フィリピン 2017年1月17日

フィリピンの特別居住退職者ビザ最新情報ビザ取得手続の簡素化は期待できるが、 預託金への相続税課税はより面倒になっている

相続税手続き不要という長年の夢がかなったと思ったが……

 SRRV預託金をDBPに預けた場合、PRA名義の口座に振り込むのだから、その引出しはPRAの一存ででき、通常の相続手続きは不要になるはずだ。それに対して一般の銀行だと本人名義の預金になるから、名義人が死亡した場合の主な手続きだけでも下記が必要となる。

1.銀行の預金証明
2.相続人による遺産相続の新聞広告
3.故人に他に遺産が無いという証明書
4.相続税の支払いと税務署(BIR)の証明書(CAR) の取得
5.相続保障の取得

 などなど、すべての手続きが完了するまで3カ月から半年を必要とするが、DBPならその一切が免除される見通しだった。なぜなら口座名義人はPRAであり、預金者本人が亡くなった場合の相続とは意味合いが異なり、もろもろの提出書類はあくまでもPRAが正統な相続者に預託金を引き渡すための判断材料であり証明に過ぎないはずだからだ。

 一切の書類を揃え、フィリピン人妻のインタビューを経てビザ取消の申請を行ない、待つこと2カ月強、預託金の全額がフィリピン人妻の口座に振りこまれた。相続税を支払わずに済んだフィ リピン人妻の喜びは言うまでもないが、これは画期的なことで、「SRRVの預託金には相続税がかからない」という長年の懸案あるいは夢がかなうことになったのだ。

 しかし、ことは意外な方向に展開していった。同じ方法で預託金の返還を請求した次の方が、3カ月近くたってもPRAから音沙汰がなく、確認すると、担当者から言いづらそうに「税務署に相続税を支払ってCAR(相続税等の支払い証明書)をもらってこなければ、預託金の支払いはできない」と告げられたのだ。

 税務署からCARを取得するのは容易ではないのだが、PRAの担当者はそのことを知らない。単に相続税を支払えばよいと思っている節がある。税務署に税金を支払うということは相続に必要なほとんどすべてのプロセスを行なうことになり、その準備だけでも優に2~3カ月はかかってしまうのだ。

 しかし、PRAの担当者をいくら責めても埒はあかない。上司がかなりの時間をかけてDBPと話し合った結論なのだ。相続人はもちろん、相続税を支払わなければならないことと、その準備にかかる費用に怒り心頭に発していたが、我慢してもらうしか方法がなく、もう一息で預託金の支払いが行なわれるところだっただけに不運としかいいようがない。

 これもドゥテルテ就任の逆効果なのか、入管のビザ延長手続きなどはたいへんすみやかになったと聞くが、それは表向きで、その裏では退職者が泣きを見るケースがある。SRRV取得のために日本から預け入れた預託金に、なぜフィリピン側で相続税がかかるのか。PRAとしては、SRRVをより魅力的なものにするために是非ともルールないし必要ならば法改正のアクションをとって欲しいと願うばかりだ。


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額864円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。