フィリピン 2017年1月17日

フィリピンの特別居住退職者ビザ最新情報ビザ取得手続の簡素化は期待できるが、 預託金への相続税課税はより面倒になっている

フィリピン退職庁の長官に直訴する

 その後、昨年のクリスマスを前にPRA副長官と面会する機会があった。目的は私の「マーケッター公認」の更新で、PRA長官の交代にともない、マーケッターと対話する機会をつくるというの意味もあるらしい。「より多くの外国人にSRRVを取得してもらうためにアドバイスはないか」と尋ねられたので、ここぞとばかりに日ごろ胸に秘めている2点を提案した。

1.SRRV発行期間の短縮。公には3~4週間となっているが実際はそれを大きく超え、4~6週間かかるという悲劇的状況にある。現役世代が取れる休みは2週間が限度なので、数年前のように2週間で発行するようになれば、SRRV申請者は倍増するであろう。

2.DBPに預けられた預託金の相続。退職者が亡くなった場合、従来、相続人は相続税を支払うことなく、PRAに所定の書類を提出するだけで、2~3カ月後、預託金を満額受け取ることができた。しかし現在、税務署からCARを取得してこいとの指示があり、各種相続手続きの実行を求められ、預託金の20~40%の費用と6カ月程度かかる手続きを余儀なくされている。このことによる相続人の落胆は計り知れないものがあり、SRRVの価値を大いに損なう結果となっている。

 これに対し副長官からは、

1.発行期間の短縮については、入管とも連携して大幅に短縮する手立てを打っている。

2.預託金の相続については、善処したいが詳細を記載したレターを提出して欲しい。

との要請があった。

 当初はPRAを批判するようなレターを送るのは躊躇したが、SRRVの魅力を回復しより多くの退職者をフィリピンに招待するするためには避けることができないと考え、長官宛てのレターを提出した。

 これによって近い将来、相続手続きが元の状態に戻ることを期待したい。PRAの存在を規定する法律Executive Order 1037のSection9では、SRRV取得のために海外から送金したお金は本国送還を保証するとなっているが、相続人が受け取る場合はどうなのか明確にされていないのだ。

(文/志賀和民)

著者紹介:志賀和民(しが・かずたみ)
東京出身。東北大学大学院修了後、日揮(株)入社。シンガポールをかわきりに海外勤務を歴任。1989年日揮関連会社社長に就任しフィリピンに移住。2007年4月PASCO(サロン・デ・パスコ)取締役。


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額864円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。