いのです。

 そのため、「フィンテックの意味自体知らない」という人は、今のうちにぜひ覚えておきましょう。「フィンテック」の基本を知れば、決して自分の生活、お金とも無縁のものではないことに気づくはずです。「フィンテック」によって誕生した、お得なマネー系サービスも紹介するので、ぜひ家計管理や資産運用などに役立ててみてください。

便利かつ安全性の高い決済サービスも
全自動家計管理アプリもフィンテックの一種

 前述したように、「フィンテック」は「Finance」と「Technology」を融合させた造語です。和製英語ではなく、元々は米国で生まれた言葉なので、世界的に通用する言葉のようです。

「Finance」は金融、「Technology」は技術ですから、金融と最先端技術を融合させたサービスのことを「フィンテック」と呼んでいる、という認識でいいでしょう。最近は、これまで金融機関が提供してこなかったようなサービスを、IT系のベンチャー企業などが提供する傾向にあり、「フィンテック」のサービスは日に日に拡充されています。

 というと、何だか「フィンテック」が遠い存在のように感じられるかもしれませんが、実はすでに(主にスマホを通じて)皆さんが利用しているサービスも数多くあります。日本でも利用できる「フィンテック」のサービスの代表例を、2つほど挙げてみましょう。

【代表例①】個人向けの新たな決済サービス


「フィンテック」によって目立つようになってきたのが、さまざまな新しい決済サービスです。最近では、“決済に現金を使わない”という流れが形成されつつあります。

 たとえば、一時話題になっていた、ネット上の暗号通貨「ビットコイン」も「フィンテック」の一種ですね。

「楽天スマートペイ」以外にも、同種のサービスは様々な会社から登場している。
拡大画像表示

 また、中小規模の小売店や飲食店などの経営者の間で一般化しつつある「フィンテック」のサービスに、スマホのクレジットカード決済があります。

 これは、スマホのイヤフォンジャックにカードリーダーを差し込むことで、簡単にクレジットカード決済をできるようにする、というもの(写真は楽天のスマホ決済サービス「楽天スマートペイ」のイメージ画像)。このサービスがあれば、飲食店などで簡単に、低コストでクレジットカード決済を導入できます。

 より多くの人に関連しそうなサービスとしては、米国発の「PayPal(ペイパル)」があります。海外のショッピングサイトで買い物をしたことがある人は、この「PayPal」を利用した経験もあるかもしれません。

「PayPal」の仕組み。間に「PayPal」が入ることで、ネットショッピングの安心感が増す。
拡大画像表示

 「PayPal」の利用が可能なオンラインショップで買い物すると、決済をする際に「PayPal」のページに飛びます。ここでクレジットカード番号・個人情報などを入力すれば取引完了。

 そのため、オンラインショップにカード情報を伝えることなくクレジットカード決済ができます(事前に「PayPal」に情報を登録しておいてもOK)。つまり、「PayPal」を利用すれば、より安全に支払いができるわけです。

「PayPal」は世界中の2億人前後の人に利用されていると言われます。今後、日本でも普及に力が入ると思われるので、利用機会は増えるかもしれません。

【代表例②】家計管理用アプリ


 この連載でも以前紹介した「家計簿アプリ」も「フィンテック」の一種です。
※関連記事はコチラ⇒節約のために支出をすべて家計簿につける必要なし! マネーフォワードなどの「家計簿アプリ」を使って入出金を理解すれば、簡単に家計の見直しが可能!

 従来、家計簿は自分で手書きでつけるものでしたが、「家計簿アプリ」を使えば自動的に家計簿ができあがります。

「マネーフォワード」はスマホだけでなく、パソコンで利用することもできる。

 たとえば、私自身も使っている「マネーフォワード」は「家計簿アプリ」の代表的な存在。原則、レシートを撮影するだけで支出を管理できますし、銀行と連携させておけば、自分の口座内で資金の移動があったときに、それを自動で家計簿に反映させることもできます。どんな費目にどれくらい使っているか、グラフ化することも可能です。

 銀行だけでなく、証券会社などとも提携しているため、預貯金以外の金融資産の管理も可能。つまり、スマホ一つあれば、簡単に家計管理と金融資産の管理ができてしまうのです。それでいて無料で利用できてしまいます。

 手書きの家計簿を使用している人は、この「マネーフォワード」のような「家計簿アプリ」を使えば、家計簿代を支払う必要がなく、手書きするのに取られる時間と労力の節約もできます。

 次ページからは、ここ最近で話題になった新たなる「フィンテック」のサービスを紹介していきましょう。

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2017年の最強カードは?
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]
2017年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2017年7月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! さらに、新規入会した月と翌月はどこで使っても還元率3.0%という高還元! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まる!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
高還元クレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード】
レストラン特典、空港ラウンジ、旅行保険など、
プラチナ級のサービスが充実⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード公式サイトはこちら
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【攻め&守りの高配当株&株主優待ベスト117】
攻めと守りで儲かる高配当株」の投資法
今が買い高配当株52銘柄を大公開
高配当株億を作った個人投資家のワザ
・27%超も!「株主優待」目的別ベスト117
・「優待+配当」の合計利回りランキング
確定拠出年金読者損益リアル白書
・17年上半期の投信上昇率ランキング
4年ぶりの買い場高利回りJリート
LINEなど5大ポイントの貯める&使うテク
定年後の5年間でトクする働き方
東芝など不祥事株の売り・買い診断
・東証1部昇格期待株を先回りで狙え!
不足する高齢者施設の問題点とは?

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!